トップページ » 2008年07月
2008年07月

あえめん 北狼(きたろう)@品川シーサイド

今回は、品川シーサイドにある北狼(きたろう)です。記事にはしていませんが2回目の訪問です。品川シーサイドは随分開けて、たくさんのお店もありますが、ラーメン屋さんはここだけですかね。本店は西早稲田にあり、ここは支店だそうです。行ったのが2時過ぎだったので先客は4名ほどの単独さんです。

ここはお店に入ったところに食券機があります。ただいろいろメニューがありすぎて、良くわかりません。メニューの種類が多いところは、そとにメニュー看板や店内にメニューがほしいですね。そのときゆっくり見られなくても。次回来るときはメニューが頭に入っているのでいろいろな種類を試すことができます。

以前にはラーメンを食べたので、今日は看板メニューの「あえめん」にします。暑いので辛いあえめんにしてみます。きたどんぶりを見てびっくり唐辛子のてんこ盛りです。まずスープをレンゲにとって2〜3杯かけます。そしてかき混ぜて食べてみます。麺は細めんのストレートで博多ラーメン風のすこしバリバリした食感です。辛いですがいけます。スープの豚骨は臭みもなく、すっきりとした味です。ただ、あえめんは何の為にあえめんにしているかわからないです。つけ麺かラーメンでも十分な気がします。あえていうなら唐辛子の辛さを、スープの量を自分で調整できることですかね。次回はラーメンにします。


北狼 (5)


















(辛いあえめんの大盛です。)


北狼 (7)


















(唐辛子がてんこ盛です。)


北狼 (6)


















(スープは臭みのない豚骨で、東京風です。)


北狼 (12)


















(スープを少し入れてかき混ぜます。)


北狼 (10)


















(めんは細麺のストレートで、博多風のコリコリした食感です。)


北狼 (11)















(あえめん、つけ麺、ラーメンがあります。)


北狼


















(お店は清潔できれいです。)


値段
(白)とんこつラーメン      750円
(黒)豚骨醤油ラーメン      750円
(赤)辛いあえめん        750円
(黄)カレーあえめん       750円
大盛               100円

詳細
住所:東京都品川区東品川4-12-4品川シーサード オーバルガーデンB1F
電話:03-3471-3983
営業:11:00〜21:00(スープがなくなり次第終了)
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆★★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在22位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 09:33コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 野方ホープ@野方

今回は息子と野方ホープへ行きました。お店の前まで行くと5〜6人の人が並んでいました。待とうか、ほかのお店に行こうか迷いましたが、待つことにしました。しばらくすると店員さんが出てきて注文を聞きます。私はつけ麺にしようか迷いましたが、やはり野方ホープはラーメンですよね。ということでラーメンに餃子のセットを注文しました。このセットは餃子4個と小ライスセットが追加100円で注文できるものです。もっとも小ライスはもともと無料です。

野方ホープはここ本店のほか、原宿店、荻窪店、目黒店と他店舗展開をしています。私は目黒店に行ったことはあります。ホープ軒と混同される場合が多いですね。おそらく本店が一番小さい。カウンター10席くらいですか。調理場も狭いです。店員さんは男性3名でした。ラーメンと餃子が来るまで、カウンターの上にある甕からキムチをつまみにビールを呑みます。うれしいサービスです。ただ、ここはビールがスタイニーボトルなので、中ビンにしてもらいたいですよね。

ラーメンがきました。ここのスープは安定していて、ほとんど日によってスープの出来がいってしていて安心です。スープを飲むと背脂が浮いていますが、コクがあるがおいしいです。すこし濃い目の醤油味です。そして麺。麺にスープがよく絡むのがおいしい。餃子もきました。食べてみるとたいしたことないです。たしかに4個100円ですから文句も言えませんが。また、餃子のストックをラップもかけないで冷蔵庫に入れているから、味も落ちますよね。でも、ラーメンに白いご飯がよくあいます。口の中が濃い味のスープと背脂が白いご飯で中和されてすごくいいです。


野方ホープ080721 (4)

















(ラーメンを注文しました。)


野方ホープ080721 (11)

















(このスープは背脂が浮いていますが、意外とさっぱりしています。)


野方ホープ080721 (8)

















(麺にとってもスープが絡んで美味しいです。)


野方ホープ080721 (2)

















(キムチをあてにビールを飲んでラーメンが来るのを待ちます。)


野方ホープ080721 (6)

















(餃子はたいしたことありませんね。)


野方ホープ080721 (1)

















(ランチのセットは2種類あります。)


野方ホープ080721

















(とても美味しくいただけました。)

値段
ラーメン      730円
ランチセット    100円

詳細
住所:東京都中野区野方2-58-4
電話:03-3387-2886
営業:11:00〜翌4:00
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在22位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 22:48コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 づゅる麺池田@目黒

今日は目黒駅から直ぐの権の助坂を下ったところにある「づゅる麺池田」です。変な名前ですね。ここは超ラーメン激戦区。150メートルに何軒ものラーメン屋さんが乱立する激戦区。以前からこの「づゅる麺池田」は行列ができていて気になっていました。午後の1時過ぎに到着して待ちは4人でした。ここは外に券売機があり、先に食券を買って並ぶシステムです。つけ麺に味玉をトッピングしました。そして行列に並びます。

席が空くとおばさんがお店から出てきて呼びます。中に入るとカウンターのみ10席くらい。おばさんのほか3人の男性がいました。一人は修行中のようでいろいろ教わりながら仕事をしていました。ここは大盛は無料です。おばさんに食券を渡すときに普通盛か大盛か聞かれます。もちろん大盛にしました。

つけ麺が来ました。麺が太いので湯で時間は長そうです釜のタイマーを見ると6分半の湯で時間みたいです。麺の量は凄いですね。400グラムですかね。スープは動物系と魚介系が旨くミックスしています。また野菜の甘みも感じられた。好きなタイプです。なかにキャベツが入っています。珍しいです。麺はモチモチして小麦の香りも感じられ好きな味です。ボリュームがありましたが、美味しく最後まで食べられました。味玉もよかったです。塩つけもあり、麺が違うのです。今度食べてみたいですね。

づゅる麺池田 (2)

















(つけ麺大盛のあじ玉のトッピングです。)


づゅる麺池田 (3)

















(麺は太麺で量も多いですね。)


づゅる麺池田 (4)

















(スープは動物系と魚介系、それに野菜の甘みも感じられるスープでした。)



づゅる麺池田

















(麺にスープが良く絡み、美味しかったです。)


づゅる麺池田 (1)

















(権の助坂の激戦区にあったラーメン屋さんです。)


詳細
住所:東京都目黒区目黒1-6-12
電話:03-5740-6554
営業:11:30〜15:00ごろ 18:00〜23:00ごろ (スープ切れ終了あり。
   土曜・日曜・祝日も他の営業日と同じ営業時間)
休日:年末年始・お盆以外原則無休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在25位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 09:39コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 麺彩房五反田店@五反田

今回は五反田の麺彩房です。私の好きな沼袋の麺彩房の新店です。同じ味なのか、それとも味を変えてあるのか楽しみです。もともと麺彩房は製麺屋さんの大成食品がやっているアンテナショップで、そこで修行をして独立するまでいろいろと面倒を見る。そこに麺を卸して商売を盛り上げるというビジネスモデルです。ただ独立したお店は麺彩房とは違う名前でしたので、ここは直営店かもしれませんね。五反田の駅から少し歩きます。暑い。りそな銀行のビルの一角にありました。凄くキレイです。本店と大違いです。

中華そばの大盛を味玉トッピング注文しました。大盛は本店同様無料です。暑いせいか、ほとんどの人がつけそばを注文していますスープをのむと麺彩房のあの味です。ただ少しクリーミーさが欠けているような気がします。なんていうかとんがっている気がします。麺はあの小麦の香りがするような、モチモチとした凄く旨い麺です。豚骨と煮干の調和の取れたスープにモチモチした麺が良くあいます。スープもよく麺に絡み、本当に美味しい。

店内はカフェみたいできれいです。また店内もゆったりしていて、女性が一人でも全然問題がありません。

麺彩房五反田店 (6)

















(中華そばの大盛、味玉トッピングです。)


麺彩房五反田店 (5)


















(豚骨と煮干の調和の取れた凄く美味しいスープです。)


麺彩房五反田店 (7)


















(麺もさすが製麺屋さん。モチモチして本当に美味しい。)


麺彩房五反田店 (1)



















(つけそばを食べている人が圧倒的に多かった。)


麺彩房五反田店



















(きれいなお店で、カフェみたいです。)


値段
中華そば     650円
あじ玉中華そば  750円
つけ麺      700円
あじ玉つけ麺   800円
ビール(中瓶)  450円
(大盛り)同じ値段

詳細
住所:東京都品川区西五反田1-23-7
電話:03-3492-0404
営業:11:30〜15:0/17:30〜21:00 スープが終了次第閉店
休日:毎週日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆☆☆
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在19位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 09:31コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 むらさき山@田町・三田

今回は田町の「むらさき山」です。前回ラーメンを食べて美味しかったのですが、随分と久しぶりの再訪となりました。お店に入ると、先客は夫婦と思われる二人だけです。1時過ぎとはいえ、評判がいい割にお客様が少ないイメージです。前回もそれほど多くなかったような気がします。場所が慶応通り商店街から狭い路地を入ったところで、場所が目立たないところだからですかね。

前回はラーメンを食べたので、今日はつけ麺を食べます。ゆかりつけ麺という「全部のせ」にしようかと思いましたが、チャーシューはいらないので、大盛に玉子をトッピングしました。券売機ですがここのは最新鋭の機械で、液晶のタッチパネル方式です。1万円・5千円を使えるのです。ラーメン屋さんの券売機は1万円・5千円を使えないので、いちいち店員さんに両替を頼まなければならないのが面倒ですよね。こんな券売機ラーメン屋さんでは見たことがないですね。

つけ麺が着ました。細麺ですね。つけ麺で細麺とは驚きです。スープはゴマがたっぷり入っています。早速食べてみるとゴマの香りがぷーんときて、細麺にスープが良く絡み、凄くいいですね。コクがあるのにさっぱりとしている。まるでそうめんを食べているようです。ここには胡椒は置いてありません。一味唐辛子と柚子胡椒です。それぞれを入れて食べると味に切れが出て、さらに美味しい。細麺ですが決して延びたりしてない。適当にコシがあり美味しい。初めてです。細麺でつけ麺が美味しいのは。つけ麺で細い麺はさいたま屋がやっていますが、あれはあまり好きではありませんが、ここのは美味しい。スープが良く絡む。スープ割を頼んだら、おそばの麺つゆ入れる徳利で来ました。これは自分で薄さ加減を調整できるのでいいですね。大満足のつけ麺でした。


むらさき山 (8)


















(つけ麺大盛、味玉のトッピングです。)


むらさき山 (9)


















(麺は意外にも細麺でした。)


むらさき山 (11)


















(ツケダレはゴマが沢山入って美味しかったです。)


むらさき山 (12)


















(細麺にゴマダレがよく絡み美味しかったです。)


むらさき山 (17)


















(一味唐辛子と柚子胡椒を入れると味が引き締まります。)


むらさき山 (13)


















(スープ割が徳利で来るのもうれしいですね。)


むらさき山 (14)

























(ラーメンもつけ麺も抜群です。)


むらさき山 (15)


















(慶応通り商店街から少し入った路地にあります。)


値段
中華そば       650円
ゆかりそば      850円
つけめん       700円
ゆかりつけめん    900円
大盛り        100円
あじ玉        100円

詳細
住所:港区芝5-23-8
電話:03-3455-8966
営業:11:30〜14:30、17:30〜22:00 ※スープなくなり次第終了
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在34位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 00:14コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

つけ麺 六厘舎@大崎

今回はつけ麺で有名な大崎の六厘舎です。大崎の駅から新しくできた明電舎跡のビル脇の坂道をひたすら登っていきます。こんな住宅街の中に本当にラーメン屋さんがあるのだろうかと不安になりながら先を急ぎます。小学校の横を過ぎてしばらく行くと横切る道が見えます。その道の手前が六厘舎です。店先をみると隣のお店でテレビの撮影が行われています。お店の前のベンチに二人座っています。二人待ちでラッキーと思いました。噂ほど混んでいないなと思ったら、脇の道に凄い人。その道の両側にもたくさんの人です。(確か5回転目に入れましたから50人くらい並んでいたのでしょうか。)

参ったなと思いましたが、やはりここまできたら食べるしかありません。また暑い。待っている人は学生が多いです。ラヲタ風の人はそれほどいません。ここは持ってきた文庫本を読みながら待つことにしました。時々車がきて、道の両側に並んでいる人たちが邪魔そうです。また、ここは総入れ替制です。つまり最後の人が出たら、次の12人(だったような?)が一斉に入るのです。これは以前に行った江古田の大勝軒(江古田駅前店ではありません。)で経験したのですが、時間がかかります。つまり一番遅い人の時間が、各回の所要時間になるのです。女性や子供がいるとその人の分の時間がその回の所要時間になります。

