昨日はオリーブの会でした。
6名の方が集まり、今月ものんびりおしゃべりを楽しみました。

今月のテーマは「平和をつくる者」
「こころのごはん」のエッセイから、いろんな話が飛び出しました。

エッセイに記されていた、マザーテレサが愛したという
「平和の祈り」

・・・慰められることより、慰めることを
 理解されることより、理解することを
 愛されるより、愛することを・・・・


「冷蔵庫に貼っておこう!」そんな声も聞かれました。
ママは冷蔵庫に大事なことを貼っていることが多いですよね。
私もですが


その祈りから「かさこじそう」の話が広がりました。
お子さんが宿題の音読で読んでくれるそうです。

おじいさんは寒そうなお地蔵さんを見て、自分の持っていた
かさをかぶせて、さらに足りなかったお地蔵さんには
自分のかさを差し出します。
寒い中おうちに帰ったおじいさんを、おばあさんは
「いいことをしましたね」とあたたかく迎え、そして一文無しのふたりに
お地蔵さんからたくさんのお米や野菜が届く。そんなお話でした。

改めて、そこにある犠牲の愛にみんな感動でした。

世界平和のために、まずは家族を愛してあげてくださいと言われた
マザーテレサ。

「それがいちばん難しい〜」
ほんとです!家族のために自分を犠牲にするのは当たり前のようで
実は難しいことのように思います。

今は、おじいさんのように自分を犠牲にして
かさを差し出すことができなくても
きっといつかそんな時がくるのではないでしょうか。

震えるわたしたちのために、かさどころか命を差し出してくださった
イエス様の愛が本当に心に届いたとき、
きっと私たちの心も解かされていくような気がします。


日曜日からアドベントが始まります。

教会もクリスマスになりました。
FullSizeRender












また来月もこの場所で。
この一か月も守られますように


<今月のみことば>
平和をつくる者は幸いです。
その人たちは神のこどもと呼ばれるから。
マタイの福音書5章9節


・・・・・・・・・・・・・・・

オリーブの会・12月


◯12月11日(金)10:30〜12:00
冬休みなので、いつもより早いオリーブです

◯八千代聖書教会 1F 会堂にて


聖書が初めての方でも
どなたでもご参加いただけます


お申し込みは不要です
どうぞお気軽におしゃべりしに来てくださいね