最近のライトゲーム用ジグヘッド・・・その種類の多さに驚かされる
喰い方やシュチエーションでジグヘッドをローテーションするほどフックに関してこだわりを持つ人も多いだろう・・・
しかしアシストフックにこだわりを持つ・・・私はここをないがしろに出来ない・・・
スプーンやメタルジグなどハードルアーを投げた時、ここ一番のサイズが出る事が多々ある・・・
ライトゲーム用アシストフックにはちょっとしたこだわりが有る・・・
メバル針を使ったアシストフックを自作して使っている・・・何故か?・・・
触れた瞬間に刺さるほどの貫通力・・・この性能に取り付かれてしまっているからです
主にアジング・メバリングでの使用がほとんどだがショートバイトが連続して悔しい思いをした事が有るだろうか・・・
魚の正体も分からないのが悔しいよね・・・サイズも分からないまま・・・
しかし一瞬でも獲物を捉えてくれたらその先の展開を考える事が出来るよね・・・
色々なフックを散々試し、最終的に残ったのが細軸のメバル針・・・とにかく掛ける事に関して秀逸!!

針先が触れる・・・その瞬間貫通し始める・・・しかし細軸フックをPEタックルで巻き寄せる・・・
ゴリ巻きするとフックが伸びる恐れが有る・・・
抜き上げに弱い事実も有る・・・
だから2本設定が前提・・・タックル設定をしっかり考えないといけない
根掛かりした時、ゆっくり引っ張るとフックが伸びてルアーが回収できるのもこのフックの魅力・・・
メリット・デメリットもちゃんと有るがアングラーがしっかり理解しておかなければならない・・・
それらを考慮してもこの”瞬貫通力”に魅せられてしまう・・・

以前はリーダーにフロロカーボンを使った物を使用していた・・・
その理由はシルエットが美しいから、無駄がなく自然なシルエットが出るからです・・・
しかし問題もある・・・
IMG_2508

使用して行くとリーダーがねじれてしまう現象がどうしても解決出来なかった・・・
フロロを思いっきり太くして見たり、ホンテロンの太ハリスを使って見たり・・・でも解決しなかった
使用中にネジレてしまうとフックの向きが訳分からない方向に向くんだよね・・・
それを抑えようとティンセルを巻き、フック自体に抵抗を付けてフックの向きを安定させていました・・・
しかし誤魔化しているにすぎないんだよなぁ~・・・
今はケブラーの一番細いのをメインに作っています・・・
シーハンターの55LB8号が一番細い・・・もっと細いのが良いが中々無い・・・
せめてカラーが暗いとかクリアとか有ればな・・・
このアシストフック・・・試す価値あり・・・