2016年01月23日

「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」★★★☆☆

毎年恒例VSシリーズ。
トッキュウジャーは面倒事があるとちょくちょく呼ばれてる感じなのが気になる。
いつものように共闘ですが、絵面的にはVSっぽくなってるのも上手い感じ。
シャドーラインの追加ボスの小物感が強いのでちょっとパンチが弱い気はする。

cale000 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「ザ・ウォーク」★★★★☆

1975年、NYワールドトレードセンターのツインタワーの間を綱渡りしたフィリップ・プティを描いた映画。
それこそ狂人の如き思考だが、実現のための努力と共犯者集め、下準備の侵入と必要機材の準備と、綿密な計画を立てて実行する様が映画の半分以上を占めている。建設当時のビルの様子も再現。
4Dだとバランス感覚の臨場感が増すが、まあ無くてもいいかもしれないが…3D映像の迫力は圧巻される。高所恐怖症にはオススメしない。

cale000 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年01月16日

「白鯨との闘い」★★★☆☆

ロン・ハワード監督。白鯨のモデルとなったアメリカの捕鯨船エセックス号の海難事故を描く。
白鯨の作者ハーマン・メルヴィルと、船の生き残りの証言という形で話が進行する。19世紀の捕鯨市場の仕組みが描かれているので色々勉強になる。
ほぼ海のシーンなのと、グロテスクな話も含まれるので、そこは好みの差があるかもしれないが…。

cale000 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年01月11日

「ガラスの花と壊す世界」★★☆☆☆

ポニーキャニオンのアニメ化大賞作品「D.backup」いよいよ映像化。…とまあ期待を煽ったところで、もうちょっと何かあればなぁと思うような出来でしたが。
かつての人類の世界を丸ごと記録したアーカイブ「知識の箱」に発生するウイルスを駆除していく人型セキュリティプログラム、デュアルとドロシー。仕事中に発見した記憶喪失の少女リモと出会い、様々な世界を巡りリモの正体を探していく。
本来あり得ないプログラムの感情とか、ウイルスの発生原因とか、話の核であるリモの正体とか、もうちょっとわかりやすく面白いことに出来たような気はするんだが、どれも今ひとつ盛り上がりに欠いたまま終わっている。

cale000 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「ブリッジ・オブ・スパイ」★★★★☆

スピルバーグ監督、コーエン兄弟脚本、トム・ハンクス主演と全力で獲りに行ってる組み合わせだなあと思いつつの、冷戦時代のU-2撃墜事件の米国とソ連のスパイ交換をドラマチックに描いた映画。
主人公のジェームズ・ドノヴァン弁護士の視点から描かれ、憲法による正義を掲げてソ連スパイの弁護する中、偏見から来る理不尽な圧力や暴力に屈しない姿勢の勇敢さがしっかり出てきている。
米国の交渉役としてベルリンへスパイ交換の手続きに赴き、2人の米国人を救うために正義を貫く様が描かれる。

cale000 at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年01月09日

「傷物語 鉄血篇」★★★★☆

制作発表からえらく長いこと待たされた気がするががようやく第一弾。本編64分、通常料金は1500円だ。
話が軌道に乗ったところで終わって、次は夏まで待つような展開だが。
物語シリーズの時系列としてはまだ極普通な一般人の頃の阿良々木曆とキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの出会いが描かれるところからなので、初めての人にも良い気はするんだが…何分キャラクターの背景を理解してないとブツ切り感がハンパないのは否めない。
クオリティは本編以上にキャラクターはオーバーに動くので、映像的には完成しているものだろう、きっと。

cale000 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2015年12月28日

「ピエロがお前を嘲笑う」★★★☆☆

ドイツ映画。新興ハッカー集団CLAYのメンバー、ベンヤミンが尋問室で語り出す殺人事件の一部始終。
騙される!みたいな宣伝してもなぁ…みたいなところはあるが、ハッカー集団を描いたクライムサスペンスとしての完成度は高めです。
アングラのソーシャルネットを表現した仮面舞踏会的なイメージ描写もなかなかインパクトがある。

cale000 at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「クリード チャンプを継ぐ男」★★★★☆

ロッキーシリーズの流れを汲む、アポロ・クリードの息子アドニスが主人公のボクシング映画。製作のスタローンと共に映画を作ったのは、若手監督のライアン・クーグラー。
孤児の頃にアポロの妻メアリーに引き取られ順調な人生を歩むも、父親譲りのボクシングへの情熱から家を出てプロボクサーへの道へと進むため、今や老いたロッキー・バルボアにコーチを依頼する。
シンデレラボーイの熱いヒューマンドラマは健在。トレーニングに恋人とのロマンス、そして公式試合へ…とロッキーの生き写しな展開だが、偉大すぎるクリードの名前にプレッシャーなど、様々な苦悩がアドニスに押し寄せる。そしてロッキーもいよいよ…。

cale000 at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2015年12月18日

「スター・ウォーズ/エピソード7 フォースの覚醒」★★★★★

ネタバレはなしで。
JJエイブラムス監督、スター・ウォーズが好きだったんだな、そうか、よくやった。期待通りだ。これは間違いなくスター・ウォーズだ。スター・ウォーズすぎるぐらいスター・ウォーズだ。あの独特のワイプ演出といい音響といい音楽の使い方といい展開といい…スター・ウォーズだ。
あんまり新しいチャレンジに過剰すぎないというか、まずはこれを見て安心してくれという計らいだな。うんそうだ、そうに違いない。見よう。

MX4D初体験でもあった。カメラの動きに合わせて座席が動き、煙が出るシーンはスクリーン前にうっすら煙が登る。ブラスターを撃つところで天井に仕掛けられたフラッシュが光り、こちらに向かって風が吹きつけられる。アクションに合わせて座席の一部が振動したり、匂いは…鼻はあんまりよくないのであんまり感じられなかったが…確かに臨場感は抜群だ。きっとスター・ウォーズぐらいの超大作でないとこのあたりの調整は上手にされないだろう思われるから、追加料金1300円を考えると1度ぐらいはいいかなといった感じ。

まあ、そうだね、スター・ウォーズのファンなら間違いなく見よう。

cale000 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2015年12月12日

「仮面ライダー×仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス」★★★☆☆

タイトルも長くなってきたな。

ドライブの最終回後とゴーストのパワーアップお披露目。今回は1本のストーリー。ドライブ最終回でゴーストと共闘したことは無かったことになってたり、割とアッサリとドライブに再び変身してしまうのは少々マイナスポイント。
ルネッサンス期の眼魔やロイミュードの復活、10年前の世界と現代が交錯するストーリーは、時間を利用した展開も用意されていて面白い。
でも仙人と課長のオッサンにしかわかんないモノマネシーンはあんまり需要ないと思います。
色々と凹凸はあるものの、ラストシーンですべて許せる感じはある。

cale000 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives