January 14, 2008

「秋日和」を観ました3

5673f9a4.jpeg「秋日和」
1960年日本

監督 小津安二郎
出演 原 節子
   司葉子

あらすじ
 麻布の寺で、三輪の七回忌の法要が行われた。三輪の学生時代の友人、間宮、田口、平山の三人が久しぶりに集まる・・・と、いう話。





原節子と司葉子の物語と、佐分利信、島津雅彦、中村伸郎のお馴染み三人組の物語というふたつの物語で構成されているように感じました。
岡田茉莉子がそのふたつの間をうまく行き来している感じでした。

岡田茉莉子が怒ったり諭したり、しんみりしたりはしゃいだりと、いろんな表情をみせてくれてとても楽しかったです。
それに翻弄されるおじさん三人組もほのぼのしてて和みました。


原節子と司葉子が親子という、贅沢な設定に違和感を感じたのも最初だけ。
終盤二人で温泉に行き、なんでもない会話なんだけどしんみりと絆を確かめ合うように話す二人が、環境は変わってもその関係がいつまでも変わらない感じがしてホッとしました。


calamityjane0221 at 11:07│Comments(0)TrackBack(0) 小津安二郎 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