ラーメン 喜神@中野

今日は中野の喜神です。中野へ買い物があったのでそのついでにお昼にラーメンを食べることにしました。中野もいわずと知れたラーメン激戦区。とにかくサンモールから少し東に名店、青葉の回りにたくさんのラーメン屋さんがひしめき合っています。そこでネットで調べて興味を持った喜神に行くことにしました。中野のサンモールはすごい人の波です。そこから少し路地に入ったところに喜神があります。

なんでも早稲田通りにあったお店が、中野駅の北口に引っ越してきたそうです。お店の前から中を覗くとカウンターだけの小さなお店です。席に空きがあるようなので入ってみることにしました。食券機がお店の外にあります。つけ麺がメインで出ているようでしたが、ネットで見た醤油ラーメンにしました。大きさは150円プラスの大にしてみました。

お店の中はカウンターのみの10席強ありまして、店員さんが一人です。なんとラーメンは二階で作っていて、エレベーターでつながっていました。先客は5人ほどです。全員がつけ麺を食べていました。どうも、やはりつけ麺が主体なお店みたいです。お店の中にテレビがあり自家製麺の工程を説明する画像が流れていました。また、壁にも丁寧な製麺の工程が書かれています。どうも自家製麺を売りにしているお店みたいです。それにしてもほかのお客様が食べているつけ麺の麺が平たい太麺でとても美味しそうです。つけ麺にすればよかった。

私のラーメンが来ました。驚いたことに洗面器のようなどんぶりで来ました。そうなんですね。大盛りは2倍の麺が入っているようです。中にすればよかった。食べてみると今はやりの魚介の味はしなくて、豚と鶏がらだと思います。麺はつけ麺とは違い細麺でした。麺はそれほどコシがあるわけではなく、かといってやわらかすぎるということもありませんでした。チャーシューはとろとろして美味しかったです。とにかくこれはどんどん食べないと、延びたら減らなくなってしまいます。

このお店、自家製面ですごくまじめに取り組んでいるお店で好感が持てます。しかしながらつけ麺がメインなんでしょうね。醤油ラーメンはそれほど特徴もなく、麺もスープも美味しくいただけましたが、どうもほかのお客様が食べているつけ麺が気になりました。こんど絶対につけ麺を食べてみます。


喜神 (14)


















(醤油ラーメンです。でかいですね。)


喜神 (3)


















(麺は自家製麺だそうです。しかしこの細麺も自家製麺なのかな?)


喜神 (12)


















(スープはあまり特徴はありませんでした。)


喜神 (6)


















(チャーシューはトロトロで美味しかったです。)


喜神 (15)


















(休みだったのでニンニクを入れてみました。)


喜神 (21)


















(券売機はお店の外にありました。)


喜神


















(中野駅北口、ケンタッキーの並びです。)


値段
からかーつけ麺  880円
塩つけ麺     700円
和風つけ麺    700円
ぶっかけつけ麺  900円
醤油らーめん   600円
     
詳細
住所:東京都中野区中野5-62-7
電話:03-5318-2950
営業:11:30〜23:00(スープが無くなり次第閉店)
休日:不定期

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆★★★★
☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 07:16  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 中野・東中野  

つけ麺 麺源屋@目黒

今日は目黒の権ノ助坂の「麺源屋」です。以前から前を通り気になっていたので入ってみることにしました。お店の前には大きな写真入の看板があります。どうもつけ麺が主流のお店みたいです。

テーブルが3席と壁際のカンウンターのお店です。お店の中にある張り紙を見ると激辛のつけ麺とラーメンが名物のようです。並盛り(220g)中盛り(330g)大盛り(440g)が同じ値段の680円です。大盛り440gは結構ボリュームがありまね。ボリュームがあるお店でも400gが普通ですから。迷いました。やはり440gの大盛りの食券を買いました。辛いのは次の機会と言うことにして、普通のつけ麺にしました。

カウンター席に座り、卓上を見ると魚粉と辛子の入った器があります。好みで入れるのですが、そのほうが最初から入っているよりいいでしょうね。特に六厘舎の影響か、最近魚粉が最初からたっぷり入っているつけ麺が増えました。魚粉が苦手な人もいるのでこの方がいいでしょうね。

つけ麺がきました。麺の量はそれほど多くは感じません。ただ写真でも分るように麺がぶつぶつ切れています。食べてみるとコシがないわけでないので麺の取り扱いが雑なのかもしれません。食べてみるとスープが野菜の甘さなのか少し甘いです。麺はコシが強いわけでもなく、もちもちしているわけでもなく、ごく普通と言ったところです。全体に特徴をあまり感じない一杯でした。


麺源屋


















(つけ麺の大盛り(440g)です。)


麺源屋 (4)


















(麺がぶつぶつ切れているのが気になりました。)


麺源屋 (7)


















(スープは少し甘いです。)


麺源屋 (8)


















(意外と大盛りでも難なく食べてしまいました。)


麺源屋 (11)


















(チャーシューも特徴ありません。もっとも切って入れてあると特徴ははじめから出ませんが。)


麺源屋 (16)


















(卓上には魚粉と辛子。)


麺源屋 (13)
























(激辛で有名みたいです。)


麺源屋 (15)
























(セットメニューも豊富です。)


麺源屋 (12)

























(目黒の権ノ助坂にあります。)


値段
つけ麺      680円
辛味噌つけ麺   680円
鬼源ラーメン   680円
しょうゆラーメン 680円
塩ラーメン    680円
味噌ラーメン   680円
野菜ラーメン   680円
     
詳細
住所:東京都目黒区目黒1-4-8
電話:03-3495-7668
営業:11:00〜翌2:00(麺切れにて終了)
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆★★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 06:22  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 大崎・五反田・目黒  

ラーメン 野方ホープ目黒店@目黒

何故だか濃い目のラーメンが食べたくなって、ラーメン激戦区である目黒の野方ホープに行ってきました。激戦区の権ノ助坂はまだまだ新店がオープンしているらしく、また機会があったらそちらにも寄ってみるつもりです。

目黒駅から坂を下っていくとある「野方ホープ目黒店」はランチタイムには行列ができています。ランチタイムサーブとして100円アップで「半チャーハン」または「餃子4ヶ+小ごはん」というメニューがありお徳です。あとひとくちライスは無料です。野方の本店では、確かひとくちライスは無料のサービスはやめてしまったようですが、こちらは激戦区でサービスがよいのかもしれません。

私はラーメンと味玉、そして半チャーハンの食券を買って、壁際のカウンターに座ります。卓上には小さな壷があり、その中にはキムチが入っていて、自由に食べることができます。これをつまみながらビールでラーメンを来るのを待つのがいいのですが、今日は仕事中で残念です。

お店の中はとても広く、大きな10人ほど座れるテーブルもあります。奥には厨房がありますが見えません。きびきびした若い男性の店員さんが忙しそうにしています。

ラーメンは最後にごしごし背脂を降りかけて出てきます。スープの表面は背脂がびっしりです。この背脂は注文時に言えば量を調整できます。私はいつも普通です。ここのラーメンの特徴はスープにコクがあり、なんといっても麺に良くスープが絡みます。麺は中太で少しちぢれています。固さもちょうどよく、黄色が強く、小麦の味が強く出ている感じがする非常にスープとのバランスが良い感じがします。この背脂もすっきりしていい感じです。

肝心の半チャーハンですが、いまいちでした。単品で食べたら美味しいのかもしれませんが、すっきりしている背脂でもそこは脂。口の中が脂っぽくなったときに食べるには、脂で炒めたチャーハンより白いご飯が良くあうような気がします。


野方ホープ目黒店 (8)


















(ラーメンにあじ玉をトッピング。)


野方ホープ目黒店 (6)


















(これが100円アップでくる半チャーハンです。)


野方ホープ目黒店 (12)


















(麺は中太の縮れ麺でスープが良く絡み、好きです。)


野方ホープ目黒店 (13)


















(チャーシューも厚みもありとろけて美味しかったです。)


野方ホープ目黒店 (15)


















(スープには背脂を振りかけています。)


野方ホープ目黒店


















(ランチタイムメニューには餃子と白いご飯と言う組み合わせもあります。)


野方ホープ目黒店 (4)


















(このキムチでラーメンを待っているのも良いですね。)


野方ホープ目黒店 (3)


















(この唐辛子はそれほど辛くありません。いっぱいいいれてしまいました。)


野方ホープ目黒店 (16)


















(野方ホープは沼袋の本店以外にもここ目黒と原宿にあるみたいです。)


値段
ラーメン      730円

詳細
住所:東京都目黒区目黒1-5-16
電話:03-3494-7736
営業:11:00〜翌4:00
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 15:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 大崎・五反田・目黒  

ラーメン 匠家@練馬

最近気になってきた家系ラーメンを食べたくなって、練馬の「匠家」に行くことにしました。以前に一度食べたことがありますが、実はあまり印象がないお店です。美味しかったのですが、よく覚えていません。

このお店は練馬駅から距離が少しあり、住宅街の入り口といったところにあります。新目白通りからほんの少し入ったところ、あの「じゃんず」からもそう遠くはありません。以前は焼き鳥屋さんだったところを居抜きで開店したので、お店は古く、しかもラーメン屋さんと気がつかないような外観です。

お店に入るとカウンターのみの小さなお店です。先客はおばあちゃんと孫娘、若い男性二人の4人でした。店員さんは店主と女性の店員さんの二人です。奥さんではなさそうです。

メニューを見ると家系には珍しく、メニューが豊富です。わかめラーメンとかバリエーションがたくさんありました。またつけ麺はありませんでした。私は基本の「とんこつ醤油の大盛」を注文しました。ここは、先ほど述べたように、もと焼き鳥屋さんだったところなので、ラーメン屋さんにしてはカウンターが低いので、店主がラーメンを作っているのが良く見えます。きびきびとして、女性の店員さんとも息が合い好感が持てます。

卓上には豆板醤、おろししょうが、にんにくの塊とつぶし機、それにペースト状の唐辛子などもあり、自分でさまざまな味にできるようです。今日は休日なのでにんにくを入れます。おろししょうがは珍しいですね。でも、なんだか味が変になりそうで使いませんでした。

「とんこつ醤油の大盛」が来ました。トッピングは家系の定番の大きな海苔5枚、チャーシュー、ほうれん草です。ただし、この海苔が写真でも分るようにラーメンの表面にかぶせてあります。ほかのお店のように立ててありません。それで下の何枚かは濡れてくっつき、硬くなってしまいます。これはいただけませんね。ただどんぶりが小さいのでしょうか、この器ではふちが低く海苔を立てることがきませんね。

スープは表面に少し脂が浮いた、穏やか系の家系の味です。わたしが行く家系は「濱一」「まこと家」「武蔵家」など穏やか系が多いですね。家系というとぎとぎとの脂を想像する人もいるかもしれませんが、決してしつこくなく意外とまろやかです。

麺は中太のストレートで家系独特の表面がつるつるした麺でした。これほど表面がつるつるした感じで、しかもスープの絡みがいいのは何故でしょうね。ここが家系の特徴でしょうか。にんにくをつぶしていれるとまた味が変わり美味しくいただけました。

お店の外観から少し入りにくい感じがありますが、ラーメンは美味しかったです。食べているうちもほかのお客さんが増えて、繁盛していました。


匠家 (2)


















(しょうゆ豚骨の大盛です。)


匠家 (5)


















(麺は中太のストレート。)


匠家 (4)


















(スープの表面には薄っすらと脂が。)


匠家 (8)


















(チャーシューは固くはありませんでしたが、特別と言うこともありませんでした。)


匠家 (9)


















(練馬のじゃんずの近くです。)


値段
とんこつ醤油       700円
大盛り          100円


詳細
住所:東京都練馬区豊玉北5-25-16
電話:03-3948-2993
営業:11:30〜16:00、18:00〜22:00 木曜11:30〜16:00 土日祝日11:30〜22:00
休日:月曜日


評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆★★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
もしよろしかったら投票をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 10:52  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 江古田・桜台・練馬 | 家系 

つけ麺 破顔(はがん)@桜台

前から気になっていた桜台のラーメン屋さん「破顔」(はがん)に行ってきました。2008年4月の開店という比較的新しいお店です。会社帰りに寄りました。桜台はあのラーメン二郎、まるよし商店、さくら堂などほんの狭いところり有名店が密集しています。このほかにも喜多方ラーメンなどもあります。

夜の9時ごろだと言うのに行列ができています。建物は古くて(さくら堂以外は皆同じように古い。)昭和の30年代の建物と思われます。とても新しいお店には見えませんね。どうも並んでいる人を見ると一度店内に入って食券を買い外の列に並ぶシステムみたいです。

順番が来てカウンターに座ります。店内も狭くカウンターのみ10席以下だったと思います。店員さんは若い男性二人が、丁寧にラーメンを作っています。麺の洗いや出汁の計量、盛り付けなど真剣にやっていました。好感が持てるお店です。

わたしが頼んだのはつけ麺の中です。麺は極太でいい感じです。スープには海苔が2枚とチャーシューの刻んだのが見えます。食べてみると麺は小麦の香りが感じられる美味しい麺です。スープにはとろみがついて麺にスープが絡みます。魚介の味もして、六厘舎風ですね。私が最後の客みたいで、食べている間に店員さんが仕込みを始めました。目の前でゆでたジャガイモの皮をむいていたので、何に使うのかと思いましたが、後で考えるとジャガイモであのスープのとろみを出していたのでしょうね。

おいしく食べられ満足の1杯でした。桜台のラーメンは楽しくなりましたね。


破顔 (7)


















(つけ麺の中です。)


破顔 (9)


















(麺は極太です。)


破顔 (11)


















(スープにはとろみがついていました。) 


破顔 (14)


















(麺は小麦の香りがするモチモチした美味しい麺です。)


破顔 (2)


















(チャーシューはこんな感じです。)


破顔 (4)


















(こんなふるい感じです。これが桜台のラーメン屋さんスタイル。)


値段
つけめん       並 700円
つけめん       中 700円
ラーメン       大 650円
汁なし        並 650円
汁なし        中 650円


詳細
住所:東京都練馬区桜台1-5-11
電話:03-6383-3165
営業:11:30〜14:00 18:30〜22:00(材料切れ終了)
休日:月曜日


評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆★

ラーメンブログランキングに参加しました。
もしよろしかったら投票をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 13:57  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 江古田・桜台・練馬