かっとばせ借金 打ち勝て倒産!!

資金繰りが悪化した中小零細企業の、企業再生へ向けてのお手伝いをさせていただいています。 経営危機場面での知識や情報をご提供し、従業員や家族のために命がけで闘う経営者が、諦めずに闘うお手伝いの現場を善戦苦闘日記としてご報告いたします。

公庫と協会と和解・・・



債務者が、ご高齢や身障者の場合の、日本政策金融公庫や信用保証協会などといった公的な金融関係機関の対応についてはご理解いただけたと思います。

債務者の環境に配慮し、無茶な対応はしないというのが前提であり、状況により債権放棄や正式な和解もあり得るということなのです。

しかし、公的な金融関係機関が債権者ですから、債権放棄や和解などは、そんな特殊な事情に依る場合だけだと、考えられる方も多いと思います。

しかし、現実は、様々な状況において成立しているようですので、そんな事例をまとめてご紹介したいと思います。



まずは、日本政策金融公庫の、保証人としての追及についての事例です。

Aさんは、2代目として製造業を営んでおられましたが、メーカーの発注単価の圧縮で業績が悪化し、日本政策金融公庫からの借入金について期限の利益の喪失をしてしまいました。

事業は破綻した訳ではありませんが、従業員は全員解雇して、Aさんご夫婦だけで事業を切り盛りしておられ、売上はほとんど無いという状況です。

期限の利益の喪失後、日本政策金融公庫とは何度も交渉を重ね、厳しく弁済も迫られましたが、弁済すれば生活もままならない状況ですから、1円も弁済できていないのが現実です。

過去の交渉において、破産も勧められましたが、破産すれば収入も全く無くなりますし、破産する費用さえ不足していますから、このまま事業を続けるしかありません。

ある日、日本政策金融公庫の担当者は、面白ことを口にしました。

『現実的には、とっくに事業は破綻しているのですから、破産出来ないならば休眠されたらどうですか?
休眠されたら、僅かな一時金を支払うことで、Aさんを保証人から外しますよ・・・。』

具体的には、会社の休眠手続きをして、10万円を一括で支払えば、それで債務は棚上げするということなのです。

この頃には、僅かに続いていた仕事も途絶えていましたので、Aさんは担当者の提案を受け入れられました。

その後、定期的に、形式的な督促が会社に届きますが、保証人としてのAさんへの督促は一切ありません。

これも、一種の債権放棄といえるでしょう。


これとよく似た事例は、けっして少なくありません。

これも日本政策金融公庫の事例になりますが、期限の利益の喪失後、既に6年が経過しています。

3代目として、小売業を経営されていたBさんは、バブルの崩壊の影響を受けて業績を悪化させ、暫くは頑張り持ちこたえましたが、実施的に経営を破綻させてしまいました。

しかし、Bさんの昔からのネットワークは健在で、細々ではありますが、何とか事業は継続しています。

日本政策金融公庫は、誠意は見せるが、ほとんど弁済はできないBさんに困っていました。

事業は継続しているが、請求しても弁済できず、差押する資産も無いという状況に、日本政策金融公庫は打つ手がありません。

そんな状況で、『廃業されたら、もう請求は停止します・・・』と担当者が言ったのです。

Bさんは、その言葉を受けて現事業を停止されると、たしかに請求は停止しました。

その後も、ネットワークを活用して、個人経営として今まで通りに事業を維持されています。


福井のCさんも、よく似た流れで、将来的な債務の消滅を示唆されたのです。

Cさんは、8年ほど前に期限の利益の喪失をして、信用保証協会に代位弁済をされました。

その後、事業は廃業したという形態において、債務者である旧事業者名で僅かな弁済を続けておられます。

ある日、信用保証協会から連絡があって訪問すると、担当者から、『今後は、保証人であるCさんの個人名で弁済してください・・・』と、言われたのです。

Cさんは、言われるままに、Cさんの個人名で弁済をすることに変更しました。

これは、5年先という将来的に、時効期間を完成させるということになります。

主債務者ではなく、保証債務者名で弁済する訳ですから、5年後には主債務者の時効期間が完成するのです。

それにより、実質的に債権放棄をするということになるのですが、信用保証協会が自ら、長期的な債権放棄計画を示した珍しいケースだといえるでしょう。



この様に、日本政策金融公庫や信用保証協会等といった公的な金融関係機関の、実質的な債権放棄は存在しています。

形態は少し変わっているのかもしれませんが、実質的な債権放棄であるのは間違いありません。

ひょっとすれば、我々も債権放棄が可能になるのかもしれませんから、情報として大事に持っておいてください。

次回は、特殊な債権放棄の事例をご紹介いたします。



  詳しい内容は、ホームページをご覧ください,
          ↓
   トップ経営研究所 ホームページ


↓ランキングです クリックして応援してください


ランキング人気ブログランキングへ


ランキングです クリックして応援してください
          ↓
      にほんブログ村 経営ブログへ




信用保証協会の和解・・・



日本政策金融公庫や信用保証協会の担当者といえども、人の子です。

以前より、債務者の状況については、一定の配慮を示していました。

債務者が置かれている環境や、健康状況等について、全く無視して対応をするということは少ないといえるでしょう。

非人道的な対応を取り、社会的批判を浴びないように、最低限の配慮はしていたということになります。



全ての銀行や信金信組等の金融機関は、ご高齢の債務者に対しては、十分な配慮をもって対応する傾向があります。

それが、たとえ期限の利益の喪失後で、債権回収を本格化させる状況であろうとも、壮年の債務者への対応とは異なります。

それは、日本政策金融公庫や信用保証協会といった公的な金融関係機関でも同じです。

むしろ、その傾向は顕著だといえるのかもしれません。


信用保証協会が代位弁済をして、求償権を持った債権者となると、必ず債務者と面談して、今後の弁済について話し合うことになります。

代位弁済後の最初の交渉では、ご高齢の債務者といえども、さすがに初回は面談することを前提に来所を要求します。

しかし、初回の面談において、債務者がご高齢で、交渉に堪える様な状況にないということが判れば、それ以降の対応は、健常者の場合とは全く違ったものになります。

もしも、ご高齢者以外に、息子さん等の他の債務者(保証債務者)がおられれば、ご高齢者は棚上げ状況となり、息子さんだけが債権回収のターゲットにされるといった状況です。

他に債務者がおられない場合でも、債務者がご高齢者であり交渉に耐えられない様な状況であれば、無理な交渉を続けようとはしない傾向があります。

債権回収の対象となる資産なども存在しない場合は、交渉は中断し、債権回収についても放置状況になることが珍しくありません。

ただ、不動産などの資産があれば、債権回収を仕掛けられますし、ご高齢といえども、交渉に耐えうるお元気な債務者であれば、壮年の債務者と同じ様な厳しい対応をとられますので注意してください。



この様に、ご高齢で交渉に耐えられない様な債務者だけであれば、厳しい回収姿勢は影を潜めますが、それは、放置されているというだけで、債権回収を諦めたという訳ではありません。

もしも、相続などにより、元気な債務者が発生すれば厳しい回収をしようと狙っているでしょうから、和解等により、現実的な債権放棄をする訳でもなかったのです。

彼らは、債権放棄も債権譲渡も基本的には対応をしない公的な金融関係機関ですから、当たり前のことといえます。

ところが、一定の環境においては、債権放棄も存在します。

債権放棄というよりも、和解と言った方がいいのでしょうが、一部残債を弁済することにより、残債件を放棄してくれることがあるのです。

私が、この仕事を始めて3年程の頃に、顧問契約を結んでくださったご高齢のお客様が、最近、信用保証協会と正式に文書を交わした和解を成立されました。

元々は建設関係会社を経営されておられたのですが、実質倒産状況となり、信用保証協会が代位弁済したのが12年程前のことです。

主債務者は会社で、連帯保証債務者は経営者ご夫婦でしたが、お二人とも倒産当時には既に70歳を少し過ぎておられました。

その後、収入は年金だけで、生活するのも厳しい状況ですから、分割での弁済は1円もできていませんが、誠意ある姿勢だけは示してきました。

経営者夫婦は、ご高齢とはいえ、認知症などはなくしっかりされています。

しかし、担保不動産を処分して一部債権を回収後は、信用保証協会は厳しい債権回収姿勢は見せませんでした。

ところが、担保不動産を処分してから4年半が経過した頃に、信用保証協会は時効を中断させるために裁判を起こしてきました。

結果は、当然に負けて、時効期間は10年というになりました。

まだまだ、信用保証協会は債権回収を諦めていなかったということなのかもしれませんが、それ以降、数年間は、具体的な動きは何もありませんだした。

ところが、突然に、『今後の事について、相談をしたい。』と、信用保証協会から老夫婦に連絡が入ったのです。

それまでは、ほぼ放置している状況でしたから、老夫婦は不安を抱いて信用保証協会を訪ねました。

ところが、面談をした担当者は、想像もしていなかった内容を話し始めました。

現在の状況を形式的に確認後、なんと和解の話を提案してきたのです。

元本残債は約8000万円で、1人200万円,老夫婦2人で計400万円を支払えば、残りは請求しないという条件になります。

しかも、和解書として、文書にするということですから、破格の提案だといえるでしょう。

老夫婦が、400万円の和解金を用意し、正式に和解をされたのは言うまでもありません。

知人名の抵当権を設定したままになっている、老夫婦名義の自宅を、どうしようかと悩んでいたところだったのです。

保証債務が消えて、これで、堂々と、子供達も相続することができます。



信用保証協会が、この様に和解をするというのは、珍しいことだといえます。

今回の場合、高齢の債務者しか存在しなかったということ。

そして、弁済できる原資も、見当たらなかったということから、僅かな金額でも、和解をした方が得策であるということだったのでしょう。

そして、この様な事例は、政策的な支援もあり、今後は増加していくだろうと思われます。



  詳しい内容は、ホームページをご覧ください,
          ↓
   トップ経営研究所 ホームページ


↓ランキングです クリックして応援してください


ランキング人気ブログランキングへ


ランキングです クリックして応援してください
          ↓
      にほんブログ村 経営ブログへ


ご高齢者の代位弁済・・・


  『敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず』、といいます。

孫子の兵法において有名な言葉で、敵の事と味方の事について、事前にしっかりと熟知しておけば、戦において負けることはないという意味なります。

孫子の兵法は、現在のビジネスにおいても参考にされていますが、特にこの言葉の持つ意味は、中小零細事業者においても理解しておく必要があると思います。

金融機関の対応において、新規の融資をお願いする場面、返済条件の変更を依頼する局面など様々な状況において、肝に銘じておくべきことわざではないでしょうか。



このことわざ、元々の原文では以下の様になります。

  『彼を知り己を知れば百戦殆からず。
     彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。
       彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。』

敵の事と味方の事について熟知しておけば、戦において負けることはないに始まり、敵の事を知らずに味方の事だけ知っている状況ならば、勝つこともあれば負けることもあると表現し、敵の事も味方の事も知らなければ、戦えば必ず負けるという意味になります。

まさしく、中小零細事業者が参考にしなければならない、言い得て妙の表現だと感心します。

中小零細事業者の場合の敵は、ライバル事業者や得意先,取引先など様々に存在するのでしょうが、『 戦い = 交渉 』において、このことわざを常に頭に入れて臨むべきでしょう。

