NDロードスター ファーストインプレッションというか雑感

というわけで、お久しぶりです。とむ猫です。
お久しぶりなので、ご報告です。
※一発目が結構急ぎだったので、ちまちま修正してこうと思います。(6月10日)

IMG_4354 

NDロードスターを買いました。SスペシャルMTのオプションはほぼ無し仕様です。 
「おま!?アクセラは??」というのもご尤もで、BMアクセラちゃんは1年半ほどでドナ・ドナされた事になります。

IMG_4353

納車時に新旧並べたので、せっかくだしなと写真撮影。アクセラ、デカイですねw
アクセラについては「そんなに不満あったの?」っていうと、あまり不満はなくて、単に「屋根開かないし」という「当たり前だろバカ」みたいな理由です。

ちなみに、なにか不満をあげろといえば上げられないこともないので、購入を考える方の参考程度に2つほど。

1.登坂性能の低さ:セッティングの問題ではあるのだけど、平地では軽快に走るのですが、坂が中々登りません。コレがちょっとした坂で、ギア一つ落とすくらいなら楽しめるのですが、勾配のきつい長野の高原とか行くと二速でしか登れないとか、失速すると下手をするとローじゃなきゃ再加速できないなんてこともあって、山岳ドライブの多い私には地味にストレスでした。ギア比の問題とアクセルは実際には電スロで結構派手に制御をされていて、平地では少し踏んでるだけのつもりでも全開だったりする為に加速がよく感じているのであって、坂になると本質的なパワー不足がくる・・・という感じなのかなと思っています。

2.雨。アクセラちゃんは防音性能はイマイチでBOSEのオーディオも外に音漏れする感じでしたが、雨が天井にあたった時にトタン屋根よろしくな音が結構するんですよ。あれが好きじゃない。聞くとコレはマツダ車全般であるようですね。トヨタではイプサムとかでもあんな音は聞いたことがなかったので、最初はかなり驚きました。幌だとテントにあたるような音なので、こっちは風情と許せるのです。

敢えて言えばレベルなんで、そんなにネガティブではなくて、結局オープンカーがいいよね♪ってかんじです。


そんな事言って雨天納車でオープンもクソもあるかいというスタートでした。納車後11時半ほどから、軽く流すくらいで慣らしをしていました。ルートは、千葉から利根川ライン沿いに鹿島灘を抜けて鉾田でメロン買って、大洗へ行き、鹿島に戻って友人と食事、利根川ラインで帰ってくるというものです。距離としては下道250kmくらいのベリーショートという感じ。

IMG_4374

一応、途中で雨は上がったのでオープンはしました。とはいえ、晴れていないといまいちですね(^^;

さてクルマ全体としての感想です。
まず、外装はいまさらですが、かっこいいですよね。なんとなくイタリアンです。顔凄い。個人的にはリアはいまいちなだと思っています。ドア後端からリアのところにあるキャラクターラインもピンとこない。コレは不思議な物でソウルレッドだと結構ありなラインに見えるので、ソウルレッドの光り方を前提にしているのかな?とも思いました。

また、イベント展示車と違い、実車はかなり車高が高めです。車高調は積極的に考えたいところです。
全体的にチリは合っていないというか、隙間が広いです。オープンカーはフレーム的にやわいので、予め広く撮ることもあるのですが、実際どうなのかは謎です。他の方でNDの改造着手している方が腹下とかも全部レポートしていましたが接合部のスペーサーや結合部材が結構多いようなので、精度がまだかなり低いのかもしれません。NDが欲しくて、でもそこまで急いではいない・・・という場合は、イヤーチェンジ後を狙ったほうが無難かもしれませんね(初期ロットは、こういうのは仕方がない部分もあります)

オープン走行時の風の巻き込みは以前乗っていたBMW Z4(E85)よりも少ない印象です。これはなかなかのものかなと。特に背の低い私は椅子をだいぶ前に出すので、サイドウィンドウを上げているとオープン感皆無なくらいです。ウィンドウを下げても巻き込みはゆるやかな感じでよく出来ているなと思います。
ただ、クローズドでも120kmくらいになると風切音もロードノイズも爆音なので、こっちは覚悟の上で(比較対象が仮にも高級車のZ4なので、NAやNBに比べれば全然良いという意見もありました


IMG_4400

内装は、Z4比較だと、大分タイト。屋根も低いです。フロントウィンドウもかなり近くて全体的に「狭いな」という感じ(NA,NBよりは横幅広いですけど、ウィンドウはNBと見比べても近いですね)。シートの高さは変えられないのですが、そのままの状態で写真くらいボンネットが見えてます(とむの身長は163cm
デザインは全体的に綺麗にまとまっていていいと思います。
アクセラよりはデミオよりの内装デザインだと思います。

センタコンソールの肘が当たるところがプラスチッキーでイケてないなと思ったら、純正でアルカンターラ蓋があるようなので、購入を考えています。もしかすると社外でクッションのが出るかも?ってのもあるので少し様子を見てから、何かしら交換予定。
純正オプションといえば、今回、内装ドアのアッパートリムが外装色と同色になるんですが、ソウルレッドの時は正直赤が煩いと思っていて、私個人はそれが嫌でソウルレッドをやめた(あとMSJでみた白が意外と有りだった)のですが、これも純正で黒のアッパートリムカバーがでています。コレがあるならソウルレッドでも良かったかなとは思いますが、予約時にはオプションわからなかったので仕方がないですね。

あと内装でいえばペダルはSスペでもアルミではないので、これも注意。結構色んな所でコストを削っていますね。

IMG_4360

内装もののお約束ですが、「ついにロードスターにもまともなドリンクホルダーが!」というドリンクホルダーはこんなやつ。助手席に大柄な人がいるとかなり邪魔そうですね。

IMG_4401

ドリンクホルダーは脱着式のもので、シートの後ろの方にも付けれますが、ドライバー的にはかなり辛いので、前を使いたいところです。このドリンクホルダーはS660でも似たようなものだったので、時流なのかもしれませんね。

IMG_4413

内装というか、操作というか、少し気になったのはドア。
1ノッチで45度、2ノッチで写真の90度くらいまでガバっと開きます。
コレが結構緩いというか、ちょっと油断すると写真のところまで一気に開きます。
なかなか怖いので、もう少し固く設定しなおして欲しいところ。

NDはグローブボックスなしなのですが、シートの間の小物入れはかなり広いので、問題なさそうです。
車検証はシートバックに入れるのが無難なのかな?
そういえば、ETCカードスロットも助手席シートバック側にあって、なにかあって挿し直すときは降りるしかないな・・・とそれはそれでどうなのよ的な気持ちにはなりました。普通に小物入れのところにつければ鍵もかかるし良かったんじゃないのか?というのが正直な感想です。


サスペンションの話とか登坂性能の話とか
サスは試乗の時は「いいじゃん」と思っていたのですが、実際乗ってみると路面の凹凸が結構ダイレクトに来ます。Z4とかと違って、この辺は和製スポーツカーっぽいっちゃぽいです。
細かな突き上げは、そんなもんかなとするとして、路面にうねりがあるようなところだとなんかフワンフワンしてしまうのはいまいちかな?足回りは、馴染んできてどうなのかなっていうのもあるので、しばらく乗ってみてかなというところです。

あとアクセラで不満を書いた登坂性能。
NDのエンジンはアクセラと同じ型式で縦置きにされたものです。
実際には90%以上新設計でハイオク仕様だしってのもありますが、同じエンジンだしどうなのかしら?って思いがあったのですが、コレは軽快でした。エンジンのモアパワーと車重の軽さが聞いているのかもですね(200kg位軽いはず)

そして燃費の話。

IMG_4432

一応、アクセラの時も慣らしでは燃費スペシャル運転をしたので、今回も少しやってみました。
とは言え、途中で渋滞に捕まったり、30分位アイドリングで友人待ちしたりしたので、その分少し落ちています。
で、下道のみで7割位郊外で19.1kmでした。鉾田あたりでは19.8kmまで行っていたので、まじめにやれば20km越えれたと思います(高回転維持で慣らしとか無駄なこともやっていたので

一応、アクセラの時はしたの感じでした。

61a97837

アクセラはポテンシャル的には25kmくらい目指せそうだったので、NDの方が少し燃費悪いかもですね。
多分、実用時の燃費は15~16kmくらいになるかなと思っています。
カタログ燃費が17.2kmなんで、この辺で順当なところですかね。

