ゲーム

2011年02月03日

ラストストーリー、クリア後雑記。

久々にWiiでRPG。
プレイ時間は24時間でエンディングまで。

RPGといっても、リアルタイムバトルに地形要素や陽動を加えた全く新しいプレイ感覚のバトルゲームとなっている。
基本的には敵を引き付けている隙に仲間に攻撃してもらうという、他力本願なスタイルだ。
戦局を有利に進める為には…味方の使った魔法を拡散したり、指示を出したり、隠れて闇討ちしたり、フィールド上を注視して柱を崩して岩を落としたりと、戦略幅は広く設定されている。

オンラインでは主人公以外のキャラも操作できる乱闘と討伐が遊べて、通常プレイでは手に入らないレアな武器やアイテムが入手できる。
乱闘はレベル差関係なしのポイント獲得性デスマッチ。シンプルながらアイテムの使い方によって奥深い戦いが楽しめる。
討伐は能力を引き継いで大ボスを倒すモード。魔法の拡散や仲間とのチェイン連携が重要となる。
討伐は意思疎通は定型文しかないのと、能力に左右されるので、乱闘のほうが面白いかな…。

ストーリーのテンポは1本道ながら、次々と展開が激しくなるので最後まで一気に駆け抜けられるかな。展開の合間には、広大な街を落ち着いて探索したりもできる。もうちょっと街に帰る頻度が高くてもよかったかもね。

クリア後のやりこみは周回プレイの合間に装備の強化とかコーディネートとかオンラインモードとか、そっちのほうに向いていきそうかな。

新感覚なRPG故、従来のRPG的な要望に対してはゼノブレイドもセットでどうぞ。

cale000 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月04日

メトロイド Other M

クリア。そして100%。
何気にメトロイドシリーズで攻略抜きで100%なったのは初めてかも。

アクションは爽快。向いた方向に敵がいれば勝手に狙って撃ってくれる。
ボタンひとつで回避できるセンスムーブがあるので、リモコン横持ちでも結構いける。
ミサイル発射はリモコン縦持ちによる主観モード切り替えしないと出来ない。この切替はしっかり練習しておかないと結構キツイかも。

クリア後の探索の難易度はアイテム場所が表示されるので割と優しい…が、それでも一見どうやって取るのかわからない場所は結構ある。注意せよ。

強制主観モードでちっちゃいものをポイントするまでゲーム進行が止まるシーンがいくつかあるのだが、こういうのはムービーでやれよと思ってしまう…そんな不親切なところまでファミコンアドベンチャー再現しなくても。

ストーリーはまあ悪くはないが…確かにこれは賛否あるか。

というわけで、まあまあオススメですね。

cale000 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月23日

HOSPITAL. 退院

というわけでクリア。

カドゥケウスシリーズからスピンオフしたこのゲームは、本編の難易度は然程高くはないが、極めようとするととんでもない難易度になるという伝説が…まあ、普通に楽しむ分には問題ない。

検視パートがやたら時間がかかる。1話1時間以上は確実にかかる。診察も検視ほどではないが結構な時間泥棒だ。よってほとんどADVを遊んでいる感覚が特に強い。しかしまあ時間がかかろうが楽しいので問題ない。

外科・救命・整形・内視鏡といったアクションは細かな動きが要求されるが、熟練者ならまあクリアできるはず。無理な人はインターンでミスした部分から即刻リトライとかあるのでそっちを選ぶが良い。

今回はストーリーの盛り上げがよい。悪のバイオテロ組織の陰謀との戦いであったカドゥケウスシリーズの方向性もいいのだが、今回のようなミステリー色が強いものも良い。

cale000 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月20日

HOSPITAL. 途中経過

シナリオ7〜8番あたりで全員分のシナリオを進めないと解除されないロックがかかっているところまで辿り着いた。時系列に進めるもよし、一人ずつ攻略するもよしだ。

というわけで面白い。

元々難しいトコはあったのだが、今回はチュートリアルがよくできているので大丈夫だ。

難点といえばミラ先生の検視は1話1時間以上かかって、内容はほとんど逆転裁判の証拠集めという…。まあ、面白いんですけど。
カニンガム先生の診断も検視ほどではないが結構かかる。この2つはアクションじゃなくてアドベンチャー。

CRの執刀はいつものカドゥケウス。マリアの救命は常に複数人相手なのでバイタル管理に気をつければよいが、特殊器具が多いので手こずっている。

ハンク先生の整形は全体的にイライラ棒と。トモエ先生の内視鏡は3D洞窟探索。どっちも微調整が重要。

とまあ、アクションとADVがうまいこと融合した感じのゲームですが、とても面白いので是非検討を。

cale000 at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月16日

ドンキー4!?(そこだ!)

