NPO法人 建設スクエア北海道

平成25年1月にCALSスクエア北海道からの名称変更に伴う新法人は、建設産業の持続的発展に資することを念頭に、建設技術者の施工技術力及びITリテラシー向上のための支援活動を行う特定非営利活動法人(NPO)として再出発します。

H28年11月8日i-Constructionセミナー開催のお知らせ

当NPOが協力した札幌で開催されるi-Constructionセミナーのお知らせです。

講師は、イエイリ・ラボの家入様と、北海道開発局の村上様です。

たくさんの方のご参加を心よりお待ちしています。尚、受付方法はFAX及びe-meilです。(詳しくはパンフレットをご覧ください)

【i-Constructionセミナー「建設現場革命−新たな時代を乗り切る」】

■日時:H28年11月8日(火)13:10〜16:10(受付開始12:50)

■会場:共催ホール(札幌市中央区北4条西1丁目1 共催ビル6階)

■定員;450名(先着順)

■受講料:5,000円/名(税込み、テキスト代含む)

■講師

・家入 龍太氏 (イエイリ・ラボ代表取締役、建設ITジャーナリスト) 

・村上 昌仁氏 (北海道開発局事業振興部技術管理課長)


■セミナープログラム

(1)主催者挨拶
 13:10−13:15

(2)セッション1
「ICTで進化する建設現場!新時代を迎えた建設業」 (講師:家入氏)13:15〜14:30

(3)セッション2
 「 北海道開発局のi-Constructionについて」 (講師:村上氏)14:45〜16:00

(4)質疑応答


※より多くの方に参加していただけるよう、広い会場を確保しているようです。
ぜひともご参加ください。

パンフレット
※PDFによるファイルはこちらからDLしてください。

どうぞよろしくお願い致します。



新たな企画を推進中です

前回の記事でイベント準備中と書きましたが、残念ながら整理がうまくいかずにペンディングとなってしまいました。 実施を楽しみにしていたのでとても残念です。ただ、企画の内容そのものはとても良いものと思いますので、そう遠くないうちに復活させたいと思っています。

具体的にどういう企画だったのかというと、イザベラバードの足跡をたどって、日高地方の魅力発見及び情報発信を行うとともに、現代の交通網整備がいかに地域の発展に役立っているのかを歴史的観点と施工側の双方から学ぶというものでした。

ということでこの企画は一旦置いておきまして、次の企画として今話題のi-Constructionに関するセミナーを11月に開催する予定です。 どうぞご期待くださいませ。

イベント準備中です

メンバーが多忙なため、本ブログもしばらく停滞をしておりました。
これではまずいと思いますので、CSHの近況を載せておきましょう。

6月18日(土)に、イベントの下見として、メンバー4人で平取町まで行ってきました。

15

目的は、この写真↑を見ていただけたらわかるかも。
詳しくは、ハッキリしましたら本ブログにてお知らせいたします(^^)/


表彰式を行いました

10月10日に、撮りドボの最優秀賞の表彰式を行いましたのでお知らせします。

最優秀賞に選ばれた松本様には、賞状と副賞(オリンパスさんのデジカメ「TG-3工一郎」)が理事長代理から授与されました。
意識レベルの高い素晴らしい方が受賞されて、本当に良かったです。

PIC0000N
表彰式

PIC0000P-1024x768
最優秀賞の松本様

撮影者 松本 忍 様の作品に込める想い

土木建築技術が進歩しているとしても、暴れ川である石狩川。それも河口にほど近いこの場所への架橋。相当な苦労と困難が付き纏うであろうことは想像に難くありません。持てる技術を尽くしての架橋は、建設に関わる皆さんの挑戦であると感じました。

また、石狩川を船で辿り、この目で見たその姿は「自然」そのものです。200万人に迫る人口を擁する札幌に近い川ながら、岸には緑が生い茂り、穏やかな川面に映るのは初秋の真っ青な空。飛び交う鳥たちの姿も多く見られます。ともすれば、土木建築はこうした自然を破壊しかねない・・・。そう思われなくもないところ、川面から見上げた札幌大橋新橋、そして奥に見えるJR札沼線の石狩川橋梁の姿は、石狩川が育む豊かな自然と見事に調和していました。

