明治時代の北海道が舞台の漫画「ゴールデンカムイ」がアニメになるそうです。かなりグロテスクな描写の多い漫画なので、アニメでは一体どのような表現になるのか、が一つの見どころと言えるでしょう。

 物語を簡単に言うと、日露戦争を生き残った不死身の漢「杉本」とアイヌの少女「アシリパ」の二人を取り巻く北海道を舞台とした大冒険活劇というわけです。これはもう見るしかありませんね。

 今年は北海道命名150年。また2020年の4月には白老町に国立アイヌ民族博物館がオープンしますので、アイヌの歴史や文化の理解をもっともっと深堀していくには、とても良い環境が整ってきたと言えるでしょう。

 放送が今からとても楽しみです。
main_img2
ゴールデンカムイ公式ページ