P1210656

観光客も知らないディープな横浜といえば【野毛】。
三連休という事もあり、横浜ジモティーたちで賑わっています。
午後10時回っているのに、どの店も満席っていうか、道路にまではみ出してきてます(笑)。
それに、あまりにもハイテンション過ぎて、お一人様にはハードルが高い。

野毛のエネルギッシュさに圧倒されながらも諦めずに散策を続けていると、メインストリートから少し外れたところに、落ち着いて呑めそうなお店を見つけました。オープンで温かみがある佇まいの『如水』さんです。大分の地鶏料理と全国から取り寄せた銘酒が味わえるお店です。

とりあえずの『生』と、お通しは『大根と鶏肉の旨煮』です。
夜景の撮影で歩き疲れ、喉もカラカラだったので、ビールの清涼感がみるみる体に浸透してきます。
『旨煮』は鶏のダシがシッカリと大根に染み、トロみのついた汁もコクがあって美味し!

P1210658
P1210660

まずは、本日のオススメから『さんまの刺身』と『きぬかつぎ』をいただきました。
輸送の迅速化により、さんまの刺身が三陸や道東まで行かなくても食べられる様になったのは、喜ばしい限りです。脂が乗ったさんまに、伊豆産の茎わさびを薬味で添えると、より一層美味し!
里芋のきぬかつぎはシンプルながら、もっちりほっこりしていて美味し!

P1210657

そして、今宵の地酒は、秋田の日の丸醸造『うまからまんさく』と大分の浜嶋酒造『鷹来屋』をチョイスしました。『うまからまんさく』を口に含むとまず感じるのは、キリリッとくる辛さと微かな酸味、そして、後からしっかりとした米の旨味とフルーティーな香りが追いかけてきます。アタマの中に” 美味い ”という名の花が、満開に咲き乱れるようなインパクトを感じました。
『鷹来屋』はスーッと入ってくる感じで、「良い水使ってるな」ってわかるのですが、『うまからまんさく』を飲んだ後だと、上手く特徴が捉えられませんでした。飲む順番を間違えましたね。

P1210662

パンチが効いたお酒には、パンチが効いた料理を。という事で、『明太しいたけ』をいただきました。
椎茸の” ひだ ”の部分に、たっぷりと明太子を詰め込んで焼いた一品です。
口の中に広がる芳ばしさ、明太子の辛みと甘みとツブツブ感、そして、肉厚な椎茸の歯応えと旨味。
酒呑みなら誰もが、思わず頷いてしまう間違いのない美味さです。

P1210664

つづいては、薩摩揚げにパン粉をまぶして揚げた『魚ロッケ』です。なんて二度手間な料理だろうって思いましたが、サクサク衣の中から現れるしっとりフワフワの薩摩揚げの食感が斬新です。既に味が付いているのでそのままでも美味しいですが、九州の卓上調味料『柚唐辛子』を振りかけると更に美味しくいただけます。
魚ロッケを知らない人に「コロッケだよ」って勧めて、その人がどんなリアクションするか見てみたいです。

P1210667

チェイサー代わりの『カボスサワー』です。
甘さ控えめで、柑橘系の爽やかさとカボス独特の苦みが効いてます。美味し!

P1210665

今宵最後の一品は、鶏料理がメインのお店なので『鶏の唐揚げ』いただきました。
握り拳大っていう表現は少々オーバーかと思いますが、1コがメチャデカいです(笑)。カリッカリッの衣の中からは、お約束の肉汁がドバーッと溢れてきます。しかも、大分地鶏だけあって旨味が強いというか、濃厚です。肉質も適度な歯ごたえがあって、美味し!



ごちそうさま。美味しかったです。旅の疲れが癒されました。

大分の鳥料理とお酒 如水鳥料理 / 桜木町駅日ノ出町駅関内駅
夜総合点★★★★ 4.0




にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

第41回『旨いもん!』トーナメント優勝!たくさんの応援ありがとうございました。