どうか最後までご安全に。怪我も事故もなく、無事に完成するその日を楽しみにしています。

土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)

9省眠論酲漂劵好董璽轡腑

A班はここで下船となり、以降はバスにて札幌大橋へ向かうことになり、B班はここから弁天丸に乗船して川の博物館へ向かいます。
この江別河川防災ステーションは、千歳川が石狩川に合流するポイントに建設され、水防資機材の備蓄や活動拠点として設けられた施設です。
売店やレストランも併設されており、江別特産のやつめウナギをここで賞味することも出来ます。

054-1024x768


050-1024x768
ここでお昼となり、A班とB班が合流して一緒に美味しいお弁当を頂きました。

11988321_1190215710995477_5502548378194121931_n
昼食後は江別河川防災センターの見学と、今回の参加者全員により記念撮影をしました。皆さんとても良い顔をしていますね。

な枦郡歃亶

いよいよ弁天丸に乗船です。
この船は、北海道開発局所有の調査船で、最大定員12名となっています。この船に乗って江別から石狩までの約10knを進みます。

A班が上流方向への移動、B班は逆に下流方向への移動となるわけです。

PIC0000D-1024x768

PIC0000C-1024x768


それでは出航です。

まずは、国道12号線の橋梁を船から見ることが出来ました。
普段は通過するだけですが、こうして下から見上げることが出来るわけです。なかなか見られない景色に参加者達も大喜びです。

PIC0000G-1024x768

P1020626-1024x576

P1020638-1024x576

P1020650-1024x576
水の色が異なりますが、なかなか上手く撮影が出来ません(><)

P1020659-1024x576

P1020671-1024x576

P1020698-1024x576

PIC002U7-1024x768
茨戸川は志美運河を境に東側の部分が真勲別川となるそうだ。へぇ〜。

PIC002U9-1024x576

P1020700-1024x576
優雅で羨ましい・・

P1020716-1024x576

これで全日程が終了です。
参加された方達も大喜びでした。

さて、次回は同時に行われたフォトコンテストの最優秀作品を紹介します。お楽しみに。
私たちNPO法人建設スクエア北海道では、建設会社の仕事を通してインフラ整備の重要さを、一人でも多くの方へ伝えていきたいと思っております。アピールしたい工事現場がありましたら、遠慮なく私どもにご相談ください。
私共は非営利団体ですが、メンバーはみなある分野におけるプロフェッショナルな方ばかりです。きっと何かのお役に立てることでしょう。

 

土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その1)

かなーり遅くなってしまいましたが、H27年9月5日(土)の、土木写真撮影会〜撮りドボ〜の模様を2回に分けてお知らせ致します。

早朝にかなりの雨が降りましたが、開始時間までにはすっかり晴れて大変気持ちの良い実施日当日となりました。これも参加者の皆様、主催者の皆様の日頃の行いが良いことによる賜物でしょう。本当に素晴らしいお天気でした。

今回乗船したのは、開発局の調査船弁天丸です。
ちなみにモーレツ宇宙海賊というアニメにも弁天丸というキャラが登場するそうですが全然別物です。(当たり前ですね)

弁天丸の雄姿

 

 

 

 

 

 

 

なかなか格好の良い船です。
参加者は募集人員丁度の総勢24名でした。弁天丸の定員に合わせ、往復を2グループに分ける必要が有りますので、12名づつA班、B班の2班に分かれての行動です。

A班は、乗船⇒江別河川防災ステーション⇒札幌大橋の工事現場⇒川の博物館に、B班は、川の博物館⇒札幌大橋の工事現場⇒乗船⇒江別河川防災ステーションに、という工程です。

尚、この企画は、北海道開発局様と、現在札幌大橋を施工している田中組櫻井千田JV様、株式会社さくら佐藤建設様の協力を得て実施するものです。

また、今回の参加者による「撮りドボ」のフォトコンテストも同時に行い、優秀賞の景品として、オリンパス株式会社様より、「STYLUS TG-3 工一郎」の贈呈が行われます。
(最終審査は9/19(土)に行います。お楽しみに)

オリンパス STYLUS TG-3 工一郎

 

 

 

 

 

 

それでは、今回の工程を写真を交えて紹介しましょう。先に述べた通り、A班とB班で順序は異なりますので、私が参加したB班の工程に沿って記します。


\遒稜酳館の見学

正確には、「石狩地区地域防災施設 石狩川治水史資料館(川の博物館)」です。
英語では、「Museum of  Ishikari River」ですね。

ここには、北海道に入植して以降、石狩川の氾濫や洪水から農地や人名を守ろうと懸命に戦ってきた方達の偉業が紹介されています。石狩川流域に住む私たちが今日安全に生活出来るのは、先人たちの努力と工夫が有ればこそ、です。それを決して忘れてはいけないと、あらためて思いました。

川の博物館で係の方に説明を受ける一行


大きなパネルで、過去の洪水被害のエリアや、捷水路の場所等を説明して頂きました。

 

 

 

 

 

岡崎文吉さん

岡崎文吉さん














この方は避けては通れませんね。
詳しくはこちら

また、川の治水史についても、開発局のページにも詳しく掲載されています。詳しく知りたい方はこちら

川の博物館の特徴的なモニュメント















おそらく、これは川の字からイメージしているのではないでしょうか。デザイナーさんはどなたなのでしょうね。
 


∋ニ畋膓兇旅事現場見学

完成間近の札幌大橋の工事現場にて、田中組櫻井千田JV様及び株式会社さくら佐藤建設様から、工事概要の説明を頂きました。
この橋が完成しますと、337号線は4車線化区間が更に長くなり、石狩新港への物流の流れがスムーズとなり、当別、江別方面への移動が安全で快適になるでしょう。私もこの橋を良く走りますので、完成をとても楽しみにしている一人です。

工事概要の説明

大きなパネルを前に工事内容の説明を受けているシーンです。床版コンクリートの打設概要がとても分かりやすく記載されていました。

 

 

 

 

 

一般人が初めて足を踏み入れました

一般人が初めて足を踏み入れました

 













真新しいコンクリートの上を歩くことが出来ました。一般人としては初めてとのこと。
この新しい橋は車両専用とのことで、完成後は人が歩くことは出来ません。なので大変貴重な体験というわけです。
職人さんが丁寧に手作業でコンクリートを均しているらしく、素晴らしい仕上がり具合でした。この上に、アスファルト舗装が施されるといよいよ完成というわけです。

撮影に余念のない参加者たち

 

 

一生懸命に写真を撮影する参加者。

 

 

 

 

 その2に続きます。

〜撮りドボ〜 受付終了のお知らせ

9月5日開催の

撮りドボ企画第1弾
 「船から撮る石狩川生振(おやふる)捷水路(しょうすいろ)と札幌大橋」ですが、


 撮りドボさんが、定員数になりましたので、受付は終了させていただきます。


 次回の撮りドボ企画の際は、またこちらでお知らせしますので是非ともご参加下さい。


9月5日の副賞がTG-3 工一郎(オリンパス)に決まりました!

9月5日開催「船から撮る石狩川生振捷水路と札幌大橋」の副賞が決まりました。


優秀作品賞1点には、STYLUS TG-3 工一郎(オリンパス)が副賞として贈呈されます。

工事にも使用できるタフな1台です。


http://olympus-imaging.jp/product/construction/index.html


乗船人員の関係上、優秀作にノミネートされるチャンスが大きいこの企画。
この機会に、めったに味わうことができない船上からの石狩川と札幌大橋の風景をレンズに収めてみませんか。


参加ご希望の方は、こちらへご連絡ください。


(株)田中組 
担当者:野崎 愉未
TEL:011−611−3337
d-koumuka@tanakagumi.co.jp

土木写真撮影会〜撮りドボ〜開催のお知らせ

撮りドボ企画第1弾
「船から撮る石狩川生振(おやふる)捷水路(しょうすいろ)と札幌大橋」

【企画概要】
 現在、札幌市北区と当別町をつなぐ国道337号札幌大橋の拡幅工事が進められています。
 当企画ではドボク写真を愛する方々を「撮りドボ」と称し、土木構造物や土木工事現場などの魅力をレンズを通して記録していただくとともに、河川工事や橋梁などの社会インフラを深く知っていただく見学会となっております。

