トップページ » 江古田・桜台・練馬
江古田・桜台・練馬

ラーメン ラーメン二郎桜台駅前店@桜台

また、「二郎のラーメン」が食べたくなり、まだ行っていない荻窪の二郎へ行こうとしていたら、午前中の用事がことのほか時間がかかってしまい、桜台の二郎へ変更です。お店の前には10人ほどの人が待っていました。この程度ならそれほど時間がかかりません。11席ですから、1回転で座れると思います。

列に並んで、麺の大きさコールを待ちます。結局2順目は私の前で終わって、3順目でした。最近気になるのですが、麺を少なめまたは半分でコールする人が多い。なら、二郎で食べなくていいんじゃない。てな少しツウの振り。(心で思っただけですよ。)まあ、ラーメンですから人好き好きでいいんです。お店が認めているのだから。

店員さんはふたり、どちらが店主なのか。通常なら麺を茹でている人が店主なのでしょうね。順番が来て給水機の前の席に座ります。ここのラーメンは味が濃いので給水機の前はありがたい。ところで、本店みたいにペットボトルを持ち込んでいる人が何人かいます。本店はコップが汚いのと、水道の水で冷えてないのでペットボトルのお茶を持ち込む人が多いのですが、ここの水は冷えていますので問題がありません。ただ狭いので遠い席に座ると給水機まで行くのが面倒です。ただし、席は選べないので、運ですね。

トッピングののコールです。ここは「にんにく入れますか」のコールです。「野菜まし、にんにくましで。」とコールしました。来たラーメンをみますと、なんだか普通。コールが悪いのですかね。まあこれが二郎流で、あまり細かいことは。野菜も今日はいつもよりキャベツの量が少ないような印象がします。さっそく、麺をさがして野菜を食べ進みます。必死になって食べて、麺にたどりつきます。おいしいですね。桜台の二郎は味の濃さ、野菜、麺の固さ、全てが私の嗜好にぴったりです。最近二郎や家系など味が濃いのが趣味になったような気がします。

食べ進んで少し味に飽きてきたところで、生卵をおわんに割って、すき焼き風にして食べます。誰が考えたのか美味しいですよ。ここの豚も美味しいですよ。二郎の豚は塊がごろっと入っているところが多いですが、ここはちゃんとャーシュー風でぷりぷりして美味しいです。大きいのが3枚入っています。本当に二郎はコストパフォーマンスがいいですね。今日も美味しく食べられました。

だんだん暑くなってきます。汗びっしょりかきながら食べる二郎もいいですよ。次回はそのようになりますかな。


CIMG3072


















(ラーメン小、ニンニクと野菜増しです。)


CIMG3074


















(ニンニク多いですかね。)


CIMG3075


















(こんなに大きな豚(チャーシュー)が3個も入っていました。)


CIMG3077


















(麺の茹で加減もちょうどいい。二郎系では量が多いので食べているうちに延びるので固めで頼むところも多いですが、桜台は固めコールはめったに聞かない。)


CIMG3079


















(背脂が乳化したスープはとっても美味しい。)


CIMG3081


















(後半はすき焼き風で食べてみました。)


CIMG3083
























(いつも十人ほど並んでいます。それよりも短くならないし、長くならない。不思議です。)

値段
小ラーメン    650円
大ラーメン    750円
生たまご      50円

詳細
住所:東京都練馬区桜台1-5-1
電話:なし
営業:月〜金 17:30〜23:30 土 11:00〜15:00(売切れ次第終了)
休日:日曜(祝日は不定休)

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
もしよろしかったら投票をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 23:03コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン はないち@練馬

今回は練馬の「はないち」です。昨年の4月以来の訪問です。行きたい、行きたいと思っていたのですが、去年の暮れのラーメン番組のテレビで優勝して、混んでるのではないかと思い、なかなか行く気にはなりませんでした。練馬には有名店「じゃんず」がありますが、この「はないち」も相当ファンがいます。ただし練馬といっても「じゃんず」とは反対側、駅の北側の商店街をどんどんいくとあります。なにかスナックとか入ったビルの1階のあまりきれいとはいえない建物の中です。ここは、前もラーメン屋さんだったと聞いています。

12時前だったせいか、お客様は4人だけ、店員さんはご夫婦だけです。前に来たときも思ったのですが、すごく丁寧な接客で好感が持てます。このお店は、珍しく塩味で勝負していて、麺は自家製麺です。太麺と細麺が選べて、太麺のつけ麺が人気です。前回はそれをいただきましたが、今回はしおラーメンを中盛でいただきます。ランチのセットもありますが、今日は休日なので生ビールをいただきます。

しおらーめんが来ました。なんか以前と変わっている。塩ラーメンというと皆さん透き通ったスープを思い浮かべるでしょうが、ここのスープは濁っていています。今回はさらにカレー粉のような鮮やかな黄色い色をしています。スープを飲んでみると鳥の香りと凝縮した味がなんともいえません。確実に変わっています。以前はもっと魚介の風味が強かったような気がします。今回は鳥の香りと味がなんともいえません。これほラーメンのスープで鳥を感じたことはありません。東中野「好日」が鳥の味を前面に出してい大変好きですが、あそこは魚介も相当強い感じがします。「はないち」は魚介よりも鳥がものすごく強い感じがします。またスープにとろみが少しあります。それもジャガイモなどで無理やりとろみをつけているのではなくて、凝縮されてとろみがついた感じがして、すごくいい感じです。ラーメンのスープではなく、高級レストランのスープみたいです。

麺は以前と変わった感じがしません。舌触りもよく、小麦の香りが感じられる美味しい麺です。茹で加減も本当によく美味しかったです。スープもとろみがあるせいか、よく絡みます。しかしなんせ麺が太いので、少し麺だけの感触が口の中に広がる感じがします。もしかするとラーメンには細麺の方がより合うのかもしれません。チャーシューはばら肉を筒状にして、それを半円状に切ったもの(大きい)を注文してから奥さんがバーナーで炙ってくれます。これも美味しいです。

今の気分は、今年食べたラーメンでは文句なしに一番です。近々、絶対に再訪して細麺で食べてみます。


CIMG3059


















(しおらーめんの中盛りです。)


CIMG0035


















(平成20年4月のときのしおらーめん。上の写真と色が違いますね。)


CIMG3062


















(このスープは高級レストランのスープのようです。)


CIMG3063


















(麺は自家製の太麺です。そのほかに細麺も注文できます。)


CIMG3065


















(チャーシューはバーナーで炙ってから出てきます。)


CIMG3058


















(しお味で勝負しているお店です。)


CIMG3069


















(ランチのセットメニューもあります。)


CIMG3057


















(練馬駅の北口から商店街をまっすぐ行ったところにあります。)


値段
しおらーめん   650円
しおつけめん   650円
しおあえめん   650円
あじ玉      100円

詳細
住所:東京都練馬区練馬2-2-18
電話:非公開
営業:11:00 - 18:00
休日:木曜、日曜、祝日

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆☆☆
価格 :☆☆☆☆★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 15:29コメント(3)トラックバック(3) この記事をクリップ! 

つけ麺 麺豪K@江古田

今日は飲んだ後のラーメンと言うパターンです。江古田駅で降りて適当なお店を探します。江古田もラーメン激戦区ですから、下調べなしでもラーメン屋さんは見つかります。そこで丸福大勝軒の隣の「麺豪K」にすることにしました。江古田の駅は世路も活気のある街です。そんなところには美味しいラーメン屋さんが集まるものです。

お店の外観はあまりお金を掛けてはいないがど派手にしている感じのお店です。丸福大勝軒の隣ではこのくらいしないとやっていけないのでしょうか。食券機はお店の外にあります。よくわからないのですが、つけ麺の写真が美味しそうでつけ麺を食べることにしました。

お店の中はあまり広くはなくカウンターとテーブル席。カンターは高い椅子で少し座りにくい感じがします。店員さんは男性が二人です。先客は一人で、途中で彼女を迎いに出るために退席しました。

つけ麺は麺が太くて角ばっています。少し黒くて地粉が混ざっているのか少し黒味がかっています。美味しそうですね。その上にラーメン二郎のような飾らないチャーシューと言うか豚肉の塊が乗っています。卵も乗っています。こらはデフォルトかトッピングか忘れてしまいました。(なんせ、呑んだあとでしたので。)スープは典型的なダブルスープでした。少し甘みもありました。麺が太いのでもう少し特徴のあるスープにしたほうがいいかもしれません。豚はみたもよりも脂が乗って美味しかったです。

丸福大勝軒の隣でがんばっているお店です。メニューも多く、それなりですが、なんか特徴が出し切れていないような気がします。これからお店の特徴が出てくるのかもしれません。


麺豪K (10)


















(天上つけ麺で太麺です。)


麺豪K (12)


















(スープは典型的なダブルスープです。)


麺豪K (11)


















(麺は太麺を選びました。)


麺豪K (16)


















(この麺は美味しいですね。はつがいのような麺です。)


麺豪K (14)


















(チャーシューは豚肉の塊と言う感じです。)


麺豪K (6)
























(気合が入っています。)


麺豪K (5)


















(メニューは醤油、辛味噌、味噌のらーめんとつけ麺です。)


麺豪K

























(丸福大勝軒の隣です。)


値段
天上醤油らーめん       650円
カムイ辛味噌らーめん     700円
みそらーめん         650円
天上つけ麺          750円
     
詳細
住所:東京都練馬区栄町4-7 YKビル102
電話:非公開
営業:11:00〜23:00
休日:無休

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★
☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 19:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン さくら堂@桜台

会社の同僚と呑んだ後、やめようと思いながら行くラーメン屋さん。この時間に開いているおみせは桜台の「さくら堂」です。桜台もラーメン激戦区。ラーメン二郎、破顔(はがん)、まるよし商店、そしてこのさくら堂とレベルの高い場所です。

桜台の駅を降りて、千川通りを練馬駅の方へ少し行ったところにあります。暗い中に煌々と光るさくら堂です。券売機で中華そばとビールの食券を買います。ここは3回目の訪問です。基本的にここはつけ麺を売りにしているお店ですが、過去2回はつけ麺を食べてラーメンは食べていないので今日はラーメンを食べてみることにしました。

お店は吉野家の様なU字型のカウンターとテーブルがあり奥の厨房も広いお店です。店員さんは男性3人でした。前にいた中国人の気になるお姉さんは残念ながらいませんでした。

ビールのおつまみに茹でた半熟卵が出てきました。前はなかったです。ラーメンは大きな木のレンゲと一緒に来ました。スープを飲むとにぼしの香りがぷーんのきます。とんこつ醤油のですが煮干がきいたマイルドな感じです。麺はつけ麺と同じです。確かここは開花楼の麺を使っています。少しぼそぼそする感じです。やはりつけ麺用の麺という感じです。もう少ししっとりとした感じの麺のほうがいいような気がします。つけ麺と違う麺を使ったらいいんじゃないかなと思ったりして。

チャーシューはそれほど厚くないですが大きいですね。美味しいチャーシューです。また半熟卵の半身がデフォルトで入っています。レベルが高いラーメンでした。気になるのが隣の人が食べていた「鉄鍋味噌ラーメン」です。その名のとおり鉄鍋で出てくるラーメンで熱々で美味しそうでした。


さくら堂 (6)


















(中華そばの並です。)


さくら堂 (10)


















(麺はつけ麺と同じ開花楼の中太の麺でした。)


さくら堂 (13)


















(スープは煮干の香りがプーンとくるあっさりとしていました。)


さくら堂 (11)


















(チャーシューはとても大きく美味しかったです。)


さくら堂 (14)


















(半熟卵がデフォルトでついてきました。)


さくら堂 (4)


















(鉄鍋味噌ラーメンが気になります。)


さくら堂


















(千川通り沿いにあります。)


値段
つけそば(並・中盛)      700円
中華そば(並・中盛)     650円
特製つけそば         880円
特製中華そば         850円
大盛り             100円

詳細
住所:東京都練馬区桜台4-1-8
電話:03-6658-4319
営業:[月〜木]
11:30〜13:30
18:00〜24:00(L.O)
[金・土]
11:30〜13:30
18:00〜翌1:00
[日・祝]
11:30〜22:00
休日:不定休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆★


ラーメンブログランキングに参加しました。
応援を感謝します。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 23:28コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 匠家@練馬

最近気になってきた家系ラーメンを食べたくなって、練馬の「匠家」に行くことにしました。以前に一度食べたことがありますが、実はあまり印象がないお店です。美味しかったのですが、よく覚えていません。

このお店は練馬駅から距離が少しあり、住宅街の入り口といったところにあります。新目白通りからほんの少し入ったところ、あの「じゃんず」からもそう遠くはありません。以前は焼き鳥屋さんだったところを居抜きで開店したので、お店は古く、しかもラーメン屋さんと気がつかないような外観です。

お店に入るとカウンターのみの小さなお店です。先客はおばあちゃんと孫娘、若い男性二人の4人でした。店員さんは店主と女性の店員さんの二人です。奥さんではなさそうです。

メニューを見ると家系には珍しく、メニューが豊富です。わかめラーメンとかバリエーションがたくさんありました。またつけ麺はありませんでした。私は基本の「とんこつ醤油の大盛」を注文しました。ここは、先ほど述べたように、もと焼き鳥屋さんだったところなので、ラーメン屋さんにしてはカウンターが低いので、店主がラーメンを作っているのが良く見えます。きびきびとして、女性の店員さんとも息が合い好感が持てます。

卓上には豆板醤、おろししょうが、にんにくの塊とつぶし機、それにペースト状の唐辛子などもあり、自分でさまざまな味にできるようです。今日は休日なのでにんにくを入れます。おろししょうがは珍しいですね。でも、なんだか味が変になりそうで使いませんでした。

「とんこつ醤油の大盛」が来ました。トッピングは家系の定番の大きな海苔5枚、チャーシュー、ほうれん草です。ただし、この海苔が写真でも分るようにラーメンの表面にかぶせてあります。ほかのお店のように立ててありません。それで下の何枚かは濡れてくっつき、硬くなってしまいます。これはいただけませんね。ただどんぶりが小さいのでしょうか、この器ではふちが低く海苔を立てることがきませんね。

スープは表面に少し脂が浮いた、穏やか系の家系の味です。わたしが行く家系は「濱一」「まこと家」「武蔵家」など穏やか系が多いですね。家系というとぎとぎとの脂を想像する人もいるかもしれませんが、決してしつこくなく意外とまろやかです。

麺は中太のストレートで家系独特の表面がつるつるした麺でした。これほど表面がつるつるした感じで、しかもスープの絡みがいいのは何故でしょうね。ここが家系の特徴でしょうか。にんにくをつぶしていれるとまた味が変わり美味しくいただけました。

お店の外観から少し入りにくい感じがありますが、ラーメンは美味しかったです。食べているうちもほかのお客さんが増えて、繁盛していました。


匠家 (2)


















(しょうゆ豚骨の大盛です。)


匠家 (5)


















(麺は中太のストレート。)


匠家 (4)


















(スープの表面には薄っすらと脂が。)


匠家 (8)


















(チャーシューは固くはありませんでしたが、特別と言うこともありませんでした。)


匠家 (9)


















(練馬のじゃんずの近くです。)


値段
とんこつ醤油       700円
大盛り          100円


詳細
住所:東京都練馬区豊玉北5-25-16
電話:03-3948-2993
営業:11:30〜16:00、18:00〜22:00 木曜11:30〜16:00 土日祝日11:30〜22:00
休日:月曜日


評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆★★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
もしよろしかったら投票をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 10:52コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 破顔(はがん)@桜台

前から気になっていた桜台のラーメン屋さん「破顔」(はがん)に行ってきました。2008年4月の開店という比較的新しいお店です。会社帰りに寄りました。桜台はあのラーメン二郎、まるよし商店、さくら堂などほんの狭いところり有名店が密集しています。このほかにも喜多方ラーメンなどもあります。

夜の9時ごろだと言うのに行列ができています。建物は古くて(さくら堂以外は皆同じように古い。)昭和の30年代の建物と思われます。とても新しいお店には見えませんね。どうも並んでいる人を見ると一度店内に入って食券を買い外の列に並ぶシステムみたいです。

順番が来てカウンターに座ります。店内も狭くカウンターのみ10席以下だったと思います。店員さんは若い男性二人が、丁寧にラーメンを作っています。麺の洗いや出汁の計量、盛り付けなど真剣にやっていました。好感が持てるお店です。

わたしが頼んだのはつけ麺の中です。麺は極太でいい感じです。スープには海苔が2枚とチャーシューの刻んだのが見えます。食べてみると麺は小麦の香りが感じられる美味しい麺です。スープにはとろみがついて麺にスープが絡みます。魚介の味もして、六厘舎風ですね。私が最後の客みたいで、食べている間に店員さんが仕込みを始めました。目の前でゆでたジャガイモの皮をむいていたので、何に使うのかと思いましたが、後で考えるとジャガイモであのスープのとろみを出していたのでしょうね。

おいしく食べられ満足の1杯でした。桜台のラーメンは楽しくなりましたね。


破顔 (7)


















(つけ麺の中です。)


破顔 (9)


















(麺は極太です。)


破顔 (11)


















(スープにはとろみがついていました。) 


破顔 (14)


















(麺は小麦の香りがするモチモチした美味しい麺です。)


破顔 (2)


















(チャーシューはこんな感じです。)


破顔 (4)


















(こんなふるい感じです。これが桜台のラーメン屋さんスタイル。)


値段
つけめん       並 700円
つけめん       中 700円
ラーメン       大 650円
汁なし        並 650円
汁なし        中 650円


詳細
住所:東京都練馬区桜台1-5-11
電話:03-6383-3165
営業:11:30〜14:00 18:30〜22:00(材料切れ終了)
休日:月曜日


評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆★

ラーメンブログランキングに参加しました。
もしよろしかったら投票をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 13:57コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 羽琉飛(はるとび)@練馬

今日は練馬の「羽琉飛」(はるとび)と言うお店です。私も何回か取り上げた「さいたま屋」練馬店の跡にできたお店です。看板塗り替えただけで後はまったく同じです。ぜんぜんこのお店には知識がなくて行って見ました。外の張り紙をみると「味噌ラーメン」が一番上に書いてあったので味噌ラーメンを食べることにしました。初めてのお店は券売機の左上を買うという鉄則を守ります。

お店の中に入ると内装も「さいたま屋」練馬店のままです。とんこつベースの味噌ラーメンだそうです。会社帰りだったのでビールも頼みました。さいたま屋のときは生ビールもあったのですが、瓶ビールだけですね。9時頃だったので中途半端な時間のせいかお客様はいませんでした。おばちゃんと奥に男性の店員さんだけでした。

しばらくすると奥で野菜を炒めている音がします。これは昔の札幌ラーメン風かもしれないなと思っているとビールがきました。なんとジョッキと一緒に来ました。おばちゃんが注いでくれます。なんか瓶ビールにジョッキは変ですよね。気の弱い私はコップを頼めませんでした。今考えるとさいたま屋のときのジョッキが残っていたので使っているのかもしれませんね。

味噌ラーメンがきました。ゴマがたっぷりかかり、もやしや黒いのは何でしたっけ?ねぎも少し斜め切りにしてありきれいです。スープをのむと野菜の甘さとにんにくの香りがします。麺は細麺で少し縮れています。あの札幌ラーメン独特の黄色い麺です。そう言えば大盛りも同じ値段ですので、大盛りにしました。量は十分です。下から玉葱が出てきました。これを炒めていたのかしれません。テーブルにあるおろしにんにく、七味、ラー油を加えて食べました。

もともと味噌はあまり食べないのでよくわかりませんが、辛みその方が自分にはあっているのかな。とんこつはあまり感じません。野菜は好きです。この場所はこのお店で3度変わっているので、今回は成功するでしょうか。

羽琉飛


















(味噌ラーメンの大盛りです。)


羽琉飛 (3)


















(ゴマがたくさんかかっていました。)


羽琉飛 (5)


















(麺は細麺で少し縮れがあり、黄色い札幌ラーメン風です。)


羽琉飛 (6)


















(チャーシューは柔らかいのですが少し薄いかな。3枚入っていました。)


羽琉飛 (8)


















(スープはあまり豚骨を感じませんでした。)


お値段
味噌ラーメン     700円
辛味噌ラーメン    800円
醤油ラーメン     800円
(大盛りも同じ値段)

詳細
住所:〒176-0001 東京都練馬区練馬1-2-13 西武会館1F
電話:不明
営業:11:30〜15:00 18:00〜22:00
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
どうぞプチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 09:42コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン ラーメン二郎桜台駅前店@桜台

土曜日に妻が外出で、息子とラーメンを食べに行くことになりました。桜台の破顔に行こうとしたのですが、息子が「ラーメン二郎」が食べたいということで変更しました。でも、あまり行列が長かったら破顔にしようということにしました。心配なのは既に午後2時近くなので、売り切れていないか。土曜日はお昼の営業のみで、2時半頃には材料切れで閉店することが多いいみたいです。