特に、金融機関との交渉においては、欠かすことができません。

金融機関の性格や考え方、それを十分に理解したうえで、自らを求められる状況に適合させるぐらいの覚悟が、金融機関との戦いには求められます。



それでは、まずは『敵を知り』の敵を、信用保証協会と日本政策金融公庫としてみましょう。

そして、今回のブログでは、対象を債権放棄に絞り、期限の利益の喪失後の具体的な変化について、実例をご紹介したいと思います。


最近は、信用保証協会と日本政策金融公庫ともに、債権放棄の姿勢が緩くなったとご紹介しましたが、その典型が『返済できる状況にないと、そのまま放置・・・』ということになるのでしょうか。

期限の利益の喪失をし、代位弁済などを経て、金融事故債権となると、債権者金融機関は本気で債権回収に取り組むことになります。

そうなると、債務者の状況など関係なく、少しでも早く、多く、逃がさずに回収するというのが、以前では当たり前の姿勢でした。

ところが、平成26年2月を境に、債権回収の姿勢は大きく転換をしました。

日本の、中小零細事業者向けの金融政策が、それまでの破綻をさせないという護送船団方式から、いつまでも再生出来ない事業者については、守るのではなく新陳代謝を図った方が、日本経済のためになるという判断で選択淘汰を始めたのです。

当然、淘汰するだけならば、日本経済は大混乱に陥りますから、淘汰される事業者に対して、それなりの救護策を事前に整備したうえで姿勢を転換させました。

その結果が、破産件数の激減であり、金融事故債務者に対する対応の変化ということになります。

債務者の状況など考慮せずに、強圧的に債権回収を進めるという過去の姿勢を改め、債務者の状況を加味した対応をするようになりました。

それが、想像を超えるほどの人情的な対応になり、現実的には、ほぼ放置といっていいほどなのです。

信用保証協会の、『これでは返済は難しいですねぇ、6ヶ月程、このまま様子を見ましょうか・・・。』という対応は、頻繁に見受けられるようになりました。

日本政策金融公庫の、『この状況ならば、こちらから請求はしませんので、返済できるようになったら連絡をください・・・。』といった対応も、今や珍しくなくなりました。

当然、全ての不良債務者に対しての対応ではなく、本当に返済できる資力や能力がないという債務者に対してということになります。

厳しく請求しても、債権回収はできない債務者が対象ですから、当たり前といえば当たり前の対応なのかもしれません。

しかし、その当たり前が、今までは実行されていなかったのです。

この、本来のメインテーマである債権回収を、最初から放棄した様な傾向については、今後は常態化していくようにさえ思えます。



東海地方にお住まいのお客様が、期限の利益の喪失にタイミングを合わせた様に『癌』を患われました。

これから、日本政策金融公庫や信用保証協会等の債権者金融機関との対応が始まるという場面だったのですが、彼ら債権者は動きませんでした。

債務者が『癌』を患われたことを知った段階で、完全に債権回収を止めたのです。

この様な事例は、以前より、珍しいことではありません。

お身体の悪い債務者や、ご高齢の債務者に対して、銀行系や政府系の金融関係機関は、十分な配慮をもって対応をしていたといえます。

そして、この傾向が、『本当に、債務弁済のための原資を持たない債務者』に対しても、広がったといえるのかもしれません。

この変化、しっかりと認識し確認していく必要があるでしょう。



  詳しい内容は、ホームページをご覧ください,
          ↓
   トップ経営研究所 ホームページ


↓ランキングです クリックして応援してください


ランキング人気ブログランキングへ


ランキングです クリックして応援してください
          ↓
      にほんブログ村 経営ブログへ


公庫と保証協会が、債権を放棄・・・



公的な金融関係機関は、債権譲渡も債権放棄も出来ないといいます。

日本政策金融公庫や信用保証協会等の公的機関は、その原資として国民の税金が使われていますから、簡単に債権放棄や債権譲渡をさせる訳にはいかないのでしょう。

ただ、絶対にしないというものでもなく、昔から、例外的に債権放棄などをした事例は散見されました。

しかし、ここにきて姿勢を大きく変化させ、公的な金融関係機関も、債権放棄を活発化させているとさえ感じるようになってきました。



中小零細事業者にとっての公的な金融関係機関といえば、一昔前であれば、中小企業金融公庫,国民生活金融公庫,商工中金,信用保証協会など複数の機関が存在しました。

しかし、中小企業金融公庫と国民生活金融公庫と農林漁業金融公庫が、平成20年に合併して日本政策金融公庫になりました。

当然、国民の利便性と合理化を目指して合併をしたのですが、今でも中身は昔のままで窓口も違いますから、何のために合併したのか不思議な経営者も多いと思います。

昔ならば、7,000万円までの融資は国民生活金融公庫で、7,000万円超えて7億円迄の融資は中小企業金融公庫と、重複して借りることも可能でしたから、中小零細事業者にとっては合併により不便になったといえるのかもしれません。

そして、今、不正融資で話題の商工中金ですが、平成20年に株式会社となりました。

しかし、政府が今でも過半の出資をしており、政府系金融機関として位置づけられることが多い様ですが、債権放棄や債権譲渡への対応は民間の金融機関と全く同じです。

特に、債権譲渡などは平気の平左で、他の金融機関よりも早く動く傾向が見受けられます。

債権放棄へのスタンスも、民間の金融機関と同じと考えて間違いないのではないでしょうか。


その結果、現在において、中小零細事業者が活用できる公的な金融関係機関といえば、日本政策金融公庫と信用保証協会の2機関だけになったということです。

ただ、同じ公的な金融関係機関といっても、日本政策金融公庫は融資を実行する機関であり、信用保証協会は民間金融機関の融資についての保証を実行する機関であり、その位置づけは異なります。

ジャンルが全く違うといえるのかもしれませんが、この2つの公的な金融関係機関がなければ、多くの中小零細事業者の資金繰りは成り立たたないと断言できるほど、緊密に関与し、日本経済を支える土台となっているのです。



公的な金融関係機関として、債権放棄と債権譲渡については、どのような姿勢をとっているのでしょうか。

まず債権譲渡についてですが、日本政策金融公庫と資金用保証協会共に、今でも債権譲渡はしません。

よく、信用保証協会の債権が保証協会サービサーに譲渡されたと言われる方がおられますが、これは債権回収を委託をしただけのことになります。

信用保証協会の子会社である保証協会債権回収株式会社(保証協会サービサー)が、信用保証協会の委託を受けて、代わりに債権回収の窓口になるということであり、債権が譲渡されたというものではありません。