5回転目でお店に入れます。お店に入る直前の回の人は予め店員さんが注文を聞きます。注文を聞かれた人は次回に入れるということです。つけ麺の大盛に味玉のトッピングを注文しました。いよいよ店内に入れます。店内は12席カウンターのみで、奥から2番目の席です。予め麺は茹でてあったのでしょう、それほど待たずにつけ麺が来ました。麺は少し茶色い色をしていました。浅草開花楼の麺と聞いていましたが、今まで食べた大門のはぐれ星や桜台のさくら堂とは麺の色が違います。今までの2店は麺の色が黄色かったですが、ここは茶色です。もしかすると全粒粉を使っているのかもしれません。スープには海苔の上に魚粉が載っています。食べてみると「なんだこりゃ」という感じです。うまい。とにかく旨い。スープは豚骨が主流なのでしょうが、雑実がなく、ひとつの味がガツンとこない。なんか調和されていて、これがスープという感じです。麺との相性も抜群です。麺は小麦粉の香りがするような感じでモチモチしてうまい。また、スープに少し粘り気があるので良く絡みます。玉子は味も固さも丁度よく、至福の時間という感じです。会社を出てから戻るまで3時間以上です。まずいですね。でもそれだけのことはあります。でも大盛と玉子で1050円は高いですね。(味がいいので苦にはなりませんが、)ラーメンは庶民の味方のはづ。)


六厘舎 (2)


















(つけ麺、大盛に玉子をトッピングしました。)


六厘舎 (3)


















(麺は浅草開化楼の麺で、少し茶色でした。)


六厘舎 (6)


















(スープは少し粘り気があました。)


六厘舎 (7)


















(よくスープが麺に絡み美味しかったです。)


六厘舎 (9)


















(値段は高すぎです。)


値段
中華そば              700円
つけめん              850円
辛つけ               950円
大盛                100円
味玉                100円


詳細
住所:東京都品川区大崎3-14-10
電話:03-5434-0566
営業:11:30〜16:30
休日:火曜日


評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :★★★★★


ラーメンブログランキングに参加しました。
現在66位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ




callcharliecallcharlie  at 00:24コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

ラーメン 与ろゐ屋@浅草

今回は浅草の浅草寺の仲見世から伝法院通りに入ったところにある「与ろゐ屋」です。お店の前に行くとお店のおじさんが立って呼び込みをしています。いやな予感です。でももう疲れたので入ることにしました。初めにレジでお金を払い大きな食券をもらいます。らあめん(和風醤油)の大盛に味玉とビールを注文しました。一階はカウンター席のみ、2階がテーブル席になっています。観光客で一杯です。先ほどのおじさんが食券の販売と席に案内します。

餃子を頼む人もたくさんいました。ビールを飲んでいると来ました。さすがに浅草です。昔懐かしいまさしく東京ラーメンです。鶏がらベースしょうゆ味、麺は縮れ麺の細麺。スープはそれほど醤油の味はきつくなく、今のラーメンに慣れた人には薄く感じます。麺のコシはそれほどありません。これが東京ラーメンです。少し惜しいと思ったのは、大盛にしたらやはりスープと麺の割合が良くなかったですね。また、ここの玉子は双子を使用していました。双子の卵は普通には出回らないので、なんか特殊な仕入れルートがあるのでしょうね。懐かしい味、満足しました。


与ろゐ屋 (12)


















(醤油ラーメンの大盛に玉子をトッピングしました。)


与ろゐ屋 (9)

















(麺は細い縮麺です。)


与ろゐ屋 (11)

















(玉子は双子を使っていました。)


与ろゐ屋 (7)


















(梅しおらあめんにも興味がありますね。)


与ろゐ屋 (2)





























(もしかするとざるラーメンの方が売りなのかもしれません。)


与ろゐ屋 (3)
















(高田純次さんも来ていました。)


与ろゐ屋




























(伝法院通にあります。)


値段
らーめん          700円
梅しおらーめん       700円
ざるらーめん        700円

詳細
住所:東京都台東区浅草1-36-7
電話:03-3845-4618
営業:[平日]11:00 - 20:30
   [土曜日]11:00 - 20:30
   [日曜・祝日]11:00 - 20:30
休日: 年中無休

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 00:19コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ!