トップページ » 小伝馬町
小伝馬町

ラーメン ぽっぽっ屋本店@小伝馬町

今回は「ぽっぽっ屋本店」です。2回目の訪問です。前回は腰があり、且つバキバキ割れるような太麺という情報に引かれて行って見て、その麺の美味しさに魅了されたのです。そのときは暑かったのでつけ麺を食したのですが、機会があったらラーメンを食べてみたいということで今回立ち寄りました。支店がいくつかあるみたい(水道橋、湯島など、もっとあるみたいですね。)ですが、小伝馬町の本店に行ってきました。映画の「ぽっぽ屋」ではなくて、「ぽっぽっ屋」なのです。分かります?違いは?

お店は本店というが小さく、カウンター10席ほどでうなぎの寝床みたいになっています。食券でラーメンの大を購入して、無料トッピングの野菜増しを注文しました。入り口付近に座りましたが、麺茹での釜の前なので暑いです。座るところを間違ったかな。昼の1時を過ぎていたのでほぼ満席ですが行列ができるほどではありません。

ラーメンの大盛りがきました。普通の二郎では絶対に大盛りは注文しませんが、ここは前回のときつけ麺大盛りを注文して、それほど苦しんだ記憶もないので食べられると思います。野菜の盛りはそれほど驚くほどではありません。スープは背脂が溶けた濃厚スープです。しかしそれほどしょっぱくなく少し甘みが感じられた美味しいスープです。問題の麺は私の行ったラーメン屋さんでは間違いなく一番太いですね。2番目は大崎の「平太周」の極太麺ですかね。私は、細麺の東京ラーメンも好きですが、太麺フリークでもあります。何でも麺はあの「六厘舎」も使っている浅草の開花楼の麺だそうです。

麺を食べてみると、というか喰らいつくとモッサとした感じで、スープも絡んでいて美味しいですね。しかし、つけ麺で味わったバッキと口の中で折れる感じはないですね。つけ麺は水で絞めているからあんな食感が出るのですかね。これはこれで美味しいです。

インスパイヤ系って楽しいですよね。二郎の肝心なところは踏襲して、後は思い切ったことができますから。

CIMG2662


















(ラーメンの大盛りです。)


CIMG2666


















(この極太麺は最高ですね。)


CIMG2668


















(スープは見てのとおりぎどぎどしていません。)


CIMG2661


















(大満足でした。)


詳細
住所: 東京都中央区日本橋小伝馬町16-12
電話:03-3666-2151
営業:11:00〜14:30、17:30〜21:00(土は昼のみ)
休日:日・祝


評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆★

ラーメンブログランキングに参加しました。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 06:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つけ麺 ぽっぽっ屋本店@小伝馬町

小伝馬町に用事があったので、ちょうど昼あたりなので、美味しいラーメン屋さんはないかネットで検索すると、ありました。ぽっぽっ屋です。ということで今回はぽっぽっ屋本店です。名前はよく聞きましたが、初めての訪問です。何でもラーメン二郎堀切店で修行した方が始めたそうで、最近二郎系に目覚めた私としては楽しみです。

用事を済ませて、その後研修会がありますが、ちょうど良い時間にぽっぽっ屋さんに着きました。暑い日でしたが、お店の前まで行くと扉が全開です。いやな予感。中に入るとクーラーはなく、しかもうなぎの寝床みたいに長いので、風が入りません。二郎系はクーラーありませんよね。本当はラーメンを食べたかったのですが、研修に汗みどろで行くのも嫌だったのでつけ麺の大盛にしました。

お店はカウンターのみで、男性3人の店員さんでした。野菜とニンニクのトッピングを頼もうとしたら、カウンターに張り紙がありました。トッピングは食券を渡すときに頼むみたいです。まあ、ニンニク臭いのも困るので、今日はあきらめました。つけ麺が着ました。凄く太い麺です。その上にもやしとチャーシューが載っています。スープは二郎と違い普通の豚骨醤油みたいな色ですね。

食べてみると旨い。まず麺が太くて少し縮れている(よれている)のですが、食べている内にバキバキ折れていく感じです。このように書くと、出来損ないみたいに聞こえるかもしれませんが、完成度は高いです。でもバキバキ折れれるという表現がぴったりです。麺をすするではなく、喰らいつくという表現がぴったりです。スープは二郎とは少し違い、それほど醤油の味が際立っているのではなく、背油もきつくなく、ガツンと来ますが、まろやかな感じです。本当に旨い。やはりラーメンにも興味がありますね。この喰らいついた麺は噛むほどに小麦の美味しさが伝わってきます。

暑さを除けば、大満足です。今度は、必ずラーメンを食べてみます。


ぽっぽっ屋 (10)

















(つけ麺です。)


ぽっぽっ屋 (8)

















(バキバキ折れるという表現がぴったりの太麺でした。)


ぽっぽっ屋 (7)

















(スープはコクがありますが、くどくもありません。)


ぽっぽっ屋 (13)

















(この麺は食うというのがぴったりです。噛めば噛むほど味が出てきます。)


ぽっぽっ屋 (14)

















(スープは太麺にあう濃さはあるのですが、すっきりしています。)


ぽっぽっ屋 (3)

















(トッピングは最初に頼むのでした。これは二郎と異なります。)


ぽっぽっ屋 (2)

















(やはり黄色い看板です。)


詳細
住所: 東京都中央区日本橋小伝馬町16-12
電話:03-3666-2151
営業:11:00〜14:30、17:30〜21:00(土は昼のみ)
休日:日・祝


評価
スープ:☆☆☆☆★
麺  :☆☆☆☆☆
店内 :☆☆★★★
接客 :☆☆☆☆★
価格 :☆☆☆☆★

ラーメンブログランキングに参加しました。
現在21位です。
プチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



callcharliecallcharlie  at 15:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!