トップページ » ラーメン 麺彩房五反田店@五反田

ラーメン 麺彩房五反田店@五反田

五反田の麺彩房です。五反田駅から南に行くのですがここもラーメン激戦区。麺彩房にたどり着くまで喜多方ラーメン小法師、一風堂、まえに麺彩房に行こうとして引っかかり、記事にしたかづ屋があり、その先のりそな銀行を左に曲がるとあります。お店は広いし綺麗です。昼休みで先客が4名でした。ここには沼袋の本店にはない、カレーつけ麺やそのほかいろいろな種類のつけ麺があります。私は中華そばの大盛り、味付け玉子をトッピングです。本店であるランチタイムのライスのサービスはないみたいですね。残念です。

カウンターに通されて、厨房を見ると店員さんが4人くらいいます。ホールとあわせて7人くらい(?)店員さんがいますね。お客は時間的にと場所柄、圧倒的にサラリーマンが多く、女性もいます。驚いたことに全員つけ麺を食べています。帰るときも見渡したのですが全員つけ麺でした。つまりこの広いお店で私が並んだときから出て行くまでラーメンを食べたのは私だけでした。まるでつけ麺専門店ですね。前回もつけ麺の人が多いなと思いましたが、今回はパーフェクトです。沼袋のお店は半々くらいでいつも変わりません。何故五反田店はつけ麺ばかりなのでしょう。

中華そばが着ました。煮干の香りがぷーんとしていい感じです。麺彩房というとこの煮干の香りがいいですね。テーブルの上のレンゲでスープをすくい、飲んでみると魚介の味と豚骨のクリーミーさがちょうど良く、なんとも美味しい。今度は麺を食べてみるとこれ良くスープが絡んで、小麦の美味しい味が口の中に広がる本当に美味しいですね。本当に完成度の高いラーメンです。


なんで皆つけ麺を食べているのかな。そういえばここに来るまでにある冒頭のラーメン屋さんはつけ麺が苦手そうですね。今度はつけ麺を食べなくてはと思いますね。あと具はメンマ、チャーシュー、ほうれん草、なると、メンマです。ほうれん草、なるとが入っているのが中華そばらしくていいですよね。チャーシューもトロトロで厚さもちょうど良く美味しいですよ。さらに味玉は味とトロトロ加減が好きですね。私にとってここと好日の味玉は別格です。今度はつけ麺を食べてみますか。


麺彩房五反田 (4)


















(中華そば大盛り あじ玉トッピングです。)


麺彩房五反田 (6)


















(スープは豚骨をベースに煮干の香りが強いものでした。)


麺彩房五反田 (8)


















(麺は中太のもちろん大成食品のものです。)


麺彩房五反田 (9)


















(チャーシューもトロトロで大満足でした。)


麺彩房五反田 (2)


















(特製だと随分豪華になります。)


麺彩房五反田 (11)


















(綺麗なお店でまた広いのですから女性でも気兼ねなく入れます。)


麺彩房五反田


















(今度はつけ麺を食べてみます。)

値段
中華そば     650円
あじ玉中華そば  750円
つけ麺      700円
あじ玉つけ麺   800円
ビール(中瓶)  450円
(大盛り)同じ値段

詳細
住所:東京都品川区西五反田1-23-7
電話:03-3492-0404
営業:11:30〜15:0/17:30〜21:00 スープが終了次第閉店
休日:毎週日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆☆☆
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


トラックバックURL
トラックバック
2010年3月8日は、五反田に出没! 地元で会合があり、夕食を食べてから移動と思い行ったお店は 「つけそば 麺彩房」です。 久々の麺彩房!前回出没は2009年7月なので8カ月ぶりの訪問であるv^^v 前回の思い出はこちら↓↓↓ http://blog.goo.ne.jp/go_arcnet/e/c92...
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星