『ジャッジメント‐NY法廷ファイル』

ジャッジメント



オススメ度『★★★☆☆☆』星2つ!!


ジャンル『リーガルミステリー』


1話完結もの 全13話 シーズン1で打ち切り




○3行超簡潔ストーリー○

・ロースクール時代同級生だった2人。

・検察側と弁護側に分かれて事件を解決。

・最後の最後でジャッジ。



○オススメ ストーリ○

・第8話『未解決事件』


この回は、キャストがメッチャ豪華!!

『HOME LAND』の ソール役(マンディ・パティンキン)

『ブレイキング・バッド』のハンク役(ディーン・ノリス)

『New Girl‐ダサかわ女子と三銃士』のシュミット役(マックス・グリーフィールド)

が出演!!!


・ストーリ

酒店で襲撃された女性が、10年間目覚めることなく死亡。
父親は、『暴行罪』で矯正施設にいる犯人を『殺人罪』で起訴することを決意する。

『過去の暴行罪を殺人罪にできるのか!?』



○感想○

ミステリーにしては、簡潔で見やすいし、ところどころに出てくる名言もアメリカドラマっぽい。
『行動してこそ正義』『優秀さとは 行為ではなく習慣』とかね。

キャスリンがちょっと不器用すぎるかな
ヨガだの太鼓だの色々やるねんけど、どれもあまりピンとこないねん。

ジミーの、微妙なチャラチャラ感(笑)

会話の内容は結構キャッチーな感じがするから子供から大人まで楽しめる感じ。

『検察側』と『弁護側』両側を見れるドラマってこれまで見たことなかったから、新鮮やったし勉強になった。

最後の最後に『有罪』『無罪』が分かるようになってるから自分でもジャッジしちゃう(笑)


このドラマで勉強になった1つを紹介

『有罪=guilty』 『無罪=not guilty』

有罪ではない!!っと言う、表現。

『重い』の反対が『軽い』ではなく。

『重い』の反対が『重くない』っと言う表現。


あなたは、有罪ではないだけで、100%無罪だというわけではありません。

っていう表現。これには、へぇ~ってなった(笑)