ラーメン たちばな家@桧原村

休日に妻と「払沢の滝(ほっさわのたき)」を見に行こうと言うことで、東京都の唯一の「村」である桧原村(ひのはらむら)へドライブをしてきました。その時のランチを何にしようかブログで検索していたらこの「たちばな家」の記事が圧倒的に多くて、しかも手打ちの麺を使っていると言うことで行ってきました。(家系ではもちろんありません。)

桧原村の村役場の近くの交差点の側にあります。渓谷の崖の上に突き出た外観は定食屋さんみたいな感じです。実際山女などの川魚料理も看板にしているようです。

中に入ると、店内も定食屋さんみたいな感じで、テーブル席、カンター席、座敷があります。ただ入り口の近くに麺を打つところがあり、ラーメン屋さんの雰囲気を出していました。店員さんは夫婦だけか、中にまだ誰かいるのは不明です。とても忙しそうにしていました。

わたしはワンタンメン、妻はラーメンを注文しました。ほかのお客さんは餃子を頼んでいる人が多かったみたいです。どのようなわけか分りませんが、麺類より餃子のほうが先に出されていました。

ワンタメンは昔風の東京ラーメンの雰囲気で、鶏がらスープを基本にした醤油味です。手打ち麺と言うと佐野ラーメンを思い浮かべますが、それより細く、麺の幅もそろっていて見たところ包丁で切った感じはしませんでした。美味しいのですが、普段とんこつベースのラーメンを食べなれていると、どうしてもこの手のスープは物足りなさを感じてしまいます。チャーシューはばら肉でとろとろ感が良かったです。

CIMG3090


















(ワンタンメンです。)


CIMG3093


















(スープは鶏がらベースの東京ラーメン風でした。)


CIMG3094


















(麺は中細と行った所ですか。)


CIMG3098


















(ワンタンはそれほど大きな中身ではありませんでした。)


CIMG3096


















(チャーシューはばら肉のトロトロ感が良かったです。)


CIMG3087


















(川魚料理もありました。)


CIMG3086


















(桧原村の役場近くです。)

値段
らーめん     650円
わんたん     650円
わんたんめん   800円


詳細
住所:東京都西多摩郡檜原村本宿5574
電話:042-598-0029
営業:11:00〜19:00
休日:火曜(祝日の場合は翌日休)

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆★★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 22:42  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ラーメン はないち@練馬

今回は練馬の「はないち」です。昨年の4月以来の訪問です。行きたい、行きたいと思っていたのですが、去年の暮れのラーメン番組のテレビで優勝して、混んでるのではないかと思い、なかなか行く気にはなりませんでした。練馬には有名店「じゃんず」がありますが、この「はないち」も相当ファンがいます。ただし練馬といっても「じゃんず」とは反対側、駅の北側の商店街をどんどんいくとあります。なにかスナックとか入ったビルの1階のあまりきれいとはいえない建物の中です。ここは、前もラーメン屋さんだったと聞いています。

12時前だったせいか、お客様は4人だけ、店員さんはご夫婦だけです。前に来たときも思ったのですが、すごく丁寧な接客で好感が持てます。このお店は、珍しく塩味で勝負していて、麺は自家製麺です。太麺と細麺が選べて、太麺のつけ麺が人気です。前回はそれをいただきましたが、今回はしおラーメンを中盛でいただきます。ランチのセットもありますが、今日は休日なので生ビールをいただきます。

しおらーめんが来ました。なんか以前と変わっている。塩ラーメンというと皆さん透き通ったスープを思い浮かべるでしょうが、ここのスープは濁っていています。今回はさらにカレー粉のような鮮やかな黄色い色をしています。スープを飲んでみると鳥の香りと凝縮した味がなんともいえません。確実に変わっています。以前はもっと魚介の風味が強かったような気がします。今回は鳥の香りと味がなんともいえません。これほラーメンのスープで鳥を感じたことはありません。東中野「好日」が鳥の味を前面に出してい大変好きですが、あそこは魚介も相当強い感じがします。「はないち」は魚介よりも鳥がものすごく強い感じがします。またスープにとろみが少しあります。それもジャガイモなどで無理やりとろみをつけているのではなくて、凝縮されてとろみがついた感じがして、すごくいい感じです。ラーメンのスープではなく、高級レストランのスープみたいです。

麺は以前と変わった感じがしません。舌触りもよく、小麦の香りが感じられる美味しい麺です。茹で加減も本当によく美味しかったです。スープもとろみがあるせいか、よく絡みます。しかしなんせ麺が太いので、少し麺だけの感触が口の中に広がる感じがします。もしかするとラーメンには細麺の方がより合うのかもしれません。チャーシューはばら肉を筒状にして、それを半円状に切ったもの(大きい)を注文してから奥さんがバーナーで炙ってくれます。これも美味しいです。

今の気分は、今年食べたラーメンでは文句なしに一番です。近々、絶対に再訪して細麺で食べてみます。


CIMG3059


















(しおらーめんの中盛りです。)


CIMG0035


















(平成20年4月のときのしおらーめん。上の写真と色が違いますね。)


CIMG3062


















(このスープは高級レストランのスープのようです。)


CIMG3063


















(麺は自家製の太麺です。そのほかに細麺も注文できます。)


CIMG3065


















(チャーシューはバーナーで炙ってから出てきます。)


CIMG3058


















(しお味で勝負しているお店です。)


CIMG3069


















(ランチのセットメニューもあります。)


CIMG3057


















(練馬駅の北口から商店街をまっすぐ行ったところにあります。)


値段
しおらーめん   650円
しおつけめん   650円
しおあえめん   650円
あじ玉      100円

詳細
住所:東京都練馬区練馬2-2-18
電話:非公開
営業:11:00 - 18:00
休日:木曜、日曜、祝日

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆☆☆
価格 :☆☆☆☆★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 15:29  | コメント(3)  | トラックバック(3) |  この記事をクリップ! 江古田・桜台・練馬  

つけ麺 萬馬軒(まんばけん)@目黒

今日は目黒の「萬馬軒(まんばけん)」です。萬馬軒なんて縁起のいい名前でよろしいですね。目黒駅を降りて権ノ助坂のラーメン激戦区に行こうとしたら、どうしたことか東口に出てしまい、戻るのも面倒なので萬馬軒に行くことにしました。目黒の駅とその周辺はすっかり綺麗になっておしゃれな感じがします。特に東口は。

お店の前にまで来るとラーメンとつけ麺の大きな写真があります。迷いましたが今日はつけ麺とチャーシュー丼のセットを食べることにしました。お店の中に入ると食券機があり、その奥にカウンターがあります。狭いなと思ったのですが、私の次に入った団体さんはお二階へどうぞと誘導されていました。お店の外から行く二階席があるようです。

先客は地元風の人とサラリーマンが数人いました。店員さんは男性が3人が1階にいました。奥で鍋を振る音がします。どちらかと言うと中華屋さん出身なのでしょうか。

最初にチャーシュー丼が来ました。細かく切った(おそらく端)チャーシューにすごく濃い感じのタレが掛かっています。その後直ぐにつけ麺が来ました。平たくて黄色い色したなんとも美味しそうです。麺が少し少ないかなと思ってしまいます。スープの量も少ない感じがします。

食べてみると麺は小麦の美味しさがでた、美味しい麺です。スープは見た目から薄そうです・大王つけ麺の大崎みたいな、見た目が少し物足りない感じがするスープです。なんだかつけ麺大王見たいなクラッシックな味です。麺は黄色い平うち麺で十分個性的なのですが、私は濃厚なスープで食べたいような気がします。こんな縁起のいい屋号だとなにかいいことがあるような感じです。

萬馬軒 (7)


















(つけ麺です。)


萬馬軒 (4)


















(これがチャーシュー丼です。)


萬馬軒 (10)


















(麺は平打ちでした。)


。)萬馬軒 (5)



















(スープはあっさりとして少し物足りない感じです。)


萬馬軒 (12)


















(なのも言わないとロースのチャーシューが来るようです。)


萬馬軒 (14)


















(この麺をもっとこってりしたスープで食べたかったです。)


萬馬軒 (2)


















(チャーシューがロースか肩ロースを選べるのって変わっていますね。)


萬馬軒 (3)


















(机上には沢山の調味料が用意されていて、味を自分の好みにできます。)


萬馬軒
























(2階席もあるようです。)


詳細
住所:東京都品川区上大崎3-3-4
電話:03-5420-1080
営業:[月〜金]11:00〜翌1:00
   [土]11:00〜翌00:00
   [日・祝]11:00〜23:00
休日:無休

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆★★★
価格 :☆☆☆★★


ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 21:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 大崎・五反田・目黒  

つけ麺 麺豪K@江古田

今日は飲んだ後のラーメンと言うパターンです。江古田駅で降りて適当なお店を探します。江古田もラーメン激戦区ですから、下調べなしでもラーメン屋さんは見つかります。そこで丸福大勝軒の隣の「麺豪K」にすることにしました。江古田の駅は世路も活気のある街です。そんなところには美味しいラーメン屋さんが集まるものです。

お店の外観はあまりお金を掛けてはいないがど派手にしている感じのお店です。丸福大勝軒の隣ではこのくらいしないとやっていけないのでしょうか。食券機はお店の外にあります。よくわからないのですが、つけ麺の写真が美味しそうでつけ麺を食べることにしました。

お店の中はあまり広くはなくカウンターとテーブル席。カンターは高い椅子で少し座りにくい感じがします。店員さんは男性が二人です。先客は一人で、途中で彼女を迎いに出るために退席しました。

つけ麺は麺が太くて角ばっています。少し黒くて地粉が混ざっているのか少し黒味がかっています。美味しそうですね。その上にラーメン二郎のような飾らないチャーシューと言うか豚肉の塊が乗っています。卵も乗っています。こらはデフォルトかトッピングか忘れてしまいました。(なんせ、呑んだあとでしたので。)スープは典型的なダブルスープでした。少し甘みもありました。麺が太いのでもう少し特徴のあるスープにしたほうがいいかもしれません。豚はみたもよりも脂が乗って美味しかったです。

丸福大勝軒の隣でがんばっているお店です。メニューも多く、それなりですが、なんか特徴が出し切れていないような気がします。これからお店の特徴が出てくるのかもしれません。


麺豪K (10)


















(天上つけ麺で太麺です。)


麺豪K (12)


















(スープは典型的なダブルスープです。)


麺豪K (11)


















(麺は太麺を選びました。)


麺豪K (16)


















(この麺は美味しいですね。はつがいのような麺です。)


麺豪K (14)


















(チャーシューは豚肉の塊と言う感じです。)


麺豪K (6)
























(気合が入っています。)


麺豪K (5)


















(メニューは醤油、辛味噌、味噌のらーめんとつけ麺です。)


麺豪K

























(丸福大勝軒の隣です。)


値段
天上醤油らーめん       650円
カムイ辛味噌らーめん     700円
みそらーめん         650円
天上つけ麺          750円
     
詳細
住所:東京都練馬区栄町4-7 YKビル102
電話:非公開
営業:11:00〜23:00
休日:無休

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★
☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 19:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 江古田・桜台・練馬  

ラーメン さくら堂@桜台

会社の同僚と呑んだ後、やめようと思いながら行くラーメン屋さん。この時間に開いているおみせは桜台の「さくら堂」です。桜台もラーメン激戦区。ラーメン二郎、破顔(はがん)、まるよし商店、そしてこのさくら堂とレベルの高い場所です。

桜台の駅を降りて、千川通りを練馬駅の方へ少し行ったところにあります。暗い中に煌々と光るさくら堂です。券売機で中華そばとビールの食券を買います。ここは3回目の訪問です。基本的にここはつけ麺を売りにしているお店ですが、過去2回はつけ麺を食べてラーメンは食べていないので今日はラーメンを食べてみることにしました。

お店は吉野家の様なU字型のカウンターとテーブルがあり奥の厨房も広いお店です。店員さんは男性3人でした。前にいた中国人の気になるお姉さんは残念ながらいませんでした。

ビールのおつまみに茹でた半熟卵が出てきました。前はなかったです。ラーメンは大きな木のレンゲと一緒に来ました。スープを飲むとにぼしの香りがぷーんのきます。とんこつ醤油のですが煮干がきいたマイルドな感じです。麺はつけ麺と同じです。確かここは開花楼の麺を使っています。少しぼそぼそする感じです。やはりつけ麺用の麺という感じです。もう少ししっとりとした感じの麺のほうがいいような気がします。つけ麺と違う麺を使ったらいいんじゃないかなと思ったりして。

チャーシューはそれほど厚くないですが大きいですね。美味しいチャーシューです。また半熟卵の半身がデフォルトで入っています。レベルが高いラーメンでした。気になるのが隣の人が食べていた「鉄鍋味噌ラーメン」です。その名のとおり鉄鍋で出てくるラーメンで熱々で美味しそうでした。


さくら堂 (6)


















(中華そばの並です。)


さくら堂 (10)


















(麺はつけ麺と同じ開花楼の中太の麺でした。)


さくら堂 (13)


















(スープは煮干の香りがプーンとくるあっさりとしていました。)


さくら堂 (11)


















(チャーシューはとても大きく美味しかったです。)


さくら堂 (14)


















(半熟卵がデフォルトでついてきました。)


さくら堂 (4)


















(鉄鍋味噌ラーメンが気になります。)


さくら堂


















(千川通り沿いにあります。)


値段
つけそば(並・中盛)      700円
中華そば(並・中盛)     650円
特製つけそば         880円
特製中華そば         850円
大盛り             100円

詳細
住所:東京都練馬区桜台4-1-8
電話:03-6658-4319
営業:[月〜木]
11:30〜13:30
18:00〜24:00(L.O)
[金・土]
11:30〜13:30
18:00〜翌1:00
[日・祝]
11:30〜22:00
休日:不定休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆★


ラーメンブログランキングに参加しました。
応援を感謝します。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 23:28  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 江古田・桜台・練馬