トップページ » ラーメン 羽琉飛(はるとび)@練馬

ラーメン 羽琉飛(はるとび)@練馬

今日は練馬の「羽琉飛」(はるとび)と言うお店です。私も何回か取り上げた「さいたま屋」練馬店の跡にできたお店です。看板塗り替えただけで後はまったく同じです。ぜんぜんこのお店には知識がなくて行って見ました。外の張り紙をみると「味噌ラーメン」が一番上に書いてあったので味噌ラーメンを食べることにしました。初めてのお店は券売機の左上を買うという鉄則を守ります。

お店の中に入ると内装も「さいたま屋」練馬店のままです。とんこつベースの味噌ラーメンだそうです。会社帰りだったのでビールも頼みました。さいたま屋のときは生ビールもあったのですが、瓶ビールだけですね。9時頃だったので中途半端な時間のせいかお客様はいませんでした。おばちゃんと奥に男性の店員さんだけでした。

しばらくすると奥で野菜を炒めている音がします。これは昔の札幌ラーメン風かもしれないなと思っているとビールがきました。なんとジョッキと一緒に来ました。おばちゃんが注いでくれます。なんか瓶ビールにジョッキは変ですよね。気の弱い私はコップを頼めませんでした。今考えるとさいたま屋のときのジョッキが残っていたので使っているのかもしれませんね。

味噌ラーメンがきました。ゴマがたっぷりかかり、もやしや黒いのは何でしたっけ?ねぎも少し斜め切りにしてありきれいです。スープをのむと野菜の甘さとにんにくの香りがします。麺は細麺で少し縮れています。あの札幌ラーメン独特の黄色い麺です。そう言えば大盛りも同じ値段ですので、大盛りにしました。量は十分です。下から玉葱が出てきました。これを炒めていたのかしれません。テーブルにあるおろしにんにく、七味、ラー油を加えて食べました。

もともと味噌はあまり食べないのでよくわかりませんが、辛みその方が自分にはあっているのかな。とんこつはあまり感じません。野菜は好きです。この場所はこのお店で3度変わっているので、今回は成功するでしょうか。

羽琉飛


















(味噌ラーメンの大盛りです。)


羽琉飛 (3)


















(ゴマがたくさんかかっていました。)


羽琉飛 (5)


















(麺は細麺で少し縮れがあり、黄色い札幌ラーメン風です。)


羽琉飛 (6)


















(チャーシューは柔らかいのですが少し薄いかな。3枚入っていました。)


羽琉飛 (8)


















(スープはあまり豚骨を感じませんでした。)


お値段
味噌ラーメン     700円
辛味噌ラーメン    800円
醤油ラーメン     800円
(大盛りも同じ値段)

詳細
住所:〒176-0001 東京都練馬区練馬1-2-13 西武会館1F
電話:不明
営業:11:30〜15:00 18:00〜22:00
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
どうぞプチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星