アメリカビジネス事情がわかるメルマガ
ブログ


ビジネスアイデアに困ったら、こちら。

麺(めん)の口コミ・価格情報・データベース 「インフォ麺ション」


先週参加したのが、
◎日経新聞購読者限定セミナー。

仕事の関係でかなり遅れて参加することになり、終了30分前に滑り込んだ。

今回神戸で行われた内容は、
◎元三重県知事の北川さんの講演
◎「資産作りのための日経新聞活用法」セミナー

画像 009


でしたが、北川さんの講演は全く聞けず。

レジュメも北川さんのプロフィールと講演タイトルだけでしたので、どのような秘話が聞けたかはわかりません。

8/30に投開票が行われる総選挙に関する内容だったと思いますが、北川さんが考える日本の将来を聞けなかったことは、とても残念。

日経新聞活用法は、以前に日経新聞大阪支社で行われた同様のセミナーに参加しましたが、今回はFPによるセミナーだったので、かなり実用的でした。(ちなみに、大阪支社のセミナーは日経記者によるもの)

特に、
◎日経新聞を読む時に意識する点
はついつい忘れがちな視点です。

画像 010


◎事実か?意見か?
◎予測か?速報か?確報か?
◎計画か?実績か?
については、見出しにばかり目が奪われ、あまり意識しないのではないでしょうか。

さらに、
◎夕刊の重要さ
もかなり強調されていました。

画像 012


もしかしたら、日経新聞社側の
◎夕刊購読者を増やして、一人あたりの収益を引き上げる
という作戦かもしれませんが、実際夕刊にはおもしろい情報が多い。

スクープ記事は朝刊の方が圧倒的に多いですが、海外(特にグローバル企業)の情報がかなり充実しています。

投資へのヒントになる連載もあり。

日経新聞をさらに活用する方法も挙げられていました。

その中で気になったのが、
◎日経ヴェリタスで点と線をつなぐ
というもの。

画像 011


日経ヴェリタスは以前投資セミナーで試読誌をいただいたのですが、かなり内容が濃い。

タブロイド版の新聞ですが、週刊誌ほどの内容を持っています。(週刊なので、当たり前ですが。)

価格も500円と雑誌並み。

現在、
◎日経新聞
◎日経産業新聞(日経テレコムから)
◎日経MJ(日経テレコムから)
◎日経ビジネス
◎日経ビジネスアソシエ
と購読誌がかなり多いので、日経ヴェリタスを読み込む時間はないですが、気になる雑誌ではあります。

日経の購読者限定セミナーは、ランチェスター戦略で言えば、
◎顧客戦略
に当たります。

購読者に日経の活用法を知ってもらい、
◎購読を継続してもらおう
◎他の日経新聞を購読してもらおう
という作戦です。

実際、日経産業新聞・日経MJの1週間試読券も頂きました。

この顧客を教育するという顧客戦略は、いろんなビジネスに活用できるはず。

例えば、
◎業界事情を提供する、自社の業務改善内容を報告する
ことによって、
◎自社の優位性
をアピールできれば、既存顧客を失う可能性は低くなり、より強いファンに育成することができます。

それほど大きなコストのかからない戦略なので、使わない手はありません。

☆本日のアイデアマーケティング・サバイバルマーケティング☆
顧客教育は、低コストでできる効果の高い戦略である。

アメリカビジネス事情がわかるメルマガ
ブログ


ビジネスアイデアに困ったら、こちら。

☆8/1の目標☆
1 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のブログの更新 〇
2 プライベートブログの更新 〇
3 午前5時起床 ×
4 毎朝、鏡の前で笑顔の練習 ×
5 腕立て・腹筋を各30回 ×
6 部屋・事務所などの掃除をする ×

(今日のこぼれ話)
昨日は神戸の花火大会でした。
うちのマンションのベランダから初めて見たのですが、よく見えました。
この場所はデートスポットになりえますね。
来年が待ち遠しい。

(インフォ麺ション)⇒昨日の訪問者は27人でした。↑
麺のサイトを立ち上げました。
集客に不安があるので、ライブドアブログをカスタマイズして作成。
みんな、投稿お願いします。


麺(めん)の口コミ・価格情報・データベース 「インフォ麺ション」

☆今日の言葉☆
「どうなるか」を研究せよ(鹿島守之助 鹿島建設元会長)