 当日は開発局の調査船「弁天丸」に乗船し、一般の方は普段目にすることが出来ない川の中から橋梁工事などを写真撮影します。

【開催日時】
 平成27年9月5日(土)予備日9月12日(土)
  A班 8:30〜14:50(8:20集合)
  B班 10:10〜16:35(10:00集合)
  ※参加費無料:お弁当付


【申込方法】電話若しくは電子メール
 (株)田中組 土木部 工務課
 担当者:野崎 愉未
 TEL:011−611−3337
 E-mail:d-koumuka@tanakagumi.co.jp


【受付期間】
 8月4日(火)〜8月21日(金)17時
 応募者多数の場合は、抽選の上、ハガキで通知


【集合場所】
 さくら佐藤建設(株) 札幌大橋工事事務所
 石狩郡当別町美登位619-6(ロイズ工場の近く) 札幌から車で約1時間
ishikari01
生振捷水路(土木学会HPより)

「札幌市豊平区、南区のインフラの歴史を学ぶ見学会」を実施しました

さる9月20日(土)に、大同舗道(本社・札幌市中央区)と当NPOの共催による「札幌市豊平区、南区のインフラの歴史を学ぶ見学会」と称した日帰りバスツアーを実施しましたのでご報告致します。

DSCN0255
事前に注意事項を説明する佐々木氏


ホームページ等で募った一般の方も交えての総勢19名にて、知る人ぞ知る(知らない人は何にも知らない)ディープな札幌の歴史を、当NPOの理事でもある佐々木実氏の解説を聞きながら探索をする、といった一風変わったバスツアーなのです。

 





DSCN0257
一行が乗った観光バス


AM9時に大同舗道の平岸にある工事事務所をスタートしました。








 

DSCN0260
本願寺道路終点の碑

 

まず最初に訪れたのは、「本願寺街道終点碑」です。伊達を起点にこの地点までを当時のお坊さん達が手作業で道路を作ったわけです。こんな街の中に有るとは地元に住んでいる人も知らなかったという隠れスポットです。

 

 

 

 

 

DSCN0271
石切山街道碑

 

次に立ち寄ったのは石切山街道の碑

 

 

 

 

P1080816
旧石切山駅前で集合写真

 

石切山街道の碑から徒歩で向かったのは、旧定山渓鉄道の駅だった建物です。現在は、石切振興会館として地元の方達が大事に利用しています。この日はあいにく休館日で中には入れませんでした。

 


 

DSCN0284
石山ポスト館

 

その向にある石山ポスト館は、札幌軟石で建築された札幌でも数少ない洋風建築の郵便局でした。さっぽろ・ふるさと文化百選にも選定されているようです。

 

 

 

DSCN0290
現存する本願寺道路

 

なんと今でも現存する本願寺道路を散策です。非常に細い道ですが、当時は馬車なども通ったとのこと。

また、この付近には今でも当時の「通行屋(宿泊施設や休憩所)」として着任した方のご子孫がそのままお住まいになっているのに一同はびっくり。



 

P1080823
本願寺街道跡(碑)の前で集合写真

 

 簾舞中学校入口付近にある本願寺街道跡(碑)で本日2枚目の記念撮影です。

 

 

 

DSCN0303
二見桜(春で無いのが残念)

 

次いで旧道の難所だった七曲りと板割坂を通過し、旧滝ノ沢駅に今ものこる二見桜を見学しました。







 

P1080827
二見桜の前で集合写真

 

 ここで本日3枚目の集合写真をパチリ。

 

 


 

北海道三景の碑
北海道三景の碑



再びバスにゆられて、定山渓の温泉街に到着です。でも目的は温泉ではなく、こちらの北海道三景の碑。

実はこの付近が定山渓鉄道の終着駅でした。ちなみに、北海道三景とは、定山渓、洞爺湖、そして利尻富士の3か所だそうで、いずれも小樽新聞社により碑が建てられたそうです。



大同舗道中山峠現場事務所にて
大同舗道中山峠現場事務所にて工事概要を拝聴

 

車中で佐々木氏による解説を聞きながら、あっという間に中山峠にある大同舗道の工事事務所へ到着しました。ここで大同舗道さんが担当している工事の概要説明を受けました。参加した子供たちも真剣に聞いています。






DSCN0324
子供用のドラえもん弁当(とてもおいしかったそうです)

 

 そしてお楽しみの昼食です。大人には幕の内弁当、そして子供たちには写真のドラえもん弁当です。とてもおいしかった。

中にはシャケのおにぎりやハンバーグなど、子供たちが好きなおかずがぎっしり。

 


IMG_0838
マカダムローラ-に乗せてもらい大喜びの子供たち

 

 中山峠に向かう途中で、大同舗道が担当している工事現場へ立ち寄りました。工事は夜間に行われているので、日中は作業機械が静かに休んでいます。子供たちは乗ったり下りたりと興奮気味です。やはり子供は建設機械が好きなんですね。

 

 

IMG_0843
大同舗道が手掛けた真新しい道路

 

目の前には、舗装が終わった真新しいきれいな道路が続いています。静かで快適に走れそうですね。

 

 

 


定山渓国道の碑で記念撮影


 
あと少しで中山峠の頂上ですが、こんなところに定山渓国道の碑が建っていました。

ここは望岳台と言って景色が大変に良い場所です。
ここから見える山が右に向かって高くなっていくのが右肩上がりのグラフに見えるのだとか・・。

 


IMG_0850
これが右肩上がりの山だ

 

 たしかに右肩上がりのグラフにように見える!世の営業マンは一度は拝んだほうが良さそうです。

 

 

 

 

IMG_0857
なにやら怪しい塔が

 

いよいよ中山峠の頂上に到着です。ここで我々が目にしたのは、不思議な形の3本の塔。

 

 

 

 

IMG_0858
アスパラガス発祥の地の碑

 

よく見るとこれはアスパラガスの形なのです。
すぐ脇には、「アスパラガス発祥の地」碑が建っていました。

岩内町出身の下田喜久三さんが日本で初めて栽培に成功し、中山峠のある喜茂別町で本格的に栽培がはじまったとあります。
それでここに塔が建っているんですね。
 

 

IMG_0861
現如上人の像

 

そして、この中山峠の頂上に建つのは、現在の国道230号線のベースとなった本願寺道路を作った現如上人の像です。
この人がいなければ230号線のルートも今とは違っていたのかもしれませんね。

それとこの方、なんと道路を作り出した時の年齢は19歳だったそうです。

当時東本願寺は徳川幕府よりだったため、明治維新後の新政府からその存続を得るために、伊達と札幌を結ぶ道路工事を出願したとされています。

 


中山峠では、各自自由時間を過ごしました。あげいもを食べたり、ソフトクリームを食べたりと、地元北海道の味覚を存分に楽しみました。

帰途はやや時間が足りなくなってしまい、大同舗道の羊が丘線バリアフリー工事を見学し、有名なアンパン道路を通って出発地点まで駆け足で戻りましたが、笑いあり、驚きありでとても楽しいプチツアーとなりました。参加された方はみな満足したようです。

このような企画にご賛同を頂いた大同舗道の皆様、大変ありがとうございました。またコース設定や解説などを担当された佐々木さん、大変お疲れ様でした。また次回の企画を楽しみにしたいと思います。

尚、当NPOでは、これからも建設業の皆様の果たしている社会的な役割やその貢献内容を広く知らしめるための活動を行って参ります。ご興味のある方はぜひお知らせください。

記事検索
最新コメント
最新TB
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • H28年11月8日i-Constructionセミナー開催のお知らせ
  • イベント準備中です
  • 表彰式を行いました
  • 表彰式を行いました
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜を実施しました(その2)
  • 土木写真撮影会〜撮りドボ〜開催のお知らせ
  • 『建設スクエア北海道が考える、一歩先行くBCP 〜今、求められる地域建設業の新戦略〜』を開催しました
  • 『建設スクエア北海道が考える、一歩先行くBCP 〜今、求められる地域建設業の新戦略〜』を開催しました
  • 『建設スクエア北海道が考える、一歩先行くBCP 〜今、求められる地域建設業の新戦略〜』を開催しました
リンクについて
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