2015年12月

2015年12月28日

「ピエロがお前を嘲笑う」★★★☆☆

ドイツ映画。新興ハッカー集団CLAYのメンバー、ベンヤミンが尋問室で語り出す殺人事件の一部始終。
騙される!みたいな宣伝してもなぁ…みたいなところはあるが、ハッカー集団を描いたクライムサスペンスとしての完成度は高めです。
アングラのソーシャルネットを表現した仮面舞踏会的なイメージ描写もなかなかインパクトがある。

cale000 at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「クリード チャンプを継ぐ男」★★★★☆

ロッキーシリーズの流れを汲む、アポロ・クリードの息子アドニスが主人公のボクシング映画。製作のスタローンと共に映画を作ったのは、若手監督のライアン・クーグラー。
孤児の頃にアポロの妻メアリーに引き取られ順調な人生を歩むも、父親譲りのボクシングへの情熱から家を出てプロボクサーへの道へと進むため、今や老いたロッキー・バルボアにコーチを依頼する。
シンデレラボーイの熱いヒューマンドラマは健在。トレーニングに恋人とのロマンス、そして公式試合へ…とロッキーの生き写しな展開だが、偉大すぎるクリードの名前にプレッシャーなど、様々な苦悩がアドニスに押し寄せる。そしてロッキーもいよいよ…。

cale000 at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2015年12月18日

「スター・ウォーズ/エピソード7 フォースの覚醒」★★★★★

ネタバレはなしで。
JJエイブラムス監督、スター・ウォーズが好きだったんだな、そうか、よくやった。期待通りだ。これは間違いなくスター・ウォーズだ。スター・ウォーズすぎるぐらいスター・ウォーズだ。あの独特のワイプ演出といい音響といい音楽の使い方といい展開といい…スター・ウォーズだ。
あんまり新しいチャレンジに過剰すぎないというか、まずはこれを見て安心してくれという計らいだな。うんそうだ、そうに違いない。見よう。

MX4D初体験でもあった。カメラの動きに合わせて座席が動き、煙が出るシーンはスクリーン前にうっすら煙が登る。ブラスターを撃つところで天井に仕掛けられたフラッシュが光り、こちらに向かって風が吹きつけられる。アクションに合わせて座席の一部が振動したり、匂いは…鼻はあんまりよくないのであんまり感じられなかったが…確かに臨場感は抜群だ。きっとスター・ウォーズぐらいの超大作でないとこのあたりの調整は上手にされないだろう思われるから、追加料金1300円を考えると1度ぐらいはいいかなといった感じ。

まあ、そうだね、スター・ウォーズのファンなら間違いなく見よう。

cale000 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2015年12月12日

「仮面ライダー×仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス」★★★☆☆

タイトルも長くなってきたな。

ドライブの最終回後とゴーストのパワーアップお披露目。今回は1本のストーリー。ドライブ最終回でゴーストと共闘したことは無かったことになってたり、割とアッサリとドライブに再び変身してしまうのは少々マイナスポイント。
ルネッサンス期の眼魔やロイミュードの復活、10年前の世界と現代が交錯するストーリーは、時間を利用した展開も用意されていて面白い。
でも仙人と課長のオッサンにしかわかんないモノマネシーンはあんまり需要ないと思います。
色々と凹凸はあるものの、ラストシーンですべて許せる感じはある。

cale000 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives