CA・キャビンアテンダントになる!就活成功術

客室乗務員になるために自己分析をしてエアライン5社合格した経験を基に、就活成功術をお伝えしている元国際線CAのブログです。

タグ:エアライン


客室乗務員に合格するためのリクルートスーツの選び方


こんにちは!
自己分析専門エアラインスクール"CAラボ”山岡です。

こちらの記事は新しいブログにお引っ越しいたしました。
お手数ですがこちらへどうぞ









人気ブログランキング

こんにちは!自己分析専門エアラインスクール"CAラボ”山岡です。


自己分析をしているときにでてくる自分の未来像

あなたはどのように考えますか?

まずはこの動画をみてください。
2050年のエアバスのキャビン(機内)です。
 

いかがでしたか?
空を一望できるキャビンすごくないですか

将来の飛行機はファースト、ビジネス、エコノミーという分け方ではなく、飛行中にやりたいこと別に位置が変わるというコンセプトらしいです。

将来を考える上で、明確なのは、現在よりもっと優れた技術や発明が現れ、


人の生活やモノの価値観が変わる
ということ。

未来が今と同じなんてことは、誰も思わないですよね。

逆に10年前を思い出してみましょう。
10年前にスマホはありましたか?
LINEやフェイスブック、ツイッターなどありましたか?

ところが、将来の自分像を考えるとき、たいていの人は自分の将来像だけを考え、まわりの環境の変化や価値観の変化は現在のままということが多いのではないでしょうか?

 そうならないためには、自分の将来像や、やりたいこと、働きたい会社を考えるとき、自分の将来という軸と社会の変化を考える社会軸、二つの局面から考えていくといいですよ。


それにしても、本当に将来どのような技術が開発されて、私たちの生活に関わってくるのか楽しみですね。

野村総合研究所によるとロボットや人工知能に49%の人が将来仕事を奪われる。という試算がでてきています。

そこまでになるには、まだ時間がかかると思いますが、

CAの仕事やエアラインもどのように変化していくのでしょうか?

世の中の仕事に対する価値観はどのように変わっているでしょうか? 
 

そんなことを考えながらやる自己分析は、自分の将来を考える時に役立ちます。

人気ブログランキング

l_151

こんにちは!CAラボの山岡です。
合格の知らせを受講生の方からいただくたびに思うことがあります。


それは、「自分を信じる」ことの大切さ!


客室乗務員になると決めて何度も辛い経験して、

私は客室乗務員に向いていないのではないか、
なれないのではないかという不安な気持ちを持ちながら、

時にはエアライン受験から少し離れたりもしたけれど、
CAになるという気持ちを再び強く持ち、また受験に挑戦。


エアライン受験だけでなくうまく物事を運べる人は、自分を信頼しています。


自分の中の不安や恐れよりできると信じて物事にぶつかっていきます。

 

実績や経歴があるから自信をもてるのでは?と考える人もいるでしょう。

 

エアライン受験で言えば


英語がネイティブレベル

 

こんな自分だったら自信が持てるのになぁ、なんて思っている人いませんか?
これは単にたとえであって必ずしも合格に必要ではありません。

 

客室乗務員になろうとしてそのような考えが浮かんだ場合、

 

自分を信用できる人は、英語力を少しでもアップできるよう努力する。

行動を起こして、少しでも自分の思い描く理想に近づくよう自分を磨いています

 

けれども自分への評価が低い人は、そんな帰国子女レベルなんて今からなれない、その場にとどまっています

 

エアラインを目指して準備している中、人と比べて

 

あー私は全然いけてない

 

英語もやろうと挑戦するけれど、TOEICの点数がなかなか上がらなかったりすると、やっぱり私英語が苦手!と自分で否定的な評価をしてしまう。


こんなふうになっていませんか?

 

人間ですから、誰しも気持ちに波があって仕方がないのです。
私もそうでした。


でも、あるとき

だめ!だめ!こんな自分イヤ!変わりたい!


自分に自信を持ちたい!


自分はこれでいいんだというふうになりたい!


こう思ったらチャンス到来。
次のステップに行け!という合図です。

自信を持つために、
まず雑誌やネットに載っている合格者の方の体験談など読むといいですよ。


合格した人はなれるかなれないかを悩むのではなく、自分の課題を克服するために具体的な行動に移していることがよくわかります。


CAになれるかどうかを悩んでも、何も変わらないし解決しません。
それより、どうやったらCAになれるのかを悩みましょう!! 

CAになるには、自分に何が必要なのか?を考えて、今やるべきことに集中。これしかない!



 

 


↑このページのトップヘ