趣味

2008年02月14日

今日はバレンタインデー、ですよね。
バレンタインデー、誰かにチョコあげますか?
最近は義理・本命だけじゃなくて、自分へのご褒美チョコや、友チョコ(友達にあげる)なんてのが盛んですが…
私の場合は現在あげる対象が1人しかないので、楽っちゃ、楽です(笑)

しかし…
結婚している方、旦那様へのチョコレートは手作りしますか?それとも買いますか?
続きを読む

(23:06)

2008年01月20日

昨日から妊娠7ヶ月目に入りました。早いといえば、早いですね…

今日はどういうわけか、家族全員一歩も外に出ず、家で過ごしていました(^^;)
別に体調が悪かったとかいうわけでもなく、みんな元気だったのですが(私とサナエは鼻風邪ひいてますが)、外出の予定もなく。
私なんて昨日も今日も一日中家にこもってます(笑)
ま、明日からはまた普段の日に戻るわけで。たまにはこんな週末もいいかな(?)

そんなわけで今日は適当なことをたらたらとつづります。続きを読む

(23:59)

2007年08月26日

安彦良和原画展どうもこの春から、私の元(?)オタク心をくすぐるようなイベントがちょくちょく発生しております。大好きだった「地球へ…」がテレビアニメ化されたり、海洋堂展があったり…
そして今回は「安彦良和原画展」!
続きを読む

(23:59)

2007年04月24日

最近気になっている調理道具が、炊飯器とフードプロセッサー。
先日も図書館で炊飯器クッキングやフードプロセッサーを使った料理の本を借りたり、友人からもフードプロセッサーで作るお菓子の本を借りたり。
ちなみに以下がその本です。
炊飯器でおいしいレシピ―決定版

フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ-どんどん作りたくなってくるおかずとお菓子とパン91点

フードプロセッサーでお菓子革命―あっけないほど簡単な新しいお菓子のレシピ

フードプロセッサーでパン&デザート革命

今日は「フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ」の中から、チーズケーキを作ってみました(またしても写真撮るの忘れたな〜)。
クリームチーズに生クリーム、サワークリームと乳製品3種使用のレシピで、材料を入れてプロセッサーでガーッと混ぜて、型に入れて流すだけ。とてもラクチン。
材料費がけっこうかかるので買ったほうが安いかも(笑)と思いましたが、できあがりは上々で、Kさんには大うけでした。
ちなみに私が持っているプロセッサーは実家から譲り受けたふるーいふるーいナショナルの機種。最近のナショナルのはパン用の羽もついていて、パン生地がこねられるのですが、この機種は古すぎてその羽根も対応していません(T_T)。
通っているパン教室推奨のプロセッサーもいいなーと思いつつ、でもホームベーカリーもあるし、ブラウンのマルチミックスも買っちゃったし、それほどヘビーユーザーでもないし、もったいないなーと思って、当分はこの古いのを活用していくつもり。


(23:59)

2006年08月15日

Kさんにサナエあずけて映画館行ってきました。
ジブリ最新作「ゲド戦記」。
原作はアーシュラ・K・ルグゥインの児童文学ですが、私、中学生の時に読んで以来のファンなのです。
ファンタジー数ある中で、指輪物語より、ハリポタよりもこの作品が好き。
でもどちらかと言えばマイナーな作品で、巷で取り上げられているのをほとんど見たことがなかったので、ジブリが映画化すると聞いて正直びっくりしました。
そして宮崎駿ではなく、息子の宮崎吾朗が監督すると聞いて2度びっくり。
宮崎さんに息子がいたって知らなかった…(笑)…いやこれは失礼。

で、映画見た後の率直な感想は。

これを「ゲド戦記」だと言ったらファンが怒るよ、てな感じ。
熱心な宮崎ファンの素人が、宮崎アニメっぽい映画を頑張って作りましたって感じ。
何というか…一つの映画作品としてなってない感じ。
見ているうちに、何だか私が中学生の頃、「ゲド戦記」に触発されて書いたファンタジー小説(^^;)を思い出しましたよ。
…そのくらい、造りが子供っぽくてちゃっちいってこと。

そもそも「ゲド戦記」自体、映像化するのはとても難しい作品だと思うんですよね。
「指輪物語」なども、そう言われてきたけど、あれは技術面の問題が大きかったと思う。
「ゲド戦記」はたとえ技術が進歩しても、その独特の世界観や内容からして、相当力量のある人でなければ、映像化・映画化するのは困難だと思うのです。
まして、映画を作るのは初めてという素人=宮崎吾朗さんでは、とてもとても。

ただ一つ、歌と音楽は、私好みで気に入りました。
だから文句言いながら、しっかりブックカバーとサントラを買ってしまった(^-^;)
テルーの歌覚えて、子守歌に歌ってあげようかな、なんて。ハハハ…

さて作品の内容に関わることをもう少しだけ、以下にコメントしておきます。
ネタバレありなので、これから見ようと思っている人は読まないほうがいいかな。
続きを読む

(23:59)