お店の前まで来ると10人程が雨の中を待っています。ただ、その前の組がもう食べ終わるくらいでしたので、うまくいけば2順目に食べられるかもしれません。今日はラヲタ風の人は少ない感じです。雨のせいか、ラヲタはもっと早時間にくるのか。若い男性が多いですが、ちらほら女性もいます。

「ラーメン二郎 桜台駅前店」は私が行った二郎の中では一番美味しいと思っています。まあ、二郎系は好きなのでどのお店も気に入っているのですが。もちろん「小ラーメン」に今日は生卵を付けました。小は650円とリーズナブルでうれしい限りです。待ちながら気になったのは「小の少なめ」とか「小の半分」というコールが多いいのです。「二郎」の醍醐味は食べきれないのではないかと恐怖と闘いながら食べることではないかな。

カウンターに座り、数分で「にんにくいれますか」のコールに「野菜マシ、ニンニクマシ」のコール。きました、今日も盛がいいですね。ここの野菜はキャベツが6割もやし4割というところですか。キャベツが少ない二郎ですと、スープの辛さに飽きたとき野菜を食べて中和することができないので、やはり野菜はキャベツ多目がいいですね。

野菜から少し食べて麺を食べます。今日の味は本当に美味しい。麺にしみた味が最高です。辛さ、麺の固さ、私好みの味になっています。スープの乳化もよく、スープが落ち着いた感じがします。にんにくを溶かしたり、唐辛子を入れたりして少し味を変えながら食べます。野菜のしゃきしゃき感も最高です。やはり桜台駅前店はいいですね。さらに、今日の豚は肉厚で大きいのが2枚です。前はもっと二郎風でごろごろしたのだったような気がしますが変わったのですかね。それともたまたまですか。半分食べたところで、今度は生卵を溶いたお椀の中に麺や野菜をすくって食べる「すき焼き風」でいただきます。これがまたうまい。これ誰が始めたのでしょうかね。

ということで大満足の一杯でした。

ラーメン二郎桜台駅前店 (3)


















(小ラーメン、野菜、ニンニクマシ。)


ラーメン二郎桜台駅前店 (6)


















(麺がスープとよく絡み、すごく美味しかったです。)


ラーメン二郎桜台駅前店 (4)


















(今日の豚は大きくて脂の乗りも最高でした。)


ラーメン二郎桜台駅前店 (7)


















(今日は生卵を追加してすき焼き風にして食べました。)


ラーメン二郎桜台駅前店 (8)


















(雨の中でも行列の「ラーメン二郎桜台駅前店」でした。)

値段
小ラーメン    650円
大ラーメン    750円
生たまご      50円

詳細
住所:東京都練馬区桜台1-5-1
電話:なし
営業:月〜金 17:30〜23:30 土 11:00〜15:00(売切れ次第終了)
休日:日曜(祝日は不定休)

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
もしよろしかったら投票をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 07:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 (丸福)大勝軒江古田駅前店@江古田

随分と記事のアップがされていませんが、これから再開します。忙しくて前ほど書けないかもしれませんが、マイペースで更新していきます。

今回は「大勝軒」系です。大勝軒系というとものすごい勢いで増えていて、お店によってばらつきがあり、がっかりさせられることもあるみたいです。でも今日は大丈夫です。評判のよい「江古田駅前店」です。学生の町、ラーメン激戦区西武池袋線江古田駅にある「丸福 東池袋大勝軒 江古田駅前店」です。「江古田駅前店」としたのは「江古田店」は中野の沼袋のそばに(新青梅街道沿い)にあるからです。

ネットで調べた地図を頼りにお店を探しますが見つかりません。江古田駅の近くの路地にありました。古い建物で新しいお店なのに風格があります。(?)味噌つけや和風もありますが、今日は普通のもりそばにします。そして休日のご褒美ビールの食券を買います。お昼時をはずしたのでお客様は並ばない程度に満杯でした。

ビールのお通しにシナチクが出てきました。いいですね。ビールを呑みながらもりそばが来るのを待つのが楽しいですね。今度はトッピングの味玉が別皿できました。きれいな卵です。ただ、味玉ってそれほどお店で味は変わりませんよね。そんなことないかな?今はどこもレベルが高いような。

つけそばの大盛りがきました。スープには表面に薄っすらと脂がのって、麺は大勝軒特有のどんぶりで出てきました。盛りは満足です。(大勝軒系は盛りがいい。)早速食べてみると、美味しいですね。野菜の甘味があるスープと大勝軒風の小麦の香りがする麺がとってもうまい。あと特徴なのはスープに鳥のつくねが入っていることですね。しかし特に美味しいとは思いませんでした。

お店が私の嫌いな乱雑ですが、美味しいお店だと思います。江古田の激戦区でがんばっているだけあっていいですね。和風はどんな味なんでしょうかね。

大勝軒 江古田駅前店 (3)


















(もりそばの大盛です。)


大勝軒 江古田駅前店


















(ビールのおつまみのシナチクです。)


大勝軒 江古田駅前店 (2)


















(味玉は別皿で来ます。)


大勝軒 江古田駅前店 (4)


















(スープの表面にはうっすら脂が浮かんでいます。)


大勝軒 江古田駅前店 (5)


















(麺も小麦香りのする好きなタイプですね。)


大勝軒 江古田駅前店 (6)


















(麺は大盛も同じ値段で食べられます。)


大勝軒 江古田駅前店 (7)


















(つくねはそれほどインパクトはありませんでした。)



大勝軒 江古田駅前店 (8)


















(江古田駅のすぐ近くです。)


詳細
住所:〒176-0006 東京都練馬区栄町4-7
電話:03-5999-1201
営業:11:00〜21:00(スープがなくなり次第終了)
休日:水曜日

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆★★★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
ぜひともご協力をお願いします。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 00:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 東池袋大勝軒豊玉店@江古田、桜台、新江古田

今日は「東池袋 大勝軒豊玉店」です。場所は西武池袋線の江古田駅か桜台駅になるのでしょう。環七と新目白通りがぶつかる豊玉陸橋の近くです。駅からは少し遠いですね。ちょうど武蔵大学の裏辺りです。

午後の2時ごろだったので先客は5名。カウンターだけのお店です。なんだか厨房が広いのに客席の周りにダンボール箱が散乱して嫌な感じです。ラーメン屋さんも客商売なのですからもっと綺麗にしてもらいたいですね。店員さんは主人らしい人が一人です。

もりそばの「大」とビールの「大」を注文しました。ビールの大はなんだろうとおもっていると、大瓶でした。最近見ないですねビールの大瓶。もりそばの大が来ました。凄い量です。さすがの私でも食べられるか不安です。つけ汁は見た目少し薄いような感じです。食べてみると大勝軒のあの甘さ、野菜の甘さだと思いますが、少しすっぱくてやさしい味です。魚介の味がかすかにして、麺もそれほど太くありませんがツルツル美味しい味です。やっぱり大勝軒は美味しい。ただし、東池袋大勝軒系はチェーン店では無いのであたりはずれがあります。みな少しスープの味が違うし、使っている麺も違う。

ここは、私は好きな味です。凄い量の麺も簡単に食べてしまいました。チャーシューもプルプルして美味しいですね。

そういえば江古田には江古田駅前店、江古田店(新青梅街道)、この豊玉店と大勝軒が3件もあります。ただし、場所は適当に離れていて競合はしていないと思います。ただ残念なことに店内に張り紙がしてあったのですが、このお店2009年の1月に東久留米へ引越しするそうです。やはり場所がよくないのでしょうね。その前にもう一度寄りたいですね。


大勝軒 豊玉店

















(つけそばの大。凄い麺の量です。)


大勝軒 豊玉店 (2)

















(それほど太くないですがモチモチして美味しい麺です。)


大勝軒 豊玉店 (4)

















(大勝軒独特の甘酸っぱい味のつけ汁です。)


大勝軒 豊玉店 (7)

















(麺にスープが良く絡み、美味しくいただけました。)


大勝軒 豊玉店 (9)

















(チャーシューもプリプリして美味しくいただきました。)


大勝軒 豊玉店 (10)

















(残念ながら2009年1月末で閉店して、東久留米に引っ越すそうです。)


値段
ラーメン      650円
ラーメン(小)   630円
ラーメン(大)   850円
ラーメン(半分)  620円
もりそば      650円
もりそば(小)   630円
もりそば(中)   750円
もりそば(大)   850円

詳細
住所:東京都練馬区豊玉北2-16-2
電話:03-5999-5217
営業:11:00〜20:00
休日:木曜


評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しています。
現在17位です。
是非プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 16:46コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!