<ここから後日追記>
DSC_7246

納車後の最初の週末は、「このあと滅茶苦茶ジムカーナした」という同人誌の原稿締め切りで涙を飲みながら机にかじりついていました(>_<) 原稿をなんとか土曜日の夕方前に終えたので、さあ、走るぞってことで、飛び出したのが慣らしセカンドステージ。

ルートは、土曜日のうちに奥多摩を抜けて甲州市→甲府と行き、甲府の友人宅で一泊。日曜日は、友人のNBと甲府から諏訪周りで駒ヶ根(厳密には道の駅長谷)、そこから諏訪に戻って霧ヶ峰→美ヶ原のビーナスライン→甲府の別の友人宅へ移動し、NBの整備→中央道で東京→千葉へというルートです。

土曜日は16時半ぐらいに出発。八王子までは首都高経由でっていうのですが、まあこのルートのいつものパターンで大渋滞。結局、奥多摩湖に着く頃には真っ暗という状況でした。んで、雲も多かったので月明かりもない中で走っていたのですが、いやーヘアピンの内側が見えない見えない。

R411の山梨側のヘアピンって結構タイトなんですが、はっきりとi-Activesense(オプション10万)を付けなかったことを後悔しました。これは、追突回避ブレーキとハイ・ロー自動切り替え、アダプティブヘッドライト、リアビークルモニタリング、リアクロストラフィックモニタリングがセットになったもので、基本的にあれば便利だけど、なくても別にいいだろって感じで付けなかったのですが、アダプティブヘッドライトはいるわ・・・まじいるわ・・・NDのヘッドライトは光源の収束度がすごくて散光が殆ど無いので、アダプティブヘッドライトなしだと、ヘアピン側がまったく照らされないのね。正直コレは辛い。ということで、これから買う人にはつけることをおすすめしますよ、本当にマジで。

で、柳沢峠茶屋前に友人NBと合流し甲府へ。土曜日はコレでおしまい。そういえば、夕食を双葉PA外に止めて食堂で食べたのですが、あそこなかなかいいですね。古き良き高速飯って感じです。最近の新しいSAPAはチェーン店ばかりでつまらんですよね。

二日目は、朝起きて道の駅長谷へ朝食のパンを食べに向かいます。
CG3A-bbUYAM54pa

ここ結構いいですね。まったりできます。
ここで、はじめての快晴オープンですが、非常に残念なことに帽子を忘れてしまい、焼き殺される勢いに。オープンカーには帽子必須ですよまじで。死ねる。

さくっと美味しくパンをいただき折り返しビーナスラインへ。 

ビーナスラインについては、いまさらどうこういう感じではないのですが、天気は良かったけど写真はない。何故って同行のNBが駆け抜けるからさ。ということで、そこそこ速めのペースで霧ヶ峰を登り、美ヶ原へ。速めと行ってもZ4でよく走っていた頃に比べると全然遅いのだけど、コレが不思議と怖い。多分、まだNDに馴染んでいないのと、ギャップで結構跳ねちゃうので、そこそこ速度ノッているとコーナーで吹っ飛びそうに感じるんですよね。なっれの問題もあるかもですが、個人的にはノーマル足だと怖くてコレ以上は無理だなってかんじでした。

まあ、それはそれとして、追い抜きなんかもあったために(先導が抜いてしまうんだもの)、余裕で6000回転とか回すことになり、もはや慣らしとはなんだったのか状態に(・_・)まあ、それまでに700kmくらい走っているし、多少はいいけどね。

ところで、ここまで乗ってNDのシートはそこそこにいいかんじですよね。アクセラはシートがアレですぐケツが痛くなったので、それに比べると大分良い感じです。アテンザもシートアカン買ったらしいですが、マイチェン後は信頼と実績のトヨタ紡織製になったそうで、さすがトヨタ様ですね。NDのシートがマツダ内製なのか、トヨタ紡織製なのかは聞いていませんが・・・まあ、とりあえずアクセラよりは大分良いということで。不満は、あの縦向きのステッチイランです。あれがなければ多分もっとすわり心地良かった気がするので。

しかし、写真がないとわびしい・・・あ、そういえば

CG50DdrU8AIumDu
 
車山高原にヤマノススメ巡礼案内ありましたね。
でもって、コレでサクッとビーナスラインを後にして、甲府の友人宅へ。

DSC_7259

なんかロードスターの巣みたいになっていますが、奥のNAのパーツをNBに移植する作業をNBオーナーが日々せっせと行っているということのようです。まあ、私は眺めているだけですが。とりあえず、バッテリー作業で不用意にメインヒューズを飛ばすのはやめましょうっていうのが教訓らしい(2週間ぶり2度めで、完全にネタ扱いになっておりました)

