2014年09月

2014年09月14日

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」★★★★☆

マーベル原作映画の新シリーズ。既に続編も決定しているようだ。
地球人・アライグマ・木・緑肌ヒロイン・スキンヘッド筋肉バカの5人のアウトローが出会い、私利私欲のついでに銀河の平和を守るために戦う。ノリは軽く動きは大胆、実にコミックヒーロー的なアクションが心地良い。
銀河の様々な星を巡るスケールの大きさと、それに応える映像の完成度の高さ。メンバーの掛け合いのノリも楽しいぞ。

cale000 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」★★★★☆

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」より始まった猿の惑星新シリーズ第2弾。
キャラクターは人間側は一新、猿側はシーザー、コバ、モーリスなど前作から引き続き登場。全編通して好戦派と穏健派の対立をテーマに描かれる。
前作から10年、電力供給のために猿の住む森にある水力発電所の調査に来た人間と猿との間で発砲事件が起きるところから始まる…。
WETAのVFXによる猿は違和感なく実写映像に溶け込むのはさすがの出来で、猿だけの間で話が進めるシーンも多い。だが猿は進化10年程度ではまだあんまり喋ることはなく、ジェスチャーと字幕表示なのでそこは少し煩わしいかもしれない。

cale000 at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2014年09月06日

「イントゥ・ザ・ストーム」★★★★☆

スティーブン・クォーレ監督の最大級の竜巻の恐怖を描く。比較的低予算で製作された…とは到底思えない迫力である。
アメリカ西側の小さな町で破壊の限りが行われる竜巻。竜巻の中の撮影をするために装甲車で先回りする竜巻ハンター、ハイスクールの教頭と息子兄弟の救出、youtube動画製作バカ組、多角的な視点でストーリーは描かれる。テンポ良いし竜巻描写も4本同時、火炎竜巻、そして改良藤田スケール最大のEF5と、自然の脅威もしっかりと描かれる。

cale000 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「攻殻機動隊ARISE border4 Ghost Stands Alone」★★★☆☆

ARISEシリーズ完結編。
疑似記憶ウイルスをテロ行為に使った事件が発生し、素子のチームが動き出す。
9課設立という終着点へ向かって、ゴースト関係の話をメインに進行…するのはいいんだが話がどんどん複雑化・長台詞になっていくのでちょっと辛いところが。

cale000 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives