2009年09月に書かれた記事

2009年09月07日

使い捨てマスクの在庫あり通販

新型インフルエンザの一回の感染流行は約2ヶ月間続くと想定されてています。
1人最低2ヶ月分のマスクを備蓄する必要があります。
使い捨てのマスクの場合、50日〜60日分、5、60枚が必要です)新型インフルエンザが発生した場合、1回目の感染の波は約2ヶ月間続くと予測されており、最低でも8週間分(2ヶ月分)のマスク備蓄が必要とされています。

WHO当局者によると、耐性ウイルスはデンマークの軽症患者1人から確認された。この患者は別の感染者に接触していたが、当初は陰性と診断され、予防的にタミフルを投与されていた。その後、陽性であることが分かり、接触した別の感染者らも含めて採取された三つのウイルス検体のうちこの患者の検体がタミフル耐性に突然変異したと確認された。患者は既に回復し元気になっており、今のところ耐性ウイルスが拡大する兆しはみられないという。

感染が確認された国・地域から帰国された子弟が、就学の機会が適切に確保されるよう、文部科学省としても対応しております(文部科学省新型インフルエンザに関する対応について)。詳細はお住まいの市町村教育委員会にお問い合わせ頂くか、または文部科学省にお問い合わせください。

マスクの通販:在庫あり即納
すでに新型インフルエンザが猛威をふるい始めており、対応型のマスクの在庫が少なくなってきております。

今般のメキシコにおける豚インフルエンザの発生を受け、同国における感染拡大が深刻化した場合に備え、邦人の安全対策に万全を期すため、在メキシコ大使館備蓄の邦人保護用タミフルを増備することとし、4月27日、外務本省用備蓄分からタミフルを追加送付しました。同タミフルは、4月28日に現地に到着予定であり、これにより在メキシコ大使館は、緊急時の邦人保護用として4,700人分のタミフルを備蓄することとなります。


calpediem48 at 03:12|この記事のURL