2014年06月24日

苦手な分野の勉強

11年前のことですが、私には苦手な分野がありました。それは

代数学全般


です。具体的には、

ガロア理論



加群
多元環
(コ)ホモロジー代数
表現論(の代数的部分)

などなどです。

代数学の本は何回読んでも時間がたてば元の木阿弥という印象でした。
子供が海岸の砂浜で何かを作ろうと砂を盛るのですが途中で厭きてしまい、そこを離れる。そしてふと砂遊びを再開しようと戻って見ると、波で跡形もなく平らになっている。


その典型的(失敗)例が群論でした。

いずれ征服しなければならない山、群(有限群)論に取り組んでみようと思い、次の本で勉強開始。

群の発見 (数学、この大きな流れ)
群の発見 (数学、この大きな流れ)

ところが相変わらず進まない。かろうじて読み終わってもしばらくすると、ほとんど忘れておりわかった気がしない。その繰り返しでした。


そんな状況の克服をまずは少人数募集し、期間と目標を決めてやってみたい、というのがブログ再開の一つの理由です。
期間は原則1年間(延長で2年も可)。
いろんな問題、検討事項山積、詳細未定ですが、近々募集をかけたいと思います。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/calc/51924837