2014年08月13日

「STAND BY ME ドラえもん」★★★☆☆

3DCGドラえもん映画。予告見てる時も思ったがどうにものび太のメガネ表現はイマイチだ。あれはレンズを思い切って曇るぐらいの白くして目だけ黒く描ければいいのだが…マンガ目表現も多数出してるし難しいか。
テーマでまとめた割にはイマイチな継ぎ接ぎストーリー展開は、この映画のテーマ自体が泣かせること前提というイマイチなせいであろう。ドラえもんがのび太の世話をする理由や帰る理由に謎設定をつけたり…。少なくとも
とまあ、ここで見るべきはそーいうところではない。街の景観、部屋の作り込み、未来道具の質感やギミックなどなどの小ネタである。3DCG描写の斬新さはしっかりと感じられる。それ以上期待は無駄だ。
大人になった今でもドラえもんを毎週見ているならいける…でなければ悲惨な未来しか見えない。

cale000 at 17:32│Comments(1)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Etchsm   2014年08月13日 22:13
おっすおっす( ^ω^)
メールが届いているのか不安になったので、こっちに足跡残してみるー。
17日が直近で予定がないけど、どないだろう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives