僕らの必修科目

豊かさの探求、地球人Cake Kによる連載随想録

恋愛も夢も仕事も遊びも、何一つ欠けちゃいけない、僕らの必修科目。

地元のイオンでタコスフェアが!

FullSizeRender


メキシコ料理食べたい!

でも今回買ったのはコレ

FullSizeRender


ザワークラウト
キャベツの漬物
ホットドッグに入ると最高に美味い!

Netflixの『The Get down』でも
DJクール・ハークが催す
ブロック・パーティーのシーンで

母親が作ったホットドックに
ザワークラウトを入れるか
入れないかの件があったけど

あれは事実というか
語り草としてあったのだろうか

ま、とにかく美味いのです。

『さよならジュピター』観た
by Amazon prime


71FN1VLZt7L._AC_SL1442_



1984年東宝(自分は高校二年生)
原作・脚本・総監督 小松左京

当時、なんか凄い映画だよ!
みたいな宣伝をメディアでアピールしてて

へー、
スターウォーズや未知との遭遇を
経験している日本人に
日本が作るSF映画ってどんななの?

と興味はあったけど、結局観なかったな
理由は忘れた

忙しかったのかな


D2MK5IvUYAIZ9hw



大人になって観てみると
それはそれで面白い

なんか歪な感じが
良くも悪くも掘り下げたくなる

この作品のどこにお金を掛けていたんだろう、とか
いや、多分いろいろあったんだよ
当時は高価でも今はコストがかからない例は
いくらでもあるし

ウィキペディアなど参照してみたら
それなりに色々あったのね
面白い

今は凄いよね
このレベルの作品なら
海外のYouTuberだって作れちゃう

どの作品も
誰か一人の強い熱意とか感じるよね





話は変わって
『バックトゥザフューチャー』も
当時リアルタイムで見逃していた


91dwcMJp6gL._RI_



年を取って観たら、世間の評価とは裏腹に
何も感じなかった

やっぱり映画は
なるべく公開時に映画館で鑑賞するべき

『さよならジュピター』も
少しは印象も違っていたかもしれない

ブログ更新・・・

何か得体のしれない
義務感に苛まれる毎日

でもそれに反する自分もいたりして
そんなこんなしている間に
社会は再び動きだしているみたい

もう6月、梅雨入りだよ
今年はどんな決意で走りだしたか・・・

このブログだけは
最低でも週一で更新していこうと
固い意志で始めたはず

どんな話題でもいいじゃないか
とりあえず走らせていこうよ


IMG_9393



リモート社会になってから
得た情報といえば
全てがテレビからの受け売り

それよりも面と向かって
あの人が呟いた
何気ない一言が生々しかったり

人と会うことの価値を再認識できた

だから
リモート社会の全てが悪いわけじゃない





部屋が散らかっている

人生は続く

今日はとくにテーマは無し

悶々とした日々の中で
目に見えた成果は無いことも無いけど

取るに足らないことなので
ここでは書かない



とにかくキーボードをパンチして
丁度フリースタイル・ラップのように
指を動かしてみよう

たかがブログ
有益な情報を提供しようとするから
進まないのだ

関係ないけどここで画像をアップ

E9F34D2F-7E3B-4128-B371-A204ADB0B42F


『ウォーキングデッド』が
シーズン最終話を目前に放送延期

ま、理解もできるけど
今回の事態の深刻さを
こんなところで実感するとは

『ウォーキングデッド』といえば
過去のエピソードでこんなようなことを
誰かが言っていたっけ



『みんな既に感染している』




アタマが冴えて来たところで
一応落ちたのでここで
終わらせておこう




最後にタイトルをつける
タイトルはやはりコレだろう

ベター・コール・ソウルの
シーズン5が始まってるね by【Netflix】

rectangle_large_type_2_ba239db89e73d6438e83ebe26d358e84


年を重ねるとね
見た目に地味だけど実は熱い
そんなドラマがちょうどいい

IMG_9221



小学生の頃
時代劇を習慣のように観ていた
両親の気持ちが解らず

時代劇のどこが面白いのか
訊いたことがあった

両親は答えられなかったな

いや、今は時代劇も悪くないと思う
少し話がそれたけど

年を重ねても情熱はあって
ただ一日や二日で
成し遂げられるものではないから

表面的には
地味に見えるかもしれないけど

一日一日が大事なのよね


IMG_9229



小さな一歩の積み重ね
これこそが夢を掴む
唯一の方法なのだ

実家に帰ってきました

IMG_9196


何歳になっても実家は落ち着くよね


この色
ツバが出て来る

IMG_9179


うちの母は
美味い梅干しを探してくるのが上手だ

あの昭和のしょっぱい奴ね

いくつか分けてもらってきた

IMG_9201


充実した三連休でした

『マンダロリアン』シーズン1

勿体ぶりながらも
全チャプター観終わってしまった

tumblr_1fbe31287ff0f333a54b443d65bde335_03587253_640


8話しか無いなんて短すぎ

にしても
『ローグワン』のクオリティーで
TVドラマシリーズが観れるなんて

ほんといい時代になった

IMG_9047



思えば1980年に公開された
『帝国の逆襲』で少しだけ出てきた
ボバ・フェットのキャラクターデザインに
昭和世代の僕らはヤラれた

今回ルーカスフィルムは
もっと見たいというファンの願いに
『マンダロリアン』というかたちで
応えてくれた

というのもボバやジャンゴは
マンダロリアンではないらしい



それは良しとして
昭和世代は子供のころ観た
『人造人間キカイダー』で
キカイダ―よりハカイダ―の方が
滅茶苦茶人気だったのを知っている


昭和40年代キッズは
ハカイダ―で
悪役の美学を学んだ



そんなハカイダ―と
バウンティーハンターが
個人的になんかダブる

ルーカスフィルムの人達は
ハカイダ―を知ってるのかな

話は尽きない



とにかく『スターウォーズ』の
イイとこ取り盛り沢山で出来た
『マンダロリアン』

IMG_9058


ポテトサラダを抱えて観る
至福の時間は終わってしまった

次に進もう

2月1日(土)幕張を攻める

区画がデカいね!

IMG_8873


イオンモール幕張新都心
とにかく広い!
地元イオンとは大違い

IMG_8867


イオンシネマで映画を観てきました
『キャッツ』by ウルティラ

IMG_8881


フードコートも滅茶苦茶デカかった

IMG_8893



店のセレクトも良いね
フードコートチェッカーの自分としては
これは羨ましい

土曜日でも人が疎らで

心なしか
ここで見る人たちは物腰も穏やか

欧米の郊外のショッピングモールって
こんな感じなんだろうか

郊外ってのもイイね
問題は都心の空洞化だよね

そんなこと考えながらぶらぶら
いつの間にか日も暮れて

IMG_8886


一日楽しめた幕張新都心でした


あっという間に2月
今年はどんな年になるか


取りあえずマスク装着率高かった

1月25日(土)

クソ寒いね

豊洲のバーミヤンは
小さなレストラン

ビールの中を
タクシーが通る・・・つって

IMG_8841


まったりしているけど
悶々としている自分がいます

最近ホント世間が
世界が目まぐるしく変化していると
感じます




1月26日(日)
オヤジブレイカーズ新年会

IMG_8844


時間が取れた4人だけが集まった
ヒャクちゃん、今度飲もう!

近い将来

好きなことだけをやって
それが間接的に人の役に立って
報酬が得られて
それを仕事と呼べる人が
どっと増えるかもしれない


又は一日3時間くらい働いて
生活できる世の中がくるかもしれない


現金を見たことがないという
子供たちは出て来るかも


生きているだけでありがたいのに
その上
学ぶことが出来たり
夢を掲げることもできたり
プラスアルファが半端ない


取りあえず釜飯で締めて
四人の初老は何を思う


次なる一手は・・・
オヤジブレイカーズは続く

1月19日(日)
思いがけず迎賓館の中を
見学することができた

スケジュールさえ合わせれば
事前予約とか無しに入れるのね
知りませんでした

これは裏庭

IMG_8814


料金は2000円

飛行機に乗るときのような
機会を通す厳重な手荷物検査があり
 
室内は撮影禁止でした

中の印象は
『厳か』でなく『パーティー』って感じ
贅を尽くしていたね

DJとか入れてイベントやったら
楽しいだろうな




こちらは正面

IMG_8829


日光の関係で
ロシアとかに見えなくもない

建築様式は西洋風
絵や彫刻の細かなデザインを見ると
兜や日本のモチーフが
隠れミッキーのように見つかり
それはそれで楽しい

言い方変えると
実はこだわりが無い

良くいえば柔軟性がある
これが日本の良いとこなのかな


宗教に関しても寛容なのがわかる

キリスト教に則って結婚式して
仏教に則って葬式するわけだから




世界の端っこにある
小さな島国ニッポン
クールだね

↑このページのトップヘ