というわけでE3が終わった。
注目タイトルはもちろんドンキーコングカントリーリターンズ(日本語で言うなれば帰ってきたスーパードンキーコング)

http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2010/wii_ds/donkeykong_country.html

開発はメトロイドプライムシリーズのレトロスタジオのようです。
というかね、もう嬉しい以外言葉が出ません。絶対に買う。絶対にだ。

3DS?ああ、実機見てみないとね!

cale000 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月13日

ゼノブレイド雑感

次の階層に来たのでまとめてみる。

操作
選択制。リモコンヌンチャク、もしくはクラシックコントローラが使用可能。
移動はヌンチャクのアナログスティック。リモコンの十字キーで戦闘中のアーツ(技)選択、Cボタン押しながら十字キーでカメラ操作。非常にまどろっこしい。
クラコン使えば右スティックでカメラ移動できるらしいが、両手をダラーっとして遊べるリモコンタイプを選択。まあこのあたりは慣れ。

シームレス戦闘。
敵をターゲットして剣を抜けばバトルスタート。基本はオートバトルで、操作キャラのアーツを選択して戦局を変えていく。アーツは時間経過で再使用が可能になり、MPは無い。これに加えてときたまBボタンで仲間のピンチを救ったりする。ゲージをためれば連携が使えるが、時間が止まるためコマンドRPGのそれに近い感覚でアーツを連続して選んで攻撃できる。今のところ、だいたい転倒するのに使ってる。
そしてビジョン(未来視)。これがこのゲームのバトルシステムの最大の特徴だろう。次に敵が使う即死レベルの攻撃を先に見ることができ、それを防ぐのか避けるのかの選択をプレイヤーに委ねられる。防御アーツをいつでも使えるように準備したり、敵の体勢を崩して防いだり、戦略は結構重要。

cale000 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月04日

マリギャラ2コンプ

星を全部集めた、ようだ。

うん、1のほうが好きかも。でも2は2でなかなか面白かったな。
続編らしい続編といえばそこまでだが…まあ劇的な進化も特には無いしな。2はチュートリアルが揃っているからより初心者導入向けになっているかもしれない。わかりやすい構図のステージが多いし。

クッパ戦は完全に1のほうが好きだな。音楽といい演出といい強さといい。2はなんか弱い。さあフルボッコだ。

そんなこんなで、あとはタイムアタックゴーストに勝つとかそういうことくらいしかないのでまあいいとして、ゼノブレイド待機だな。

cale000 at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月30日

ここまでのスーパーマリオギャラクシー2は?

いわゆるマリギャラ2。

☆120に到達したが、ここからが本当の地獄だった。
まあ何が起こるかはやってみてのお楽しみだが、まあしばらくヒマはしなさそうなくらいのボリュームが待っているということは伝えておこう…!

前作フルコンプ経験者には簡単に感じるかもしれないのは操作性が身についているせいか。もしくは幾度のリトライを乗り切った結果なのか。
今回はじめてという人もヒントやお助けといった要素が沢山あるので、ひとまずエンディングまで遊ぶつもりでやってみるがよろしい。

あとエンディング、操作できました。

cale000 at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月21日

6月はこいつらを遊べ

…全部は買えないよ?

購入決定
Wii
5/27 スーパーマリオギャラクシー2
ヨッシーに乗れたり大幅に変わってるね。買うね。

6/10 Xenoblade ゼノブレイド
ゼノシリーズとはまた違うらしいがまあRPGですね。買うね。いつ遊ぶんだ?

6/17 HOSPITAL -6人の医師-
カドゥケウスシリーズ番外編的な位置付け。たぶんこっから入るのがよい。演出が気合入ってるね。あとはゲームも切開手術以外に色々あるようだ。優先事項。

気になるだけ。
DS
6/24 ゴーストトリック
逆転裁判の巧舟、最新作。買うならe-カプコンのサントラ付がいいな。まあ、余裕が無いので見送りなのだが…。

6/24 ラブプラス+
言わずもかな。まあ毎日遊ぶ系は、バーチャルすら億劫になってきたので見送り予定なのだが…。

cale000 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月18日

ソーサリアン

ちょっと気になったので遊ぶ時間が確保できたし買ってみた。
横スクロールアクションRPGで、キャラクターを作って町で準備して冒険に向かうのだ。

などと気楽にはじめたものの、スキル取得のための修行に2年かかったり、魔法のエンチャントに1回3年などなど、最初は16歳だったピチピチの主人公たちもあっという間に40台のオッサンオバサン。職業は泥棒とか詐欺師とか…。まあそういうのはさておいて、どうにか1つめのクエストは達成できたようだ。
実に謎解き要素満載である。解けるまで何週も洞窟をマラソンだぜ。MP自動回復なのでヒールさえ覚えてうまくかわしていれば死を恐れることはあんまりない。なんか倒せない敵が多いけど…属性とか追跡攻撃が重要なのかもな。

cale000 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives