P1200941

身体が溶けてしまいそうなほど、暑い日が続いています。
たまには名古屋へ繰り出して、気分をリフレッシュするべ!
ということで、やってきました名古屋栄錦3丁目。
五島列島をはじめ、全国から直送された鮮魚が美味いと評判の居酒屋『第八飯場丸』さんにお邪魔しました。
まだ梅雨も明けていないのに、ちょっと早めのひとり暑気払いです(笑)。

カウンター席に陣取り、取りビーの「プレミアムモルツ」とお通しで乾杯です。
ジョッキに霜が張るくらいキンキンに冷えた生ビールは、堪らん喉越しです。
ゴクゴクと喉を鳴らして一気飲みしてしまいました。
お通しは「青菜の煮びたし」で、雑魚が散らしてありました。
薄口で涼やかな味でした。美味し!

P1200942

一品目は、今朝まで五島の海を泳いでいた伊佐木のお造り。
板さんが目の前で素早く捌いてくれました。
見るからに新鮮で、プルプリと締まった身は、十分に脂が乗っていて、美味しかったです。

P1200944

今日は暑かったので、もう少しビールを飲みたい気分。
2杯目は、名古屋の地ビール「金しゃちビール名古屋赤味噌ラガー」をいただきました。
鼻に抜ける微かな赤味噌の香り、コク深くて美味い!
好き嫌いが分かれる味だと思いますが、自分はこの味気に入りました。

P1200945

二品目は、ビールに合いそうなガッツリ系料理「ゲソとアスパラのバター炒め」を注文しました。
バターの芳ばしい香りが食欲をそそります。
ゲソ独特の旨味とコリコリした歯応え、シャキシャキ食感のアスパラとの組み合わせは最強です!

P1200946

ドリンクも早3杯目。「山崎のハイボール」をいただきました。今日はピッチが速いかな。
口に含むと、ワラを焼いた時のような良い香りと円やかさが広がる上質なウイスキー。美味し!

P1200948

今が旬!「鮎塩焼き」もいただきました。
メロンにも例えられる優雅な鮎の香り、芳ばしいパリパリの皮、甘みのあるホクホクとした柔らかい身、それとは対照的なほろ苦い腸。日本人に生まれてきて良かったと思える夏の味覚です。

P1200953

ここでドリンクをお待ち兼ねの地酒に切り替えました。
この夜いただいた地酒は、山口県の澄川酒造場「東洋美人」と静岡県の初亀酒造「初亀」です。
「東洋美人」はフルーティーな香りがあり、ナチュラルな中に米の旨味をしっかり感じました。対して「初亀」はスッキリとした辛口で、飲み干したあとに、仄かな甘みと心地よい米の香りが漂います。

P1200950

地酒に合わせて肴系の料理をいただきました。
梅肉で鮫の軟骨を和えた「梅水晶」です。
梅肉の酸味が爽やかで、軟骨の歯応えが楽しい逸品です。

P1200952

「島らっきょうの天ぷら」は、カリッとした食感で独特の辛みがクセになりそうです。
島らっきょうは沖縄が産地で、栄養価が高く滋養強壮に効果があるそうです。

P1200955

 〆は「五島うどん」をいただきました。
アゴ(トビウオ)のダシが、ガツンと効いたつゆが美味い!
稲庭に似た細麺で、讃岐のようなコシはありませんが、ツルンと滑らかな喉越しです。
ただ、〆としては量がヘヴィーで、汁完できなかったのが残念です。

今宵も、全国の美味いものを堪能しました。
おかげでスタミナチャージできました。
ごちそうさま…



第八飯場丸』公式サイト

第八飯場丸魚介・海鮮料理 / 栄駅(名古屋)栄町駅久屋大通駅
夜総合点★★★★ 4.0




にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