で、そんな作業を見届けて、一路千葉へ。
走行距離は650km。平均燃費は、大凡18.0kmと、「あれ?もしかして最終的な燃費がアクセラを超えるかも?」という状況。今日の時点で17.7kmになっていますが、この調子だと17kmくらいで平均燃費が落ち着くんじゃないかなと思い始めてます。 

S660の事とか

ご無沙汰してます。とむ猫です。
blogをあまりに放置しすぎていて、アクセラの記事にコメントが来ているのを4ヶ月も放置していたりしてすみません。
「何故そんな低グレードを・・・」みたいなコメントがついていましたが、1.5リッターMTセダンがあれしかないので、あれは最下位グレードであると同時に最上級グレードなのですよね。
スカイアクティブの1.5は奇跡の出来栄えなので、気がつけばNDロードスターにも積まれてしまいました。

DSC_5866

コレですね。無駄にかっこいいですね。
写真は六本木での展示時のものですが、1個前の記事がつくばのプロトタイプなので、どんだけblog放置しているんだって話です。

さて、そんなNDロードスターと時を同じくしてホンダのS660が販売開始されたので、今日はそれの話。
主にTwitterでのつぶやきをまとめておくかくらいのものです。
ちなみに現在NDとS660で買い替え検討中でその流れです。

「おい!アクセラまだ1年だろ!」とお思いの諸兄。
うん、まあそうなんだけど考えるくらいいじゃない?ってことで。ちなみにアクセラちゃんも結構気に入っているので、その分踏ん切りがつかずに思案しているというのもあるのです。

DSC_2650

 普通にかっこいいからね、アクセラ。

さて、前置き長いですがS660の試乗をしてきました。
見積もりを兼ねて二度ほど。

IMG_3538
IMG_3537

完全にスーパーカーの趣です。
最初の週末は全国のMT試乗車店はお祭り騒ぎだったようで、各地が撮影会&オフ会になっていたそうです。4月8日時点でバックオーダーは5000台を超え、既に納車は2016年1月という有り様です。

ホンダの予約約定に転売禁止と描いてあるのですが、早速ヤフオクにも280万(!)で出品されています。ホンダ側も当初1年間販売店側に所有権を残すなどの施策が取られるかも?みたいな話もあったようなので、余りこういうのが出てくると、いざ購入時に所有権縛りが出てくるのかもしれません。

IMG_3549
IMG_3540

 ミラーがちっちゃいとか言うツイートが300RT位されていて少し驚きましたが、特徴的な小さいミラーです。ミラーカバーも上下分割になっていて、下だけ別色に変えることも可能なので、オプションパーツでいろいろ出てきそうです。着座位置は、写真だとそこまで低く見えませんが、そもそもの車体がかなり小さいのでけっこう低いです。
歩道を歩いている女子高生のスカートの中身は覗けるくらいです(昔のビートでよくこんな話をしていましたね

IMG_3581

オープンにするとこんな感じ。
幌は巻取り式のものですが、持った感覚はアウトドアグッズ的というか、テント布一枚です。
重くはないので脱着は簡単ですが、Z4などの5層中空みたいなのと比べるとおもちゃみたいですね。
でも、無限から赤い色の幌が出るように、多分コスト的にもかなり安いので、模様とか色違いとか2,3本変えたりするとおもしろいかも?と思いました。

ちなみにこの幌、本当にただ乗っているだけなので「どう考えても浸水するだろ・・・」と思うのですが
IMG_3581b

こんな風に水を逃がす構造になっていました。
水抜き穴はボディー下につながっています。

ただ、ウィンドウ上部はパッキンがあって、その後に幌がくるのですが、パッキンは外から見える(幌で覆われていない)ので、パッキンが劣化するとあっけなく雨漏りしそうです。
(ジェット系のノズルで洗車しても水が中にはいりそうです)

超ざっくり描くとこんな感じ
ssk
まあ、前述通り幌自体が安そうなので、ダメになったら変えればいいかってのと、脱着式なんで改善版が出るかもね?ってことで大した問題じゃないのです。
っていうか、オープンカーの幌って通常は交換が結構億劫なのですが、S660の場合、ただのフレームが付いた布キットなので、こういうのもありだよな~って思いました。

