セブンスドラゴン

2009年11月30日

20091130;明治

20091130久々だなセブドラ絵。
絵心フリーペイントにて。使ってると絵の具の匂いを思い出す不思議なツールである。

cale000 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月21日

20090421;ルシェ考察

20090421男はエルフ耳、女は猫耳風の獣耳がオーソドックスなタイプだろう。個体差あり。
古くは人間の奴隷として使役され、一部は独立して環境の厳しい西大陸へと移り住んだ。
続きを読む

cale000 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月15日

20090415;フロワロ種

20090415フロワロシード
ドラゴンがエリア内の生命体を捕食するなどして蓄えたエネルギーを集束させ種に変換したもの。数日で新たなフロワロとして成長する。生体エネルギーの塊なのでこれを適切に処理することで多くのエネルギーを得ることができる。しかし、風化に対する抵抗がほとんど無いので大抵の場合はフロワロに覆われる形で保管される。
故に見つけると素早く適切に処理しないと、風に吹き飛ばされて消えてしまう。
…以上はすべて考察だ。

cale000 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月06日

Ex#001「新手の三人組」

「お前ら、絶対定期的に入れ替わってるだろ。」
「そんなことないわよ。」
「そんなことあるはずがありませんことよ。」
ルシェ族のヒーラーの男は、雇い主の2人が入れ替わっていると頑なに信じていた。

続きを読む

cale000 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月05日

20090405;2周目追加要員1

20090405「ススキ」
殴りヒーラー枠
とてもいい加減な人。

cale000 at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月04日

後書

連続黒歴史「枯レ花堂建国記」全32回で終了しました。
またEXシナリオが書かれるかもしれませんが、まあそれはそのときで。
自分で作ったキャラに自分で落とし前をつけるというバッドエンド全開ですが、まあそれはそれで。
こういった黒歴史が書けるのも想像力を刺激するゲームがあるおかげでございます。
まあ結局はアレだ、英雄なんて存在しない。たまたま成し遂げた人間が英雄と呼ばれるだけで。世の中そんなもので。
…さてと、2周目を開始するか。今回書ききれなかった部分は、2周目で書いちまうか。

cale000 at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

#032[終]「与えられた居場所」

20年後。
続きを読む

cale000 at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

#031「頂上決戦」

その塔は、ドラゴンの巣窟だ。
階段を登り続け、通路を確保し、疲れたなら戻り、枯レ花堂9人全員の力で塔の安全を向かっていった。やがて、エデンのすべてを見渡す場所へと辿り着く。
そうして最終決戦の場に至ったのは、マツ・サクラ・ヤナギ・ウメの4人。

続きを読む

cale000 at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

#030「虹」

マツ・キリ・ヤナギ・ウメは、北極の大地に辿り着いた。
紅杭の塔に近付くには、虹がかかっていた。
「竜殺剣が光ってます…ドラゴン反応です!」
「どこなの!?」
しかし反応はあれど、誰もドラゴンを目視することができない。

続きを読む

cale000 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

#029「布団最高」

帝竜の危機が訪れようとも、真竜ニアラの死刑宣告を受けようとも、ルシェの千人砲が発射され絶望が帝国内を包もうとも、ただひたすらに鳥の羽を求めるルシェの男がいた。
ただ、羽毛布団のために。

続きを読む

cale000 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
cale
なんとかなれなれ。
cale1108(at)gmail.com
twitpic/twilog
パーツ
パーツないけどそれなりに注目ゲーム

[3DS]
閃乱カグラ –少女達の真影-

[Wii]
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Archives