kyoto 2017 (13)

へぇ~、最近はおひとり様参加のバスツアーなんてあるんですね。
ということで、話のネタに、クラブツーリズムの【実相院の床紅葉と世界遺産東寺・昼食は上七軒「くろすけ」で豆腐懐石】という日帰りバスツアーに参加してみる事にしました。代金は12,500円です。

11月25日 午前9時、JR名古屋駅西口に集合、一同速やかにバスに乗り込み出発。
バスは名古屋高速へと乗り入れ、名神経由で京都へと向かいます。
車内では添乗員がツアー行程の説明を始めていましたが、夜勤明けなので眠気に勝てず爆睡。
眼が覚めると10時ちょっと過ぎ。そろそろ養老SAあたりかなっと思って、車窓から外を見たら、まだ一宮JCTから名神にも合流できてませんでした。そう、大渋滞に巻き込まれたのです。

そうこうしている内に、添乗員から行程の変更が告げられました。
「この先、京都市内を含め、道が大変混雑しています。なので、少々変更を加えさせて頂きます。まず、11時30分から予定していました実相院の床紅葉ですが、こちらが午後4時30分から30分間の観覧となります。先方から時間厳守でと、お願いされました。昼食は予定通り上七軒「くろすけ」にて、午後1時30分から1時間となっております。なので、東寺なのですが、大変申し訳ない事に、移動時間などを差し引きますと、観覧時間が15分~20分となってしまいます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。」
ツアー客の反感を買わないように、本当に申し訳なさ気に、でも、謝り慣れてるって感じです。
彼らにとって、こんな事は日常茶飯事なんでしょうね。

P1210859

京都に着いてからの行動は、本当に慌ただしかったですね。
歴史ある茶屋【くろすけ】では懐石料理を味わう暇なくズズッと掻き込み、五重塔で有名な東寺では国宝の仏像を観覧することはもちろん叶わず、紅葉をチラッと横目で見た程度で出発。
渋滞のせいで、京都での滞在時間が半分以下に圧縮されてしまいましたが、まあこれくらいは想定内かな。
終り良ければ全て良しと申しましょうか、こちらとしては【床紅葉】の写真さえ撮影できればOKです。

バスがいよいよ実相院に近づいた頃、添乗員から注意を促す一本のアナウンス。
「実相院では、客殿内での撮影が一切禁止になっています。ご了承ください」
ちょっと待てい!それって額縁アングルの【床紅葉】が撮影できないって事じゃん!
(【床紅葉】をご存知ない方は、グーグル画像で検索してみてください。)
撮影できないならできないって、予めパンフに記載しておかなきゃ、詐欺だぜ!
【床紅葉】が撮影できないって知っていれば、このツアーにも参加なんてしなかったと思います。

実相院に到着して、建物の外から一応紅葉を撮影してみましたが、陽が暮れてきたせいもあって、あまりいいショットは撮れませんでした。もう、それ以前に、気持ちが折れちゃってましたけどね。orz…

kyoto 2017 (11)

最後に、漬物のお店【大安】に立ち寄りました。
こんな処寄るなら、もっと他の滞在時間を延ばしてほしいものですが、旅行会社はこういったお土産屋さんから、キックバックを得ているので、他の行程を削っても、提携しているお店での休憩は絶対に削りません。
とか文句垂れつつ、自分も縮めん山椒と生八ッ橋を購入してしまいました。

P1210912

夜勤の疲れと今日一日の疲れ、ついでに昨日のボクシングジムの練習の疲れが一気に出て、帰りのバスの中では泥のように眠りこけました。起きたら腰がバリバリに張っていて、むちゃくちゃに痛かったです。
名古屋到着は午後9時。全行程12時間の内、京都滞在僅か2時間。どなた様も、お疲れさまでした。
「新幹線往復の代金で京都に行けるし、座ってるだけで楽だし」って考えて、気まぐれでバスツアーに参加してみたけれど、旅慣れた自分にはやっぱり向かないみたいです。



にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