トップページ » 大崎・五反田・目黒
大崎・五反田・目黒

つけ麺 萬馬軒(まんばけん)@目黒

今日は目黒の「萬馬軒(まんばけん)」です。萬馬軒なんて縁起のいい名前でよろしいですね。目黒駅を降りて権ノ助坂のラーメン激戦区に行こうとしたら、どうしたことか東口に出てしまい、戻るのも面倒なので萬馬軒に行くことにしました。目黒の駅とその周辺はすっかり綺麗になっておしゃれな感じがします。特に東口は。

お店の前にまで来るとラーメンとつけ麺の大きな写真があります。迷いましたが今日はつけ麺とチャーシュー丼のセットを食べることにしました。お店の中に入ると食券機があり、その奥にカウンターがあります。狭いなと思ったのですが、私の次に入った団体さんはお二階へどうぞと誘導されていました。お店の外から行く二階席があるようです。

先客は地元風の人とサラリーマンが数人いました。店員さんは男性が3人が1階にいました。奥で鍋を振る音がします。どちらかと言うと中華屋さん出身なのでしょうか。

最初にチャーシュー丼が来ました。細かく切った(おそらく端)チャーシューにすごく濃い感じのタレが掛かっています。その後直ぐにつけ麺が来ました。平たくて黄色い色したなんとも美味しそうです。麺が少し少ないかなと思ってしまいます。スープの量も少ない感じがします。

食べてみると麺は小麦の美味しさがでた、美味しい麺です。スープは見た目から薄そうです・大王つけ麺の大崎みたいな、見た目が少し物足りない感じがするスープです。なんだかつけ麺大王見たいなクラッシックな味です。麺は黄色い平うち麺で十分個性的なのですが、私は濃厚なスープで食べたいような気がします。こんな縁起のいい屋号だとなにかいいことがあるような感じです。

萬馬軒 (7)


















(つけ麺です。)


萬馬軒 (4)


















(これがチャーシュー丼です。)


萬馬軒 (10)


















(麺は平打ちでした。)


。)萬馬軒 (5)



















(スープはあっさりとして少し物足りない感じです。)


萬馬軒 (12)


















(なのも言わないとロースのチャーシューが来るようです。)


萬馬軒 (14)


















(この麺をもっとこってりしたスープで食べたかったです。)


萬馬軒 (2)


















(チャーシューがロースか肩ロースを選べるのって変わっていますね。)


萬馬軒 (3)


















(机上には沢山の調味料が用意されていて、味を自分の好みにできます。)


萬馬軒
























(2階席もあるようです。)


詳細
住所:東京都品川区上大崎3-3-4
電話:03-5420-1080
営業:[月〜金]11:00〜翌1:00
   [土]11:00〜翌00:00
   [日・祝]11:00〜23:00
休日:無休

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆★★★
価格 :☆☆☆★★


ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 21:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 麺源屋@目黒

今日は目黒の権ノ助坂の「麺源屋」です。以前から前を通り気になっていたので入ってみることにしました。お店の前には大きな写真入の看板があります。どうもつけ麺が主流のお店みたいです。

テーブルが3席と壁際のカンウンターのお店です。お店の中にある張り紙を見ると激辛のつけ麺とラーメンが名物のようです。並盛り(220g)中盛り(330g)大盛り(440g)が同じ値段の680円です。大盛り440gは結構ボリュームがありまね。ボリュームがあるお店でも400gが普通ですから。迷いました。やはり440gの大盛りの食券を買いました。辛いのは次の機会と言うことにして、普通のつけ麺にしました。

カウンター席に座り、卓上を見ると魚粉と辛子の入った器があります。好みで入れるのですが、そのほうが最初から入っているよりいいでしょうね。特に六厘舎の影響か、最近魚粉が最初からたっぷり入っているつけ麺が増えました。魚粉が苦手な人もいるのでこの方がいいでしょうね。

つけ麺がきました。麺の量はそれほど多くは感じません。ただ写真でも分るように麺がぶつぶつ切れています。食べてみるとコシがないわけでないので麺の取り扱いが雑なのかもしれません。食べてみるとスープが野菜の甘さなのか少し甘いです。麺はコシが強いわけでもなく、もちもちしているわけでもなく、ごく普通と言ったところです。全体に特徴をあまり感じない一杯でした。


麺源屋


















(つけ麺の大盛り(440g)です。)


麺源屋 (4)


















(麺がぶつぶつ切れているのが気になりました。)


麺源屋 (7)


















(スープは少し甘いです。)


麺源屋 (8)


















(意外と大盛りでも難なく食べてしまいました。)


麺源屋 (11)


















(チャーシューも特徴ありません。もっとも切って入れてあると特徴ははじめから出ませんが。)


麺源屋 (16)


















(卓上には魚粉と辛子。)


麺源屋 (13)
























(激辛で有名みたいです。)


麺源屋 (15)
























(セットメニューも豊富です。)


麺源屋 (12)

























(目黒の権ノ助坂にあります。)


値段
つけ麺      680円
辛味噌つけ麺   680円
鬼源ラーメン   680円
しょうゆラーメン 680円
塩ラーメン    680円
味噌ラーメン   680円
野菜ラーメン   680円
     
詳細
住所:東京都目黒区目黒1-4-8
電話:03-3495-7668
営業:11:00〜翌2:00(麺切れにて終了)
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆★★★
麺  :☆☆★★★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 06:22コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 野方ホープ目黒店@目黒

何故だか濃い目のラーメンが食べたくなって、ラーメン激戦区である目黒の野方ホープに行ってきました。激戦区の権ノ助坂はまだまだ新店がオープンしているらしく、また機会があったらそちらにも寄ってみるつもりです。

目黒駅から坂を下っていくとある「野方ホープ目黒店」はランチタイムには行列ができています。ランチタイムサーブとして100円アップで「半チャーハン」または「餃子4ヶ+小ごはん」というメニューがありお徳です。あとひとくちライスは無料です。野方の本店では、確かひとくちライスは無料のサービスはやめてしまったようですが、こちらは激戦区でサービスがよいのかもしれません。

私はラーメンと味玉、そして半チャーハンの食券を買って、壁際のカウンターに座ります。卓上には小さな壷があり、その中にはキムチが入っていて、自由に食べることができます。これをつまみながらビールでラーメンを来るのを待つのがいいのですが、今日は仕事中で残念です。

お店の中はとても広く、大きな10人ほど座れるテーブルもあります。奥には厨房がありますが見えません。きびきびした若い男性の店員さんが忙しそうにしています。

ラーメンは最後にごしごし背脂を降りかけて出てきます。スープの表面は背脂がびっしりです。この背脂は注文時に言えば量を調整できます。私はいつも普通です。ここのラーメンの特徴はスープにコクがあり、なんといっても麺に良くスープが絡みます。麺は中太で少しちぢれています。固さもちょうどよく、黄色が強く、小麦の味が強く出ている感じがする非常にスープとのバランスが良い感じがします。この背脂もすっきりしていい感じです。

肝心の半チャーハンですが、いまいちでした。単品で食べたら美味しいのかもしれませんが、すっきりしている背脂でもそこは脂。口の中が脂っぽくなったときに食べるには、脂で炒めたチャーハンより白いご飯が良くあうような気がします。


野方ホープ目黒店 (8)


















(ラーメンにあじ玉をトッピング。)


野方ホープ目黒店 (6)


















(これが100円アップでくる半チャーハンです。)


野方ホープ目黒店 (12)


















(麺は中太の縮れ麺でスープが良く絡み、好きです。)


野方ホープ目黒店 (13)


















(チャーシューも厚みもありとろけて美味しかったです。)


野方ホープ目黒店 (15)


















(スープには背脂を振りかけています。)


野方ホープ目黒店


















(ランチタイムメニューには餃子と白いご飯と言う組み合わせもあります。)


野方ホープ目黒店 (4)


















(このキムチでラーメンを待っているのも良いですね。)


野方ホープ目黒店 (3)


















(この唐辛子はそれほど辛くありません。いっぱいいいれてしまいました。)


野方ホープ目黒店 (16)


















(野方ホープは沼袋の本店以外にもここ目黒と原宿にあるみたいです。)


値段
ラーメン      730円

詳細
住所:東京都目黒区目黒1-5-16
電話:03-3494-7736
営業:11:00〜翌4:00
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 15:08コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 平太周(ひらたいしゅう)味庵@大崎

大崎の平太周です。五反田の平太周と言う人もいます。ここの極太麺のラーメンが食べたくなって久しぶりの訪問です。極太麺と背脂たっぷりのスープがあいまってなんともいえない味が魅力です。極太麺は特注で何も言わなければ普通の太さ(どちらかというと細い麺)になります。当日は昼を少し過ぎた時間でした。並びませんでしたが、カウンターは満席でした。ここはコの字のカウンターのみです。極太麺にクーポンチケットを使い無料のあじ玉をトッピングしました。ほかのお客様をみていると特製らーめん(800円)を食べている人が多いみたいです。極太麺を連続して食べているので、次は特製らーめんを食べてもいいかなと思っています。

極太麺がきました。どんぶりの色が黒いせいもあり、太い麺、たっぷりの背脂、どんぶりの黒と精悍なラーメンです。背脂たっぷりですが、スープを飲んでみてもすっきりしています。これがここの良いところですね。なんか写真をみるとぎとぎとという感じですが食べてみると意外と背脂のしつこさは感じません。

ラーメンの極太麺はおそらく「爆盛油脂麺」(ばくもりあぶらあぶらめん)の麺と同じだと思います。ただし、「爆盛油脂麺」は15:00からのメニューなので、お昼にしか行ったことのない私は現物を見たことはありません。ブログのネタ的にはよいのでしょうが、食べきる自信がありません。当日の極太麺は茹でが弱いのか、少しぼそぼそしました。でも、このスープとあいますよ。好みにもよるのでしょうが、あのむしゃむしゃ食べる感じの食感がたまりません。チャーシューもトロトロで美味しかったですよ。でも、今度は普通の麺にしてみましょう。


平太周 (4)


















(ラーメンを極太麺で注文しました。)


平太周 (6)


















(この極太麺をむしゃむしゃ食べるのがたまりませんね。)


平太周


















(背脂は野方ホープのように最後に網と杓子で振り掛けるタイプです。)


平太周 (5)


















(チャーシューもトロトロで美味しかったです。)


平太周 (2)


















(「爆盛油脂麺」(ばくもりあぶらあぶらめん)をいつかは食べなくては。)


平太周 (3)


















(大正大学のそばです。)


値段
ら〜めん    650円
特製ら〜めん  800円
味噌ラーメン  750円
特製味噌ラーメン900円
つけめん    750円
味噌つけ麺   850円
和風つけ麺   750円
爆盛油脂麺   850円
大盛      100円


詳細
住所:東京都品川区大崎4-2-2 トーカンマンション五反田 1F
電話:03-3493-1630
営業:11:00〜22:00
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
是非プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

callcharliecallcharlie  at 06:09コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

ラーメン 麺彩房五反田店@五反田

五反田の麺彩房です。五反田駅から南に行くのですがここもラーメン激戦区。麺彩房にたどり着くまで喜多方ラーメン小法師、一風堂、まえに麺彩房に行こうとして引っかかり、記事にしたかづ屋があり、その先のりそな銀行を左に曲がるとあります。お店は広いし綺麗です。昼休みで先客が4名でした。ここには沼袋の本店にはない、カレーつけ麺やそのほかいろいろな種類のつけ麺があります。私は中華そばの大盛り、味付け玉子をトッピングです。本店であるランチタイムのライスのサービスはないみたいですね。残念です。

カウンターに通されて、厨房を見ると店員さんが4人くらいいます。ホールとあわせて7人くらい(?)店員さんがいますね。お客は時間的にと場所柄、圧倒的にサラリーマンが多く、女性もいます。驚いたことに全員つけ麺を食べています。帰るときも見渡したのですが全員つけ麺でした。つまりこの広いお店で私が並んだときから出て行くまでラーメンを食べたのは私だけでした。まるでつけ麺専門店ですね。前回もつけ麺の人が多いなと思いましたが、今回はパーフェクトです。沼袋のお店は半々くらいでいつも変わりません。何故五反田店はつけ麺ばかりなのでしょう。

中華そばが着ました。煮干の香りがぷーんとしていい感じです。麺彩房というとこの煮干の香りがいいですね。テーブルの上のレンゲでスープをすくい、飲んでみると魚介の味と豚骨のクリーミーさがちょうど良く、なんとも美味しい。今度は麺を食べてみるとこれ良くスープが絡んで、小麦の美味しい味が口の中に広がる本当に美味しいですね。本当に完成度の高いラーメンです。


なんで皆つけ麺を食べているのかな。そういえばここに来るまでにある冒頭のラーメン屋さんはつけ麺が苦手そうですね。今度はつけ麺を食べなくてはと思いますね。あと具はメンマ、チャーシュー、ほうれん草、なると、メンマです。ほうれん草、なるとが入っているのが中華そばらしくていいですよね。チャーシューもトロトロで厚さもちょうど良く美味しいですよ。さらに味玉は味とトロトロ加減が好きですね。私にとってここと好日の味玉は別格です。今度はつけ麺を食べてみますか。


麺彩房五反田 (4)


















(中華そば大盛り あじ玉トッピングです。)


麺彩房五反田 (6)


















(スープは豚骨をベースに煮干の香りが強いものでした。)


麺彩房五反田 (8)


















(麺は中太のもちろん大成食品のものです。)


麺彩房五反田 (9)


















(チャーシューもトロトロで大満足でした。)


麺彩房五反田 (2)


















(特製だと随分豪華になります。)


麺彩房五反田 (11)


















(綺麗なお店でまた広いのですから女性でも気兼ねなく入れます。)


麺彩房五反田


















(今度はつけ麺を食べてみます。)

値段
中華そば     650円
あじ玉中華そば  750円
つけ麺      700円
あじ玉つけ麺   800円
ビール(中瓶)  450円
(大盛り)同じ値段

詳細
住所:東京都品川区西五反田1-23-7
電話:03-3492-0404
営業:11:30〜15:0/17:30〜21:00 スープが終了次第閉店
休日:毎週日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆☆
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆☆☆
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
感謝いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


callcharliecallcharlie  at 10:53コメント(0)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

ラーメン かづ屋@五反田

今日は五反田の「かづ屋」です。目黒の支店らしいですね。本当は麺彩房の五反田に行こうとして前を通ったときに看板が気になって、でも初志貫徹と麺彩房に向かいましたが、途中で引き返しました。先日の品達のきびが美味しかったのでなんとなく東京ラーメンが食べたくなりました。

お店に入るとカウンターだけのお店でした。食券機はなくメニューを見て注文。本当はBセット(支那そばプラス角煮丼)を注文したかったのですが、ご飯はうりきれとのこと。(実は帰り際にはご飯は炊けていました。)ワンタンメンを注文しました。最近珍しいワンタンメンですが、先日は同じ五反田の「広州市場」でたべたばかり。幸せですね。

ワンタンメンが来ました。これぞ東京ラーメンと言う感じで、魚介の良い香がします。ワンタンも8個くらい入っていました。下のメニュー見て気がつきません?値付けがおかしい。メチャクチャです。それはそうとして、麺も適度にコシがありおいしいですね。チャーシューもトロリ系ではないのですが少し固さがある東京ラーメン風です。美味しいですね。なんとなくやしい味ですが、ほっとするワンタンメンです。ワンタンもお肉がたっぷりはいって食べ甲斐がありました。いいなこのお店。


かづ屋 (1)

















(かづ屋のワンタンメンです。)


かづ屋 (4)

















(香が際立つ一杯でした。)


かづ屋 (6)

















(麺も適度にコシがあり、美味しかったですよ。)


かづ屋 (8)

















(お肉がたっぷり詰まったワンタンも食べ応えがありました。)


かづ屋 (9)

















(この透通ったスープが魚介の味が本当に美味しいです。)


かづ屋

























(値付けは正直言って変ですよね。)


かづ屋 (10)

















(ラーメン激戦区のお店です。)

お勧めの東京ラーメンのお店

ぼにしも
与ろゐ屋
きび

値段
支那ソバ      660円
ワンタンメン    930円
チャーシューメン  990円
つけソバ      760円
坦々麺       870円
鴨つけめん     900円

詳細
住所:東京都品川区西五反田1-17-1
電話:03-5496-4080
営業:11:00〜1:00(日曜0:00)
休日:年中無休

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆★★★

ラーメンブログランキングに参加しています。
現在10位です。
是非プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 22:43コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン ラーメン将@五反田

今日は五反田にある「ラーメン将」です。なんでも「獅子らーめん」というのがあり、
獅子らーめんとは猪の骨でダシをとったラーメンとのことだそうです。興味がありますね。宇都宮にもお店があるらしい。また麺は有名な札幌の西山製麺所の麺を使用しているらしいので行って見ることにしました。

五反田の北口、有楽街の外れにあります。以前に行った広州市場の近くです。お店の外観は西山製麺所の旗がたくさんあってなんだかごちゃごちゃしています。食券を買います。もちろん「獅子らーめん」に明太ご飯をかいました。お店の中にはテレビ東京のアド街で5位に入ったことや、その他の張り紙がやたら多い。

「獅子らーめん」がきました。明太ご飯も美味しそうです。トッピングされているチャーシューが凄く大きいのが印象てきです。スープを飲んでみると普通の豚骨さほど変わった気がしません。「獅子らーめん」ということで先入観があるので少し違うかなと思う程度ですね。思うのですが猪の骨だけでスープを取っているとは言ってませんので、少し入っている程度なのではないでしょうか。または猪も豚も同じような味なのか。

麺は美味しいですね。なんだか少し固めで小麦の香りが漂うような美味しい麺です。スープの絡みよく美味しくいただけました。濃い味のラーメンによく合うのが明太ご飯で、ラーメンの量も少ないので一緒に注文するといいかもしれませんね。

最後に「ごちそうさま」というと二人の店員さん「。。。。。。。。」。感じ悪いですね。


ラーメン将 (1)

















(獅子らーめんです。)


ラーメン将

















(明太ご飯とセットで注文しました。)


ラーメン将 (4)

















(西山製麺所の麺はコシもあり、さすがに旨い。)


ラーメン将 (6)

















(大きいチャーシューが魅力です。)


ラーメン将 (7)

















(スープは豚骨とほとんど違いがわかりません。)


ラーメン将 (2)

















(明太ご飯と食べると本当に美味しい。)


ラーメン将 (9)

















(五反田の有楽街の近くです。)

値段
獅子らーめん      750円

詳細
住所:東京都品川区東五反田1-15-5 水野ビル1F
電話:03-5791-5404
営業:[平日]11:30 - 15:00/17:00 - 25:00
   [土曜日]11:30 - 15:00/17:00 - 24:00
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆☆★
店内 :☆☆★★★
接客 :☆★★★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しています。
現在19位です。
是非プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 12:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ワンタンメン 広州市場@五反田

ワンタンメンが食べたくなり、広州市場に行くことにしました。都内に何店舗かあるようですが、今回は五反田の広州市場です。駅から5分ほどのところにあります。店内はガラスが多く、入りやすい綺麗なお店で女性の単独のお客様も結構いました。女性の単独さんはテーブル席に、男性はカウンターに案内していたようです。気を使っているのでしょうね。

雲呑麺と海老雲呑麺がありますが、雲呑麺にしました。雲呑麺は肉のワンタンが入っています。私はなぜかワンタンが好きで、最近は作ってくれませんが、家でも良く食べます。でもなかなかワンタンメンの食べられるお店ないですよね。最近行ったのは新橋の麺屋酒家くらいですかね。でもあそこは少し趣が違い、四ツ谷のこうや系ですのでいわゆる鶏がらのワンタンメンとは違いますね。

ワンタンメンが来ました。透通ったスープにワンタンが確か8個も乗っていて美味しそうです。スープをいただくと、少し物足りない感じがしますがワンタンと食べるとちょうどいい味です。こんな感じのワンタンメンもいいですよね。麺は茹で加減もちょうど良く良くスープが絡む美味しい麺でした。麺の場合、スープが絡むといっても、やはり少し薄味で、物足りないかな。豚骨と背油ギトギトが全盛ですが、こんなラーメンもたまにはいいですね。メニューも豊富ですし、店内も広く明るいので、家族や友人とビールを飲みながらワンタンや餃子でワイワイやり、最後に好きな麺をいただくみたいな活用がいいかもしれません。メチャクチャ美味しいとはいえませんが、なんだかお気に入りの一杯となりそうです。


広州市場 (3)

















(雲呑麺です。)


広州市場 (7)

















(外はつるっとして、中はジュワッとして美味しいワンタンです。)


広州市場 (5)

















(麺は細麺で、可もなく不可もなし。スープとのバランスの良い感じです。)


広州市場 (10)

















(チャーシューは凄く綺麗でした。)


広州市場 (9)

















(ここまで透き通るスープにするのは大変でしょうね。)


広州市場

















(メニューも豊富で皆でワイワイ食べるのが楽しいでしょうね。)


広州市場 (11)

















(広くて綺麗なお店です。)

値段
広州拉麺    630円
雲呑麺     760円
海老雲呑麺   820円

詳細
住所:東京都品川区東五反田1-21-10
電話:03-3441-4738
営業:平日 11:00〜翌4:00 日祝 11:00〜翌2:00
休日:無休(年末年始除く)

評価
スープ:☆☆☆★★
麺  :☆☆☆★★
店内 :☆☆☆☆★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆★★

ラーメンブログランキングに参加しています。
現在20位です。
是非プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ





callcharliecallcharlie  at 05:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 平太周(ひらたいしゅう)@大崎

今日も平太周です。初回は普通の麺で食べてあまり印象はよくなく、二回目は太麺で美味しくいただけて、今日も極太麺を求めてやってきました大崎に。お店に入ると、いつもの愛想のない中国人の店員さん。卵を剥くのに忙しそうです。

極太麺のラーメンにクーポンで味玉です。注文してしばらくすると、女性3名と男性一人が入ってきました。すると奥のカウンターで店主らしい人と話し始めました。どうやら雑誌か何かの取材みたいです。そうでしょうここは美味しいですから。でも極太麺ですよ。

ラーメンが来ました。極太麺でもここのスープは良く絡み、麺は少し粘り気がある感じで美味しいです。背油がいい感じで、コクを出しています。むさぼりつく感じが最高です。卵も美味しい。醤油の味も濃い目で、極太麺に合います。美味しくいただけて、楽しい時間を過ごしました。

ただし、帰り道例の口の中がねばねば甘くねばねばした感じが残ります。化学調味料ですね。なぜアレまでスープをしっかり作って、化学調味料を入れますかね。なぜ化学調味料が必要ですかね。


平太周

















(極太麺のラーメンです。)


平太周 (4)

















(背油がコクを出しています。)


平太周 (1)

















(極太麺は最高です。)


平太周 (5)

















(少し濃い目のスープと極太麺がいいバランスです。9


平太周 (7)

















(化学調味料の使用を止めればファンになるのですが。)


値段
ラーメン    650円
大盛      100円


詳細
住所:東京都品川区大崎4-2-2 トーカンマンション五反田 1F
電話:03-3493-1630
営業:11:00〜22:00
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在25位です。順位がだいぶ下がってしまいました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

callcharliecallcharlie  at 05:46コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ラーメン 平太周(ひらたいしゅう)@大崎

ぽっぽっ屋で極太麺を食べてからすっかり極太麺の虜になってしまった。そうなると平太周で隣のお客様食べていた極太麺がどうしても気になってしまいます。前回訪問から1週間ほど経っていませんが、今度は極太麺食べに行くことにしました。

当日はJRの大崎駅の南口から行きました。京急行電鉄池上線の大崎広小路駅から方が近いです。お店に行くと午後1時半ごろですがそこそこお客様が入っています。悔しいことにクーポンを忘れてしまいました。券売機で食券を買う前に中国人の店員さんに極太麺はどの食券を買えばいいのか確認をします。普通のラーメンの食券を買って、「極太麺で」と頼めば良いとのことです。

カウンターに座り、厨房を見ているとちょうどミキサーでニンニクを細かくしているところです。ミキサーをほんの少し回し、棒で攪拌し、また少し回し、攪拌する。それを何度も繰り返しています。いっぺんに回すと風味がなくなるのと、細かくなりすぎてしまうのでしょうね。

待望の極太麺が来ました。この太さがいいですね。背油がったっぷりのスープからかすかにのぞいている極太麺は良いですね。具はチャーシューと半身のゆで卵、メンマと葱のシンプルなものです。

早速食べて見るとぐにゃっという食感、いいですね。ぽっぽっ屋の極太麺はバキバキ折れるような感じですが、平太周の極太麺はモチモチした麺をたべると、グニャグニャしたかんじです。喰らいつく感じはぽっぽっ屋と同じですね。とんこつで背油とニンニクが利いたガツンとくる、少し辛目のスープとはこの極太麺の方が合いますね。むしゃむしゃ食べてとても満足の一杯でした。これは病みつきになること間違いなしです。


平太周090408 (12)

















(ラーメンを極太麺で注文しました。)


平太周090408 (2)

















(辛目のスープと極太麺が良く合います。)


平太周090408

















(これが極太麺です。)


平太周090408 (10)

















(これは前回食べた普通の麺です。↑比べてください。)


平太周090408 (3)

















(背油がたっぷりのスープは極太麺と良く合いました。)


平太周090408 (7)

















(いろいろと細かな注文にも応じてくれるみたいです。)


平太周090408 (6)

















(京急行電鉄池上線の大崎広小路駅の直ぐそばです。)


値段
ラーメン    650円
大盛      100円


詳細
住所:東京都品川区大崎4-2-2 トーカンマンション五反田 1F
電話:03-3493-1630
営業:11:00〜22:00
休日:日曜日

評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆☆★★
接客 :☆☆☆★★
価格 :☆☆☆☆☆

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在31位です。順位がだいぶ下がってしまいました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ




callcharliecallcharlie  at 10:15コメント(2)トラックバック(1) この記事をクリップ!