2016年02月

2016年02月21日

「SHERLOCK 忌まわしき花嫁」★★★☆☆

BBCの現代版シャーロック・ホームズのTVドラマスペシャルを、本国とは違って映画として配給。上映前後にメイキングもつく。
キャラクターはそのままに時代設定は19世紀後半のヴィクトリア時代に遡る異色の展開。それでもキャラの掛け合いとか進行の雰囲気は今までのシリーズそのままなので実にうまいこと調整されてる。

cale000 at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

「ブラック・スキャンダル」★★★☆☆

ノンフィクション。幼馴染のFBI捜査官との密約により、アメリカ裏社会の情報提供を盾にやりたい放題やってたホワイティ・バルジャーの繁栄と没落を描く。
20年ぐらいの時間を描くので流石に端折った感じはあるが、幹部の証言を基に悪事を描いていくスタイル。基本的には任侠モノなのでわかりやすい展開ではある。
友人とはいえどの時点で諌めるかボーダーラインを引くかは社会的には大事なことであろうが、この場合どうしようもないところまで行ってしまった例。

cale000 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2016年02月04日

「オデッセイ」★★★★★

リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演。みんな言うけど邦題がイマイチだ。「火星のジャガイモ」とか、原題そのまま「ザ・火星人」とかのほうがいいぞ。
火星の嵐で死んだと思われた宇宙飛行士マーク・ワトニー。チームが残した限りある資源を利用してのサバイバルが描かれる。
科学考証は現実寄りなので、火星への有人探査計画が現実的になっている今において注目すべき映画だ。

cale000 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives