July 10, 2017

ヒューストン空港で一目ぼれしたギターのミニチュア


今日は先日ヒューストン空港で一目ぼれしたギターのミニチュアお土産について紹介します。
一目惚れと言っても昨年10月出張時の帰り、空港内の装飾品屋のレジ横で偶然見つけたギターのミニチュア達。
実に良くできていておもちゃとは一線を隔した物でどれもこれも非常に良くできている。
欲しいとは思っても$30もする、流石に勿体無いと諦め、2度目の出張時にも同じ思い、そして今回何度もお店の前を通り、もう来る事も無いかもしれないと購入。
家内に見せたら家内も気に入ってくれて早速飾ってくれた。
一緒に見える写真立ては2回目の出張でMcAllenのホビーロビーで購入した如何にもアメリカと言うもの。
その後ろはヒューストン空港で。
左に僅かに見えるのはMcAllenのスタバで購入したマグカップであり我が家はアメリカグッズで満ちているのである。

昨日久しぶりに出勤すると訃報、同僚の奥さんがクモマッカで亡くなったと。
彼は二人目の奥さんを亡くした事に成る、何と悲しい、今夜はお通夜に行く予定。
もう一度結婚しろと薦めるつもりだ、一人は駄目、寂しすぎます。

撮影日: 07/04/2017 21:17:32.65
モデル名: Nikon D200 7月5日
レンズ: 90mm f/2.8D
焦点距離: 90mm
フォーカスモード: AF-S
AFエリアモード: シングル
絞り値: f/3.2
シャッタースピード: 1/125秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: ISO 1000


cafetom at 14:59コメント(0)TEXAS この記事をクリップ!

シュナイダー



5月10日から約2ヶ月に渡って出稼ぎに行っていたTEXSから戻ってきました。
昨年末から3回目、通算160日以上となり、年間180日の壁に当たるので年末まではもう出張はありません。
最後と言う事で会社の日本人の方が大好きなドイツ料理シュナイダーでご苦労さん回を盛大に開いてくれました。
美味しいビールとトマト味のチーズ入りトンカツ、付け合せはポテトですが勿論お気に入りの赤キャベツのピクルスもたっぷりと堪能させてもらいました。
帰りの便は朝3:40分ホテル発と超早く、それでもホテルの従業員さんに硬い握手やレセプションやまかないの女性にはハグハグされるほど丁重な見送りを受けました。
何しろホテル始まって以来の長期滞在者と言う事で特別待遇していただきました。
McAllenを5:15み.に飛び立ち、乗り継ぎに5時間、更に日本まで13時間のFlightでくたくたになり、成田ではかばんの一つが行方不明となる事件も起きましたが無事に家内の迎えてくれる仙台空港に到着。
流石に疲労限界で翌日日曜日は殆ど寝てすごし、本日月曜日も遊休休暇を頂き、床屋に言ったり近くの温泉でいま少し体力の回復を待つ予定です。
本当に長い間更新もしませんでしたが、アメリカの様子、お土産品などを真面目に紹介しつつまめに更新していきたいと思います。

撮影日: 06/30/2017 09:37:09
モデル名: Nikon COOLPIX A900 7月3日
焦点距離: 4.3mm
手ブレ補正: ON
絞り値: f/3.4
シャッタースピード: 1/60秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート ()
フラッシュモード: 発光禁止
ホワイトバランス: オート, 0, 0


今日はUSS LEXINGTONミュージアムの続きであります。



今日はUSS LEXINGTONミュージアムの続きであります。
甲板の様子ですが沢山の引退した戦闘機が並べられており正にミュージアムですがこんな大きな広い物体が海を進んで行くと言うのは正に脅威で、今も北朝鮮を威圧する為にアメリカは空母を送り込んでいる。
TVで見るのとは全く異なり実物を見ればその脅威が伝わるのだろう。
そして中国もまた純国産の空母を大連港で建造中だが皆さん誰と戦おうとしているのでしょうか?

38年間続けてきた会社生活、それも残り数ヶ月で引退する。
長い長い38年間、その間に結婚もし、子供も生まれ、妻を亡くし、新たに愛妻を向え、子供も巣立ち孫も生まれた。
それでも人は未だ残された人生を生きるのだが何をしようかと考えれば無限に思える遊休の時間をどうするか考える時がやってきた。
本当に忙しくて目が回る人生であった、これからは好きな事をして暮らしなさいと言われる時どの順番で何をするかを考えるのは重要なことだ。
空き家として残している自分の家をもう一度生き生きとした姿に戻したい気持ちがぼんやりとはある。
さあその前にもう一度二ヶ月ほどアメリカで、メキシコで頑張らねばならない、今日もその準備です。

撮影日: 02/05/2017 02:11:02
モデル名: Nikon COOLPIX A900 4月25日
焦点距離: 4.3mm
電子ズーム倍率: 1.00
手ブレ補正: ON
絞り値: f/3.4
シャッタースピード: 1/200秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート ()
フラッシュモード: 発光禁止
ホワイトバランス: オート, 0, 0
ノイズ低減: しない


アメリカネタは一寸お休みして



アメリカネタは一寸お休みして先週末に温泉と共に尋ねた鶴岡城跡の桜祭りからです。
鶴岡の桜は県北の桜より5日程早いのでしょうかこちらでは満開見頃で迎えてくれました。
実は前日は終日雨で当日も風が強く本当は羽黒山ハイキングを計画していましたが宿の方に勧められて来た訳ですが先ず驚いたのが出店の数、いやいや本当に沢山の屋台が並び桜祭りに花を添えていました。
そして居ました居ました、観光地では世界的に何処でも見かける中国美女おばさん集団。
何故か必ずこのポーズで写真撮影。
近くに居る日本人は皆さん目をまん丸にして見ていますが、シャイな日本人は絶対にしませんが写真好き、目立ちたがり屋の中国女性は必ず集合写真ですね。
2ヶ月ぶりに家内と温泉旅行、美味しいものを沢山食べてのんびりと何もしない旅も良いものですね。
帰りの運転はすっかり家内に頼ってしまい申し訳ないことをしました。
時差ぼけは既に無いとは思うのですが年のせいでしょうか夜中に毎時間目が覚めてしまい、昼間は眠くなることが多いです。
お年寄りが寝てばかりいるというのが解る気がします。
最近の夜は10時が限度です。
アメリカでも続けていたポケモン、現在はイースター祭りと言う事で2kmの卵でいっぱいです、XPも通常の二倍もらえると言う事でこの期間に何とかポケモン整理をしたいものです。
現在レベル33で52万XPですが、100万XP揃えないと次のレベルにいけないというのは流石に困難。

撮影日: 04/16/2017 10:56:57.98
画質モード: RAW (12-bit)
モデル名: Nikon D200 4月18日
レンズ: 17-55mm f/2.8G
焦点距離: 38mm
フォーカスモード: AF-S
AFエリアモード: シングル
絞り値: f/2.8
シャッタースピード: 1/6000秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: ISO 1000
ホワイトバランス: オート, 0
高感度ノイズ低減: 標準
長秒時ノイズ低減: しない
画像真正性検証機能: しない
仕上がり設定: 標準


Hawthorn Suites by Wyndham McAllen.



昨年お世話になったのはCommfort.innと言うホテルで大型スーパーマーケットのHEBの向かえと言うロケーションが気に入って今回も予約していましたが途中満室になって一時的に非難しなさいと言う事でお世話になったのが写真のHawthorn Suites by Wyndham McAllen.
長い名前ですが通常Hawthornと呼ばれており、どこのホテルもSuitesが付くと所謂スイートでスイートルームの意味としては居間、寝室、浴室が続きの間一そろいとの意味があるようで、正に台所には電子レンジにIHコンロ、大きな冷蔵庫と調理に必要な道具が一式揃っている一人で宿泊するには贅沢な部屋です。
Wyhdhamはホテルのグループ名の様です、McAllenは当然地名です。
ネットではMcAllen一番人気のホテルのようです。
朝食には「ご飯」と「味噌汁」が提供されますが当初はご飯の水加減が実にいい加減で3cupのお米に3cupの水と言う具合でお粥のようであったり芯があって食べられないとか、かなり酷かったのですが一生懸命スペイン語しか話せないまかないの従業員に厨房に入り込んで炊飯器のメモリ通り慎重に合わせる事を指導してまともなご飯に今はなっています。
お米がカリフォルニア米なので当然日本のご飯と同じにはなりませんが、まあ文句無く食べられます。
味噌汁は更に酷く非常に薄いしよっぱい汁と言う感じでこれだけは改善できず結局はインスタントの味噌汁を提供しお客が自分好みで作るようになりました。
これもアメリカ人にとっては味噌汁はスープと考えており提供されるお湯がぬるく全くだめだめ。
そこで日本人にとってミソスープはコーヒー等の様に熱くして飲む事を教えてこれも改善。
更に会社の総務が交渉をしてくれて毎朝ふりかけ、焼き海苔、醤油が提供される様になりました。
夕食も月曜から木曜日までは夕方7時までは軽食が提供され週に1度は冷凍の納豆が出されるようになりこれには日本人宿泊客の中では取り合いに成るほどでした。
二枚目がエントランスの写真ですが装飾品等どこと無く中華系ではあります。
価格も高くCommfortが55$に対して80$とかなり高いHotelと言えますが余りに便利なことからCommfortに戻る事無く継続してこのホテルに宿泊させて頂きました。
2ヶ月余りも滞在しあれこれ口出しするので全従業員に顔は覚えられたようです。
来月になれば再び渡米してこのHotelにお世話になる予定です。
良い事ばかりですがロケーション的に少し離れており買い物は近くのWalmartで東に徒歩10分位でしょうか。
Whatabargerもその程度の距離にあります。
スターバックコーヒーは反対の西側でこちらも10分ほど、スポーツ用品店のスポーツアカデミーは15分程でしょうか。
更に歩いて25分くらいの所には大きな商店街があります。
私は向こうで100$で自転車を購入したので苦も無く出かけられますが一般の出張者は徒歩での行動範囲の制限が大きいのが弱点と言えます。

忘れていましたもう一点長所ですが平日は夕方7:00までハッピーアワーと言う事で生ビールが飲み放題になります。
しかし国境が込み合ってホテル到着は7:00がやっとと言う事でせいぜい2杯目で時間切れとなってしまいます。

撮影日: 02/24/2017 09:33:38
モデル名: Nikon COOLPIX A900 4月14日
焦点距離: 4.3mm
電子ズーム倍率: 1.00
手ブレ補正: ON
絞り値: f/3.4
シャッタースピード: 1/40秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ホワイトバランス: オート, 0, 0


cafetom at 14:44コメント(0)TEXAS この記事をクリップ!

アメリカで床屋に行く



今回の長期出張では沢山の経験をしました。
その中の一つとして散髪です、実際cutして貰うまでは「刈上げにされたらどうしよう」「もみ上げが無くなってしまったらどうしよう。」どう言えば伝わるのだろうかとどきどきします。
と言っても過去5年間Malaysiaで経験があるのでまあ何とか成るだろうと高を括って行きました。
お店はWalmartの床屋にしようか、それとも写真のJust a cutにしようか迷いましたが結果としてはJust a cutにしました。
英文法的にはcutに不定冠詞のaが付いているので動詞の「切る」では無く名詞扱いになります、Google翻訳では「ちょうどカット」と出てきます。
又Walmartは世界最大の売り上げを誇るスーパーマーケットで食料品から薬、雑貨あらゆる物が売られています。
何と拳銃も売っているのには驚きます。
2枚目が店内の様子、奥に写っている叔母さんがCutしてくれました、アメリカで初めての散髪経験だと話してもみ上げを残し、刈上げにはしないように大体耳が出る位に2cm位切って欲しいとの要望は正しく伝わったようです。
日本の格安床屋と同じくここでも男女、大人子供に関わらずcutしてくれますが、希望すれば洗髪もsetもしてくれます。
私はcutだけお願いしましたが16$と結構高めでありましたが無事に散髪も終わりほっとした事には変わりありません。
日本では何の準備も無く唯床屋に行き「何時ものように」と言えば済む生活がとても貴重ではあるものの海外では小さな事でも刺激的なイベントに成ってしまうのはいささか疲れてしまいます。

撮影日: 03/05/2017 02:05:06
モデル名: Nikon COOLPIX A900 4月12日
焦点距離: 4.3mm
電子ズーム倍率: 1.00
手ブレ補正: ON
絞り値: f/3.4
シャッタースピード: 1/160秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート ()
フラッシュモード: 発光禁止
ホワイトバランス: オート, 0, 0
カラー: 標準カラー


cafetom at 14:39コメント(0)TEXAS この記事をクリップ!

久しぶりに会社に出勤



久しぶりに会社に出勤、出張中に上司は中国に赴任し、レイアウト変更により机の場所も移動していましたが忘れ去られもせずに「久しぶり、ご苦労様」と声を掛けてもらえました。
相変わらず難解な出張旅費清算を無事にパソコンで終了、本当にネットワークとパソコンが無機質な超面倒な処理を要求するのには閉口してしまいます。
今日の一枚はホテルの近くの、と言っても歩くと30分近く掛かりますがステーキハウスソルトグラス。
お勧めメニューが16ozのTボーンステーキと、写真は掲載しませんでしたがベークドポテトスープ。
共にお勧めだけあって絶品です。
特にスープはジャガイモのスープですが芋の形が残りこおばしく経験した事がない食感と味で病み付きです。
肉もT字の骨の周りに付いた味の濃い肉をあっさりバター味で、とは言え16ozとそれなりに量が多いので途中からはA1ステーキソースの甘酸っぱい味で完食でした。
出張中には何と2回もここを訪れ同じメニューを頂きました。
 時差ぼけですが未だに治らず朝は2時頃に目が覚めてしまいその後眠れず布団の中で悶々とする時間。
そして夜は7時前に眠くて通勤の車の運転でさえ辛いものがあります。
早く日本の生活時間を体が覚えてくれる事を願うばかりです。

撮影日: 03/04/2017 10:28:36
モデル名: Nikon COOLPIX A900 4月5日
焦点距離: 6.2mm
電子ズーム倍率: 1.00
手ブレ補正: ON
絞り値: f/4
シャッタースピード: 1/13秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート ()
フラッシュモード: 発光禁止
ホワイトバランス: オート, 0, 0


帰国して4日目



帰国して4日目、やって来ました花粉症、今朝は鼻水が止まらず昨年医者から貰っていた薬を服用。
あー嫌ですね、今月末頃までは苦労しそうです。
昨日は会社お休みを貰って免許の更新に、視力検査で検査官が眼鏡無しでとの誘いに試してみると視力はokですと言われ免許取得以来始めて眼鏡条件が解除されサングラスを掛けての運転も可能になりましたが、まあ差し支えない限り眼鏡を掛けて運転するのでしょう。
確かに最近遠くは眼鏡なくてもそこそこ見えるなと思っていました。
長いアメリカ出張、TVを見る事が無かったこと、パソコンを見る事が少なかった事が良化の要因でしょうか。
今日の一枚は空母LEXINGTONの入り口ですが、環境の中央に日章旗があり、写真右側に同じ日章旗の写真がありその意味が記載されています。
丁度女性の方がその説明を見ていますが実はこれ日本の神風が突っ込んだ場所を示している様です。
2枚目の写真は内部の様子ですが流石にデッキ下の階は飛行機の格納庫になっているのかひたすら広く、色々な飛行機やジオラマが作られていて見て回るのにも時間が掛かります。
ただどれも日本人に対しては痛い物が多いですね、歴史の事実を引き継ぐ目的でしょうがあー基本的にアメリカ人は日本人が嫌いなんだろうなと想像します。
中国や韓国にもこの様なミュージアムが多くあり日本人は世界的に嫌われている事を自覚し良き日本人を示す必要があると思いました。

撮影日: 02/05/2017 01:14:54
画質モード: Jpeg Normal (8-bit)
モデル名: Nikon COOLPIX A900 4月4日
焦点距離: 4.3mm
電子ズーム倍率: 1.00
手ブレ補正: ON
絞り値: f/3.4
シャッタースピード: 1/320秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート ()
フラッシュモード: 発光禁止
ホワイトバランス: オート, 0, 0


昨年から全く更新が途絶えていたCafe Tom



昨年から全く更新が途絶えていたCafe Tom、実は急遽再びアメリカはTEXASから呼び出し、今来い直ぐ来い、明日来いと言う訳で1月24日〜4月1日まで何と68日間にも及ぶ長期出張をしてきました。
相変わらず毎朝4時前に起きて国境を越えてメキシコまで出稼ぎに行く生活は厳しいものが有りました。
帰国後久しぶりに更新でもと、時差ボケで深夜に目覚めて眠れないためにパソコンの電源を入れたのだが全く動作しない、ウイルスバスターがチェックを初め、Windowsは更新プログラムをインストールする始末で1時間程はまともに動作しない状況でした。
何とスマホまでがソフトの更新を初め、出張中に浦島太郎になってしまったようです。
ニュースを見ても何の琴やらさっぱりわからず国内情勢も解らない状況であります。
今日の一枚は今回の出張中最も遠くまで出かけたコーパススクリューにある空母 USS LEXINGTONミュージアムであります。
第二次大戦で活躍した空母も今は博物館として余生を送っています。
今まで空母等を診た事も無く(見た人は少ないと思うが)ぶったまげるばかりではありますが、何せ第二次世界大戦と言えば真珠湾攻撃を初めとして日本が悪者ですから艦内の展示の説明で何度JYAPと言う言葉が出てきたことか、決して日本人の私としては気持ちの良いものではなく、又他の観光客からも何だか白い目で見られているような気がして居心地の良いものではありませんでした。

今日は艦内の報告は又の機会として、長期出張からの帰りを首を長くして待っていてくれた家内への感謝の気持ちを述べて閉じることにします。
暫くはアメリカ帰りのネタが続きますがよろしくお付き合い願います。

撮影日: 02/05/2017 01:09:42
モデル名: Nikon COOLPIX A900 4月3日
焦点距離: 8.9mm
電子ズーム倍率: 1.00
手ブレ補正: ON
絞り値: f/4
シャッタースピード: 1/320秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート ()


cafetom at 14:31コメント(0)TEXAS この記事をクリップ!

既にアメリカから帰国して4日も過ぎているのだが



既にアメリカから帰国して4日も過ぎているのだがズーット家に閉じこもりっきりである。
何故なら月曜日から38.5度の高熱になり、最初は疲れたのだろうとたかを括っていたのだが火曜日にはふらふらで歩けなくなり病院へ行って見ればインフルエンザA型に見事感染。
思い起こせばヒューストンから成田の13時間40分のフライトで隣に座っていた日本人が妙な咳をしていた。
最も私も負けずに咳き込んでいたから向こうも嫌な思いをしたに違いない。
5週間行動を共にしていた同僚3人は全く症状は無く私だけと言うのであるから間違いなく飛行機の中であろう。
今週は大人しく尾籠さんを決める以外は無さそうだ。
今日の一枚は以前にも紹介したTEXASロードステーキハウスでの一枚。
Malaysiaで共に働いた出向者のTさんが一番美味しいのはボーンインリブアイと言う強いお勧め。
しかしながらこの肉、20ozもある。ざっくり560gである、幾ら骨付きといえども還暦を超えた私が食べれるはずも無くそこで同じく6ozのサーロインステーキをオーダーしてシェアーする事になった。
とは言え二人の同僚は一人ずつオーダーしているのだから驚きである。
但し、骨周りの肉を残す始末で一番美味しいところを残してはいけませんね。
私はかなりの部分を会い方に譲りはしましたが食べきることが出来ました。
アメリカのステーキは赤身主体で固く、まあ味が濃いのだがこのリブアイは油もきっちりとあり柔らかく日本人好みである。
日本では180gが精一杯のステーキであるが、一人で10oz280gは平気で食べれるようになった。
今回インフルエンザと言う事もあってか体重は全く増加していなかったのは好ましいが何を食べても感動物の日本食、実は太るのはこれからかもしれない。

撮影日: 12/15/2016 20:24:22
画質モード: Jpeg Normal (8-bit)
モデル名: Nikon COOLPIX A900 12月22日
焦点距離: 4.3mm
フォーカスモード: AF-F
手ブレ補正: ON
絞り値: f/3.4
シャッタースピード: 1/10秒
シーンモード: オート
露出補正: 0段
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート
フラッシュモード: 発光禁止
ホワイトバランス: オート, 0, 0


cafetom at 14:28コメント(0)TEXAS この記事をクリップ!
POQUE
最新コメント
Profile
忍者カウンター
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)