2014年06月23日

テスト

あくまでテストです。
もし、あなたが以下でクリックして買って読んだ結果、騙された(と思った)としてもこちらに苦情を持ち込まないで下さい。

通信の数学的理論 (ちくま学芸文庫)
通信の数学的理論 (ちくま学芸文庫)

目次
----------------------------------------------------------------
通信の数学的理論への最近の貢献(ワレン・ウィーバー)
通信の数学的理論(クロード・E.シャノン)
I 離散的無雑音システム
II 雑音のある離散的通信路
III 連続情報
IV 連続通信路
V 連続情報源のレート
付録
訳者解説
-----------------------------------------------------------------

個人的には、最後の”訳者解説”は一読(いや間隔を空けて二読)の価値ありかと。

確率論初歩が既知の方には、上記シャノンの本と対に、以下の本が薦められているようです。

情報理論 (ちくま学芸文庫)
情報理論 (ちくま学芸文庫)

私は甘利さんの本を読んだことがなく、本屋にもありませんでした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/calc/51924668