エンジンは言わずもがなミッドシップ
IMG_3583

エンジン自体はN-BOXと同じものを少しチューニングしたってやつです。
よく話題になっていますが

IMG_3583b

こんなところがパワーウィンドウになっていて、開けるとエンジン音が楽しめるようになっています。
S660はタルガトップで頭上がキャンパストップになっているため、オープンにした時にウィンドディフレクターがなく、負圧で室内に風が発生してしまいます。
リアウィンドウを開けることでコレを少し改善できる感じです。
ただ、今度は巻き込みの風が出てしまうので、できればウィンドウ前にメッシュのディフレクターを付けれるようにして欲しいですね。

エンジンとインタークーラーへの空気の取り込みは、ボディの側面向かって右側からになります。

IMG_3538b

左側にも穴は開いていますが、コレは何処の機材にもつながっていません。
左右の空力的なバランス取りですかね?

Twitterでの試乗で、MTの節度感がいまいちかも~でも、試乗車だしねって話をしていましたが2回めの試乗(走行が600kmくらいまできていた)では、大分良いタッチになってきていました。
2000kmくらいまで行かないとなんとも言えないですが、悪くない感じかなという印象です。
MTで走行距離があまりない試乗車は、ミッションの入りが渋いので、「すばらしい」とか軽はずみに言っている自動車系雑誌のレビューとか駄目な感じですよね。

S660関連でもう一つ話題になる積載性。
リアエンジンでトランクがなく、シート後ろにも空間がないS660。
荷物は助手席に置くしかないというアレです。
唯一の収納スペースはボンネット内の空間ですが、ここは幌格納スペースになっている・・・ということで助手席に人が乗ったら荷物は絶望・・・という状況です。
じゃあ、幌をつけたままならボンネットに荷物は積めるのか?というのが、こちら

IMG_3577

カバンはチャリンコ用のDeter RaceXなので結構小さいものです。
カバンの厚みは大凡15cmなので、このケースの奥行きは広い所で15cmくらいです。
横に寝かせて入れていますが、幅は25cmくらいのカバンなので、深さもそのくらいって感じ。
とりあえずスーパーの買い物袋なら寝かせば何個かは入るんじゃないかな?というのが個人的な見解です。
旅行かばん?無理無理w
リアもコブあるからキャリアつくかあやしいですしねw

この車で彼女と二人で旅行とかほぼ不可能なのです。一人用。絶対に一人用。
通常のシート色に運転席白で助手席黒のツートンあるけど、アレ確実に助手席を見ないことにした仕様だよね?
まあ、そんな車なので、彼女と旅行行きたい人はNDロードスターにしよう。でも、NDのトランクも結構絶望だけどねっ!

って、試乗レポートなのに殆ど試乗のこと書いてないぞ。
えーっと、車重は結構重いけど、別に乗った感じで遅いってことはないです。
そりゃビートよりは重いってのはあるんですが、そもそもボディもがっちりしているのでぜんぜん違う感じです。
ステアリング切った時も、そんなにスカーンってノーズが入る感じではないですが、旋回の仕方はやっぱりMRだなと感じる動き方をします。
街中で軽快にスポーツ気分ってのがビートなら、S660はもうちょっとワインディング向けな気がします。

あとちょっとしたおもちゃでナビ画面を兼ねているGモニターなんかもあります。
IMG_3543b

左右と前後のG表示とブレーキやアクセルの強さが表示されます。
USBでスマフォをつないでインターナビポケットのモニターにもなります。
IMG_3584

 HDMがあるので、Lightningから分岐ケーブル出してアプリの画面出せるのかな?というのが気になるところ(走行中でも映るのかとか)ですが、HDMIアダプタを持って行っていなかったので試せませんでした。

そうそう。
シートは前後移動とリクライニングだけなので、角度や高さは代わりません。
ステアリングもチルト(上下)のみなのでテレスコ(前後)はありませんので、ポジションは少し出しにくいかもです。
私は身長163cmですが、気持ちステアリングが近いレーシングポジション気味でした。
 
あとすこし気になったのは、センタートンネル。
ここがプラスチッキーな樹脂なんですが、どうもMT操作時に肘があたって気になります。
IMG_3582c

多分、シートポジションがだいぶ前なせいもあると思いますが、センタートンネルが結構高いのでカツカツ当たるんですよね。
特に助手席に人がいて、そっちに肘が逃せないと顕著です。
安っぽいというのもあるので、こことドアの下部部分はソフトパッドにならないかなぁと。
(削れるんなら削って欲しいですが)

まあ、なんか色々書いていますが、このサイズとビジュアルだけでなんか楽しそう!欲しい!と思わせるいい車ですね。
結構買う気満々ではあるのですが、なにぶん納期が長すぎて予約する気になれないので、1年位様子見かなぁなんて思っています。
NDロードスターもまだシート座っただけで走らせてないので、その辺も含めて・・・ですかね。

というわけでダラダラと書きましたが、今日はここまでで。
 

NDロードスターを見てきたよ

こんにちは。なんか夏が戻ってきた感じで暑いっすね。
というわけで、ND公開の舞浜は行けなかったのですが、つくばサーキットでも展示するということで見てきました。

では、ぺたぺたと。
展示スペースがめっちゃ暗い場所だったので、かなり画像粗いですがご容赦ください。

DSC_2777 

DSC_2781 

DSC_2782 

DSC_2778 

まずはフロント周り。
ライトは、写真で見ているほど小さく感じなくていい感じ。
ボンネットのサイドがすごい膨らんでいて驚きます。
また、ボンネットの切れ端が台形?に切ってあって、これボンネットかなり尖っているんじゃね?という不安も。

DSC_2767 

DSC_2759 

DSC_2757 

DSC_2770 

リアとかサイドはこんな感じ。 

ちなみにサクッと帰って来ちゃったけど、その後ロドスタ耐久で先導者として走ったらしい。
失敗した・・・・(まあ、でも何時間もつくばに残る気もなかったからいいけど)


Broadcast live streaming video on Ustream

 

お盆で実家に帰省しつつ三国へ行ってみたり、神戸に行ってみたり

コミケお疲れ様でした。とむ猫です。

一応、冒頭宣伝。
喫茶とむ猫の夏コミ新刊「JK+Motor Cycle」ですが、COMIC ZIN様にて委託しておりますので、当日購入できなかった方はコチラでお願いします。
COMIC ZIN / JK+MOTOR CYCLE



さて、そんなコミケも終わったので、夏休みをとっています。
まあ、いろいろと問題もあってあまり長時間ドライブは控えたほうが・・・な感じなんですが、せっかくの長期休みですし、実家に寄りがてら、ふらっとドライブって来ました。

主な目的はふたつ
・グラスリップの聖地巡礼 福井県坂井市三国
・神戸のカワサキワールド

今回は先にルート紹介

■初日


千葉から実家の豊田市へ行くのに、北回りでビーナスラインに立ち寄るルート。

DSC_2294

DSC_2297

DSC_2302

DSC_2314

DSC_2333

DSC_2366

DSC_2384

DSC_2390

ビーナスライン、霧ヶ峰・白樺湖側。
天気が良いとすごい気持ちいですね。
ビーナスラインは昔からよく行く場所ですが、結構荒天な事が多くて、自分的には珍しい晴天で良かったですw
(雷が見えるところにガツンガツン落ちる中、バイクで半泣きしながら走る場所のイメージ)

DSC_2408

DSC_2417

DSC_2435

美ヶ原方面。
2枚目の写真の山は、登山道になっていて登れるのですが、時間的に我慢。
結構登りやすのでオススメですが、炎天下だとさすがに焼き殺されそうですね。

本来は、ビーナスラインからの南下は一般道の予定だったけど、時間的な事情で高速に。
本当はR153を走りたかったんですけどね・・・


■2日目以降の予定だったルート


高速とか一般道の指定は適当だけど、概ねこんなルートのつもりでした。
ただ、月曜日時点で水曜日以降は天気が悪そうだったので、急遽2日目に三国に行くことにしたので、以下にルートを変更しました。

結果的には、水曜日以降も三国は快晴です。
ただ、当初ルートだと19日に広島一泊のつもりだったので、結果的にはルート変えたのは正解だったという気はします。19日に広島にいたら例の豪雨の影響で動けなくなっていたでしょうし、夜に山越えなんてとてもではないですが、できなかったでしょうから。
今回、元々神戸から京丹後に抜けるルートも当初計画にはあったのですが、ここも福知山の水害で通行不能となっていて、結構ルート的に手詰まり感ありました。天候ばかりは良い方にも悪い方にも読めないですね。

それと、あとで気が付きましたが、三国の巡礼をする際は、水曜日は外した方が良さそうです。
ワタリグラススタジオも三國湊座も龍翔館もすべて水曜日休みとなっているので、せっかく足を運ぶのであれば・・・というところですね。

■実際の2日目


天気が悪くなるとグラスリップ巡礼も台無しなので、朝一で坂井市へ。

DSC_2453

ちゅーわけで、朝の若狭湾(多分、8時前位?)

DSC_2472

そして三国港駅です。
結構そこかしこにポスターが貼ってあります。

DSC_2460

DSC_2480

眼鏡橋を両サイドから

DSC_2487

DSC_2489

上からも。
めがね橋は作中でもよく出てきますが、思いの外に普通に橋です。
てか、こんなところでやなぎさん立ってたら、超浮いてると思うんですよ。おしゃれすぎでしょ。

DSC_2485

この三国港駅からめがね橋側に出るところもアニメに出てきましたね。

ちなみにというか、三国の駐車場事情ですが、三国港駅は結構広めの駐車場があります。
30台位は停めれるんですかね?
これなら少しの間、停めるくらいならありかもという感じです(西岸とかのように停めて4台とかだと長くは停めれないですからね。
あと、三国港より100mくらい先にはサンセットビーチの広い駐車場があるので、こちらであればまず余裕です。

DSC_2500

イメージカットでも使われている白山神社。

DSC_2504

作中で雪クンがダビデ殴ってたところですね。
ちょうど、この白山神社の下辺りが、サンセットビーチの駐車場の一番駅から遠い側の端です。
三国港駅からだと1km弱くらいあるので、車で移動しちゃうのもありかもです(私は歩いたけど、朝だというのに暑い暑い
うまくやれば、作中構図で自分の車を入れるなんてころもできますね(^ー^

三国港駅側へ戻って、龍翔坂(やなぎさんが怪我した時に登ってた踏切の先の坂道)へ。

DSC_2512

三国といえば東尋坊ですが、グラスリップには影も形も出てきません。
いつか登場するんでしょうか・・・気になって仕方がありません。

この看板での右側三国駅方面に龍翔坂はあります。

名称未設定-1

地図上の配置はこんな感じになっています。
どちらにしても、三國湊座に行くことになるので、三国駅側の駐車場へ移動することをお薦めします。
三国港から歩くよりも、確実に楽(焼き殺されるかと思った)

坂の上の龍翔館ですが・・・

DSC_2521

透子さんとダビデが密会に使っているやつですね。

DSC_2519

龍翔坂は、怪我したやなぎさんが登ったり雨宿りしていたところですが、けが人には少し辛い斜度です。
自転車でシャーーーっと下りと気持ちよさそう。

DSC_2528

DSC_2529

中は、こんな感じで、作中でも出ていましたね(厳密には、イラストの椅子はエアコンの配置的にこの裏側のもののような気がします)

DSC_2532

龍翔館展望台(4階)からは、三国の街が一望できます。
入館料300円ですが、あの子ら会う度にお金払っているんですかね・・・?

DSC_2542

グラスリップのポスターと巡礼マップなんかも。
マップは持ち帰り用じゃないので、ここで見るだけです。

龍翔館にも広い駐車場がありますが、少なくとも私が行った日は閉まっていました。
休日には開いているのかも?

一旦、三国港駅へ戻ったら・・・

DSC_2568

ちょうど電車来ていたので、めがね橋をくぐるところをパシャッと。
本数少ないのと、ここで折り返すのか、結構長く駅に止まっていますね。

DSC_2576

DSC_2578

DSC_2579

三國湊座へ移動。
駐車場が狭いので、休日だと駅の方に停めたほうがいいかも?

三國湊座は、グラスリップの特設おみやげコーナーがありますので、ぜひ立ち寄りましょう。
三国観光のポスター6枚セットで1500円とそれなりの良心価格です。
三国花火大会のポスターやクリアファイルもあります(東京アニメセンターとかインフィニットの新宿の店でも買えるのかな?)

三國湊座は城端座的な位置づけなのかな?と思ったけど、普通に食事とか出来る場所です。
三國バーガーとか。

さて、三国の街をあとにして、透子さんの家のモデルであるところのワタリグラススタジオへ

DSC_2588

DSC_2592

ワタリグラススタジオさんは、三国から海沿いに16kmほど南に行った先にあります。
ありますが・・・休み・・・だ・・・と・・・
え・・・看板には水曜休みって・・・(この日は、火曜日ですがお盆の振り替えでお休みだったようです)

なお、ワタリグラススタジオさんは、道路以外の交通手段がありませんので、車でくる以外は、気合のチャリンコかタクシーなどで帰りの足も確保しておきましょう。

続けて、たまり場なカフェコトノハ

DSC_2611

DSC_2604

コトノハは、坂井市ではなくてあわら市、三国から見ると東側、金津IC方面です。
外観は、そのままですが、

DSC_2607

DSC_2606

中は雰囲気こそ同じですが、レイアウトなどは別物です。
カウンター側は似ているのかな。
2枚目の写真の右手に6人がけの大きいテーブルが有り、これが作中で透子たちが座っている机のモデルということになりますが、この日は別のお客さんが居て写真はとれなかったです。手前の机の下は本棚になっていたりと変わった作りになっていますね。

ちなみにコトノハさんは、結構ピュアな”カフェ”なので、軽食メニューなどが基本的にはありません。
コーヒーとケーキのみです。
数限定でおそばもあるようですが、私が行ったタイミングではありませんでした。この辺は、料理系でネット検索したほうが詳しく書いてありますね。
コーヒーは、ハウスブレンド、東ティモールとエチオピアなどなど5種類くらいのブレンドだったと思います。
(おしながきは写真取らなかった・・・エチオピアはなんかなかったみたいだけど)

さて、ここでグラスリップ巡礼は終了して、天気もいいので一般道で石川のなぎさドライブウェイへ(北へ100kmくらい

DSC_2643

こういう写真が撮りたかったんです。アクセラで。

DSC_2642

海と車はロマン!
でも、なぎさドライブウェイは雨の影響なのか路面が荒れ果ててまともに走れなかったとです。


iPhoneでもパシャパシャやってしまいますよねw
というわけで、本当に写真を撮りに来ただけなので、さくっと神戸へ向かう。
約330km・・・日付が変わらないうちにつくかなぁ・・・


↑神戸到着時の魂の叫び

■3日目
翌日のカワサキワールドにサクッと行くために湾岸のホテルをとったんだけど、素直に三宮駅近くのホテルにしておけばよかった。
で、今回の目的のひとつカワサキワールドですが・・・


という状態で(>_<
まあ、仕方がないですね。

というあたりで、このあとはバビューンと東京に帰っただけなので、今回はここまで。
3日間の走行距離は1800kmちょっとでした。 

夏コミの告知とかワンフェスとか

こんばんわ。GWぶりです。とむ猫です。

いろいろあれやこれやあるんですが、それはさておいてもうすぐコミケの季節なので軽く告知。
そして、原稿のめどが付いたので、今日はワンフェスへ行ってきたので、そのへんのTweetをまとめて見る実験です。
つまり自分のブログで自分のツイートをまとめるセルフ方式。

まずは、コミケのサンプル


1日目(15日)西館のこー24b「喫茶とむ猫」です。
 新刊は「JK+MotorCycle」
サンプルにあるように、過去の2輪レーサーと制服女子高生という必然性があるようなないようなそんな本です。
ページ数は36P。フルカラー。
印刷代次第ですが、多分イベント頒布価格は500円です。
委託は、考えてなかったんですが、なんか”当然委託するよね?”という空気があったので、Zinさんだけ委託審査のメールを出しておきました。

ゲストは、れつまるさん、むーぴょんさん、まるよさん、ひびきさん、いちななさん、広瀬タカさんの6名(多い!)
収録は、ホンダ・ヤマハをメインに16車種(つまり1台見開きでの掲載ですね)
カワサキ・スズキは、今回まったく掲載をされていないのですが、今回の評判次第でちょっと考えようかななんて思っています。


ワンフェスの話というか、まとめ(あんまりないけど)
というか、ツイートまとめなら楽かなって思ったんですが、埋め込みソースを大量に貼るのは、それはそれで面倒ですね・・・(先に気が付きなさい














































QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