2013年05月

らくがきとかいろいろ

こんばんわ。とむ猫です。
Pixivに貼っているのに、ブログに貼っていないという「それはそれでどうよ?」という絵が何枚か溜まっているので、ペシペシと貼ります。

PT0010016-3 

 ガルパンの自動車部とポルシェティーガー。
クルマ絵と同じ方向だけど、戦車はプラモデルトレースです。
基本的に、クルマやバイクより描くのは楽だと思うんだけど、無限軌道だけはご勘弁願いたいですね・・・

garugan-color3 

ガルガンティアのエイミー。
ガルガンティア面白いですね。今期では一押しです。
結構ここまで丁寧な(ゆっくりめな)進行なんだけど、12話でどうまとまるのか気になるところです。
 
BDが4話入り3巻売りという不思議な編成でそれも商売的にどうなるのか気になりますね。
ただ、コメンタリーが「スポンサーの社長連中」なのは、どうなんだろうなぁと少し思っていたり。
個人的にはキャストコメンタリーもガールズトークだけされると微妙なんだけど、どうせならスタッフコメンタリーにして欲しかったという思いはあります。

RAKUGAKI20130327

タブレットがCitiq13HD(液晶タブレット)に代わったということも有り、以前とだいぶ描き方も変えないといけないなってところがあって思案中です。
ただ、ペン入れは断然やりやすくなったので、ちょっと描く量を増やして練習すればよくなってくるかなぁとか。
あとマンガ的なベタとかの使い方を思案中です(元々、漫画をあまり書かない人なので

RAKUGAKI20130328-2 

コミティアで買ってきた本を見ていたら黒髪メガネが書きたくなったというだけの一枚。
このところ影付けはクイックマスクを使うことが多いんですが、マスク無しで以前のようなブラシオンリーでやってみた習作です。
 
RAKUGAKI20130329 

これも習作ですね。
ちょっとぼかしを入れすぎたかなという気はします。 

最近いまいち何を描けばいいのか見失いがちであれです。 
商業の仕事だと、描くものが指定されているのでやりやすいのですが・・・ 

RAKUGAKI20130330b 

ラブライブのスター西木野さん。
ちなみに・・・

RAKUGAKI20130330 

夕焼けバージョン微妙かな?と思って白背景バージョンも。
でも、どっちもいまいちかも。
スカートがちょっと長かったし、いろいろやっつけ感があるような気がする・・・むむぅ。 

コミティア104告知的な

こんばんわ。とむ猫です。

今日の明日ですが、コミティア104でフタナリ合同本(18禁です)に参加をさせていただいています。
「YAKIOTO JA」にて ら-37bです。
詳細はこちらに。 

ガチです。メンバーとか。
なぜここで私などにお声掛けを頂いたのか、未だにミステリーではあるのですが(^^;
ちなみにイラスト一枚だけです。はい。

そんなわけでもしよろしければお手にとっていただければ 

恋旅 True tours Nanto に行って来ました その2

~恋旅の心得~
 ①アプリは先にDLしておくこと
 ②高解像度版データは先にDLしておくこと(ライブラリ→設定)
 ③アプリとは別に地図を用意しておくこと
 ④パンフは最初に入手すること
 ⑤予備バッテリーを準備すること
 ⑥国道471は通ってはいけない

前半はこちら


■2日目の朝も巖浄閣から


2日目の朝は10時に開館のAnother展と福野曳山の観光、福野地域のポスカ入手からスタートです。
ホテルでやることもないので、さっさと福野ヘリオスへ移動して、一発目のAR撮影。ここがポスカ交換所でもあるので、クルマを置き去りにして、朝の散歩がてら巖浄閣の撮影に。

021 
ヘリオスにあるオブジェ。朝からごきげんだなこいつら

022
巖浄閣は旧富山県立農学校の校舎。現在は福野高校敷地内。

022-2
ARでガイドっぽく

しかし・・・時間が余る・・・ので、適当に写真を撮って回る。
(喫茶店でもあればと思ったのですが・・・)

10時前に巖浄閣に列形成されたので並ぶ・・・も、来場記念のクリアファイルは終わってしまったそうな。
ふむ・・・まあ、仕方がないしAnother展しっかり見よう(なお、展示物は撮影禁止)
Another展は、展示としてはかなりこじんまりした感じで、館内を撮影するには逆に人が多かったので、巡礼的に内部の写真撮りたい場合は、平時の方がよさそうかなと思いました。
一応、普段から資料館にはなっているようです。

025 
最初、電気が来てなかったりモニター電源落ちていたり。

ヘリオスの戻りに曳山居たので撮影。
車輪で引くタイプなのですが、結構ギィギィと音鳴るもんですね。

026

で、ヘリオスで無事にポスカ3枚目をゲット。
ここでポストカードブック1冊めも入手して移動。

026-2 

■井波・瑞泉寺~イオックスアローザ


福野からは8キロほど移動して、次は井波です。
距離的にはすぐですが・・・こちらも交通整理が。
警察に聞けばお祭りだというではありませんか。

028

というわけで、井波よいやさ祭り。
子供山車や大人の山車やら元気に移動してました。
子供山車は男女別々なんですねー。

祭りを少し眺めてから、井波のARポイント兼ポスカ交換所の瑞泉寺へ。
門前町がすごく良い感じでした。
アニメ中にも出てきますが、木彫りで有名な場所なんですね。

029
門前町は風情があっていい。井波の町中も良い感じですよ。

030

030-2
行程中、このARに違和感を感じていた正体は「影がない」だった

瑞泉寺は外観が工事中で残念ですが、内装の木彫りは拝観できます。拝観料は300円(ただし撮影は禁止)
門だけでも立派だし、アニメで出てきた蛙の彫り物とかも見られます。
031
 
そして門前町の「よいとこ井波」でポスカ4枚目をゲット。

時間は、すでに11:30です。
私は今日中に千葉に帰らねばならぬ身。
行きの実績で10時間近くかかることがわかっているのです。

というわけで、スパっとイオックスへ移動。

032
イオックスへ向かう道すがら。南砺は平野で360度まっ平らなんですが、その先は北アルプスの山々なので、景色はとても良いです。

033
ジムカーナのイメージが強いイオックスへアニメネタで来ることになるとは

033-2
ここでもガイドっぽく

034-2
ソフトクリームを「大盛り」と頼むのがイオックススタイルだそうです。

035
ジムカーナ駐車場がアニメの聖地になった日

036
作中でも出てきたスイス製ゴンドラ

問題なくイオックスで5枚目もゲット。

イオックスからは相倉合掌造り集落を目指しますが、その途中で桜ヶ池クアガーデンのクライミングセンターにも立ち寄ります。

037 
なかなかのビジュアルだと思う。

037-2
ここでもARっとく


038
アニメとは関係ないけど、桜ヶ池も綺麗です。

■これでラスト!相倉合掌造り集落と五箇山総合案内所


039

五箇山の相倉合掌造り集落と菅沼合掌造り集落は白川郷同様に世界遺産に指定されています。
白川郷(荻町)は、規模も大きく今となっては観光地的な色合いが強いですが、相倉や菅沼は良くも悪くも合掌造りの普通の集落です。
民宿を営んでいるところが多いので、のんびりと宿泊するという意味では良い風情が楽しめるんじゃないかな。

040 

山菜天ぷらそばがすごい美味しそうだったのですが、混んでいて時間がかかりそうだったので、あまり混んでいないほうで普通の山菜そばをいただきました。
この辺りは十割そばなんですね。白川郷はよく来ていますが蕎麦を食べたのは初めてかも。

041
山菜そば。十割のお蕎麦は素朴なお味です。

039-2
ラストのキャラAR

で、AR撮影をしたので最後のポスカ交換所・五箇山総合案内所へ。
042 

コンプリートです!やったね!
なんか五箇山総合案内所のおねーさんがとても可愛かったのも含めて気分がイイね(ぉぃ
042-2 
3枚でポスカブックになるので、6枚だと2冊になります。片方はポスカは空ですけどね。

そして時計は15:30
ここから10時間か・・・まあ、仕方ないですね・・・帰らないわけにも行かないし。

ちょっと後ろ髪を引かれつつ撤収です。
帰り道は、高山市内や松本、小諸など上手く市街を外したこともあってほぼ渋滞なし(高崎でコカ・コーラトラックが事故っていた一箇所だけ)で食事込25時には無事帰宅しました。

なかなか、楽しいドライブでしたので、みなさんも是非恋旅ツアーしてみてください。
普段行かない観光地を飛び回るように移動すると、普段通らない道を通ったりして、初めての景色なんかにも出会えるので良いですよ。

南砺は、どこを走っても景色がいいのでクルマでもバイクでも自転車でも楽しめると思います。

■おまけ


iPhoneの画面だとせっかくのPAアニメがよく見えない。
iPadはあるけど、それでも小さい!とお嘆きの方は、HDMIなどディスプレイ出力ケーブルを使いましょう。

045

大きな画面で見てもすごく丁寧に描かれていていいですよ。
(ただ、iPhone5などのLightningコネクタはフルHD出せないので、一度低出力で出したものをアップコンバートしているので、少し画質が悪いです。完全なフルHDで出したいならiPad3やiPhone4Sでも見れるようにしておくのも手ですね)

あとポストカードブックの中はこんな感じです。
043 

恋旅 True tours Nanto に行って来ました その1

DATA
日付:2013年 5月 2日 04:50~ 3日 25:00 
総走行距離 935km
平均燃費   11.4km

~恋旅の心得~
 ①アプリは先にDLしておくこと
 ②高解像度版データは先にDLしておくこと(ライブラリ→設定)
 ③アプリとは別に地図を用意しておくこと
 ④パンフは最初に入手すること
 ⑤予備バッテリーを準備すること
 ⑥国道471は通ってはいけない


こんにちは。ご無沙汰してます。とむ猫です。

ゴールデンウィークなわけですが、今年は中3日は普通に出勤であまり大連休感もない・・・と思っていたのですが、花咲くいろはオールナイトが2日にあるということで、2日だけ休みを取得しました・・・が残念ながらチケット入手に失敗。

「さて、やることを失ったぞ」

旅行へ行くというのも有りと思いつつも、4日には大洗でガルパンオンリー、5日にはコミティアがあります。
出かけたとしても2、3日だけ。そもそもかなり財政が厳しいから連泊なんかできないんだけど。

■そうだ。南砺行こう


1日に仕事をしながら、ふとそんな言葉が頭をよぎりました。
だってほら「恋旅(※)」やっているし?

※南砺市とPAワークスの共同企画。南砺市を舞台にエリアワンセグとGPS利用の専用アプリで現地でしか見れないショートフィルムを見ることができます。詳しくは 恋旅True Tours Nanto のサイトを御覧ください。


1日の夜にTwitterで迷う素振りのツイートをしていますが、大体私が「どうしよう」と言っているときは、「行く」と思っている時です。ええ、そんな人間なんです。

で、行くと決めても高速は使えない(お金がない)
一般道で400キロというのは、時間的に案外馬鹿にできないので、朝早めに出ようということで1日は早めに就寝・・・のつもりが結局12時だったり。うーむ。
そして、4時に出かけようと思っていたのですが、案の定というか起きたのが4時(^^;
もさもさと準備して結局出発は4時50分頃でした。

■まず高崎までが遠い


高崎からは碓氷峠を超えて軽井沢を抜けて、小諸・・・は市街のペースが遅いので、浅間サンラインで横をすり抜けていく。
まあ、そんなルートで考えていたんですが・・・高崎が遠い。
そりゃまあ距離的に見れば遠いのは当たり前なんですが、頭の中が「軽井沢から向こうのルート」想定でいっぱいだったので、そこに一向にたどり着かないものだからw
んで、多分高崎を抜けたのが8時くらい。下道の高崎は遠いわ・・・

高崎から安中市を過ぎてしまえばこっちのもの。
「田舎者の真髄みせたるわ」と碓氷峠を一気に駆け抜け、軽井沢も想定通り平日2日は混んでない!そのまま一気に浅間サンラインへ。
道の駅雷電くるみの里で一発目の休憩(と言っても、お手洗いとお茶買ったくらい

001

004
どうでもいいけど「ばそみるく」(逆読み)の違和感のなさに驚いたw

ここから松本側に出ますが、普段の私だと上田からR143で通るのですが、何今回は時間が惜しい。
R254三才山トンネルを抜ければ20キロ以上のショートカットになるけど、有料500円。
少し考えたけど、20キロ以上迂回するならガソリン代も300円以上余計にかかるわけだし(Z4の平均燃費は11キロ)、500円なら無駄遣いではないかなとショートカットする方向で。

ちなみにR254にはその先にもうひとつ300円の松本トンネルというのがあるのですが、こいつはショートカット的価値が低いので使用せず(せこい

松本城の脇を抜けて、一気に安房峠行くぞ!
というタイミングで響き渡る不思議な音。

パリーンッ

■ミラーが落ちた・・・だとっ!?(@_@)


まずこの写真を見ていただこう。
005
 
わかるでしょうか・・・サイドミラーに鏡面がないのです。

俄には信じがたいですが、どうやらさっきの音は落ちたミラーが割れた音だったようだ・・・
心持ち的には「そんなバカな・・・」という状態。

嘆いていても仕方がないので松本のBMWに電話をしてみると

「ゴールデンウィーク中はお休みを頂いております(機械音声)」

おい・・・今日は平日だぞ!いい加減にしろ!
その後、石川や富山のBMWは営業をしていることがわかったけど、換えのミラーなどあるはずもなく・・・仕方がない・・・このまま行くか(以後、600キロに渡って整備不良車で走っております。公安関係の皆様、誠に申し訳ございません。

覚悟を決め、そのまま安房峠・・・のここも旧道を通るつもりはないので、安房トンネルで一気に通過。
ああ、空が青いなぁ。ミラーレスでも走れるものだ・・・

とりあえず道の駅奥飛騨温泉郷で2度目の休憩。

006
安房トンネルを越えたあたり。そらの青さでミラーのことを忘れますね

008
道の駅奥飛騨温泉郷はキャンプ場も併設。

008-2
中部圏では五平餅を食べないといけない気がする。でも、ここのはいまいちだった

■道を間違えた


安房峠を抜けた後、本当は高山経由でR156(走り慣れた白川郷ルート)で行くつもりがミラーのことで冷静さを失っていたのか、「富山」という看板の文字にふらふらーっとR471で北上してしまうミス。
途中で気がついたけど、いまさら戻るわけにも行かないので富山側からR472→R471で利賀を目指すことに。

ちなみに利賀から恋旅のエリアになります・・・が、正直このR471はおすすめしません。
高山側からの樽峠も富山側のルートも国道と呼べるレベルではないし、「落ちたら死ぬ」系の道です。路面も「かつてアスファルトであった何か」というレベルの部分が散見されます。
まあ、富山側からは距離が短いので樽峠よりは全然マシそうですが・・・イベント参加者が事故起こしたとか言うのも残念な話になってしまいますからね。
(雨が強かったのと、そもそも「ミラーがない」状況が絶壁の恐怖を増大していたのもありますが)

■利賀だ!パンフゲットだ!誰もいねぇ!


iPhoneのアプリはどうにもマップが見づらいので利賀行政センターでパンフレットをゲット。
009
 
010
パンフレットは作品紹介とともに地図としても結構優秀です。アプリの電池節約に 
 
やはり紙はいいな!見やすいです!
そしてココでショートアニメの利賀編「耀司と千晶」を視聴可能に!
※エリア内で一度ムービーを再生すれば、以後はどこでも見れるようになります。

時間がない(この時点で16:00)ので、まず一番近いARポイント瞑想の里へ。

・・・だれもいねぇ・・・
いや、平日だし。雨だし。閉館時間が16:00だしね!過ぎてますからね!

しかし、建物と一緒にAR写真を撮らねばポスカがもらえぬと・・・
ひとりで来ていると自画撮りの難易度も高いというはなしです。

嘆いていても仕方がないですね。
次のそばの郷がポストカード交換所になっています。交換=人がいるということなので、こっちが16:00までだと今日はお手上げだなぁと思いつつ移動。

011

「営業中」と書いてあるな?アレは嘘だorz
というわけで、そばの郷も16:00終了なのでありました。

駐車場で天を仰ぐとむ猫。
すると地元のおばちゃんが声をかけてくれた。

「あんたアニメの人かい?」

・・・その表現もどうかと思うけど、概ねニュアンスは間違ってない。
そして、なんとお情けで開けてくれると言うではありませんか!

本当にありがとうございました。

012
ここがポスカ交換所。資料館です。

013
わざわざ灯りもつけて頂きました。

014
ここもアニメのワンカットで出ていましたね。そして、実は富山に入ってからはずっと雨です。
 
ちょっとだけ雑談をしつつ、次の目的地・・・時間も時間なのですが城端へ向かいます。

利賀から山ノ神トンネルを抜けてR156へ出て、五箇山を下れば城端です。
五箇山・平地域は、「晴喜と葵」編のエリアなので、走りながらムービーだけアクセス。
ただ、施設はこちらも閉まっているとそばの郷で聞いていたので、今日はスルーしてじょうはな座へ。
五箇山を越えたら雨が降ってた痕跡ないしね・・・山の中だけかっ(>_<

じょうはな座には18:00頃に着。
ここで「匠と夏子」編にアクセスしてこれでムービーは全て見られる状態です。 

015
じょうはな座のポスターがいよいよ大所帯になって来ましたw

015-2
これで全部見れる状態

しかし、問題はポストカード。
じょうはな座でいつものおねーさんと会話してようやくよくわかってなかったルールを理解するとかw

 ・エリアが8個あるのにポスカは6枚  →平と上平、井口と城端はセットなので、ポスカ交換としては6枚だけ。
 ・ポスカは3枚でポスカブックが貰える。なので6枚集めるとポスカブックは2個になる。
 ・ARはエリア内のどれか一箇所とればポストカードと交換できる(とはいえほぼ全て回ることになるけど)

そんな話をしつつ城端分は今晩はもう厳しいですかね-って話をしたら「公式には18:00で閉館ですけど、今日は多分20時までは仕事してます」とのこと。
いや、本当に感謝!ということで「いのくち椿館」へ。でパシャッとAR撮影。
(16:00で施設は閉館だけど、敷地内は普通に入れます)

017
椿館の側で。夕日きれいね~。

じょうはな座へ戻って2枚目のポスカを頂く。ありがとうございました。

■福野・夜高祭と福野高校巖浄閣


この時間だとさすがにもう恋旅は進められないので、このタイミングでライトアップをされているという福野高校の旧校舎巖浄閣を見に行くために移動。
巖浄閣はAnotherの舞台にも使われた建物で、丁度GW中はAnother展もやっています(昼間だけ)
1、2日は、福野夜高祭で巖浄閣のライトアップも日付が変わるまでやっているということだったので、時間的には全然OK

020

福野の夜高祭は、内容を把握せずに行ったのですが、大行灯の山を引いたり、最終的にはぶつけて壊し合うけんか祭りをしたりというアグレッシブなお祭りで12時くらいまでやっています。
本当は最期まで見たかったのですが、寒くて死ぬ(防寒着をコート一枚しか持って行かなかったのですが、それでは耐えられないくらいに寒かった)
祭囃しもいい感じで山も綺麗なので、今度はちゃんと見に行きたいですね。

018
福野駅前のもの。こういうのを最終的にはぶっ壊し合うお祭り

019
で、Anotherなら死んでたでお馴染みの巖浄閣。

ここまでで初日日程は終了。
車中泊も考えてたんですが、寒くて死にかねないのでスマフォでアパホテル砺波駅前を予約。
暖かいお布団で眠りました。

あ、寝る前にアニメ全部見ました。
一本6分くらいのショートフィルム6本なんですが、すごい良かったです。
「恋旅」なんていうくらいなので、基本ニヤニヤ系w
あと、夏子さんが「趣味ジムカーナ」ということで、ジムカ屋にはお馴染みイオックスも登場し、スイフトでジムカ練習していたりと車好きにはたまらないヒロインですねっ!


■その2へ続く

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