昔と変わらず、両機関とも、ずっと不良債権は抱えたままで譲渡はしないということなのです。


ところが、債権放棄については、両機関共に、昔とは大きくスタンスを変更してきています。

保証人については、経営者保証に関するガイドラインの運用開始により、3年ほど前から厳しい追及は少なくなったということを、本ブログでも何度かご報告をいたしました。

弁済などできる環境にないのに、無茶な追及をして、保証人でもある経営者の人生そのものまで、破綻に追い込むことはしないという方向になってきたのです。

基本的人権や、最低限の生活を保障された日本において、本来は当たり前のことなのですが、今まででは考えられない嬉しい変化を遂げたといえます。

そして、この傾向が、主債務者である事業者に対しても、様々な環境で見られるようになってきました。

代表的な事例を、簡単にご紹介しますと、

  返済できる状況にないと、そのまま放置・・・

  ご高齢の債務者に対して、僅かな一括払いで債権放棄・・・

  事業継続中の事業者と、裁判で揉めたすえに、債権の80%を放棄・・・

  事業継続中の事業者に、今後は保証人名での弁済を要求・・・

  事業継続中の事業者が、担保を守れたうえで、債権の40%を免除・・・

  事業継続中の事業者に、廃業したら請求は止めると担当者が・・・

  事業継続中の事業者に、休眠したら、僅かな一括支払いで保証人を外す・・・

債務者の状況や債権放棄の内容は違いますが、公的な金融関係機関が債権放棄に取り組んだ代表的な事例になります。

もはや、公的な関係機関も、前向きに債権放棄に取り組む時代になったといえるのかもしれません。


次回のブログでは、公的関係機関の債権放棄に関するこれらの事例について、内容を具体的にご紹介をしていきたいと思います。



  詳しい内容は、ホームページをご覧ください,
          ↓
   トップ経営研究所 ホームページ


↓ランキングです クリックして応援してください


ランキング人気ブログランキングへ


ランキングです クリックして応援してください
          ↓
      にほんブログ村 経営ブログへ


決算書、サービサーが要求・・・



決算書で、経営状況がどこまで把握できるかは、色んな意味において疑問です。

しかし、金融機関などの債権者は、債務者に決算書を提出するように求めます。

決算書が、債務者企業の財務内容を把握できる、唯一の資料ともいえるからでしょう。

そんな決算書ですが、金融事故になるような状況においても、債権者金融機関への提出はすべきなのでしょうか。



債権者金融機関と、債務者である中小零細事業者が健全な関係にある時は、決算書を提出するのは当たり前だといえます。

新たな借入をするときに必要な資料となりますし、借入後も定期的に提出を求められます。

中小零細事業者にとって、欠くことの出来ないパートナーである金融機関と、健全な関係を維持するためには、決算書の提出は必要不可欠だといえるでしょう。

しかし、健全な関係が崩壊した状況においては、決算書の提出はどうすればいいのでしょうか。

たとえば、金融機関からの借入が期限の利益の喪失をして金融事故となり、債権者である金融機関などが、既に債権回収の手続きに入っている様な状況においても、今まで通り決算書を提出するべきなのでしょうか。

決算書の内容を考えれば、難しい問題になります。

ちょうど、期限の利益の喪失後の、決算書の提出の可否について、メールでのお問い合わせをいただきましたので、ご紹介をしながら決算書の扱いについて考えていきたいと思います。



お問い合わせは、以下の内容になります。

メガバンクからのプロパー融資が、期限の利益の喪失後、サービサーに債権譲渡をされました。
サービサーとは交渉を続けましたが、支払の督促について裁判をされて負けてしまいました。
その後も、サービサーとは分割返済で話し合いをしており、毎月5.000円までしか支払いは無理と主張を続けています。
そして、サービサーから、決算書を提出するように要求をされましたが、提出する必要はあるのでしょうか?
上記以外に、信用保証協会の代位弁済5,000万円に対して毎月1万円を弁済し、日本政策金融公庫は1.200万円に対し分割弁済で交渉中です。


この様なお問い合わせ内容になります。

期限の利益の喪失をして不良債権となったとはいえ、普通に考えれば、債権者の要求である決算書の提出は、当たり前のことの様に思えます。

しかし、現在の環境や、決算書に記載されている内容を考えると、提出により大きなリスクを背負う可能性があるのです。

したがって、決算書を提出するかどうかについて、まずは、サービサーが何の目的のために決算書を要求したのか考えてみましょう。

まず考えられるのは、債権者と債務者の関係において、当たり前のルールとして決算書を要求したということになりますが、提出させた目的はこの先にあります。

次に考えられるのは、債務者が主張されている毎月5,000円の弁済について、経済的合理性があるのか確認するためだと思います。

続いて、もっとも大きな目的として、不良債権を回収する対象が、決算書において確認できないかということになるでしょう。

判り易くまとめれば、サービサーが決算書を提出させようとする理由は、上記の様になります。

したがって、その理由に沿って、こちらが決算書を提出すべきかどうか検討すべき内容は、以下の4点になるでしょう。

  1. 毎月5,000円の弁済が、適正といえる決算内容か?

  2.  債権者に把握されたくない資産が、決算書に記載されていないか?

  3.  期限の利益の喪失後の、債権者対応の方向性が明確になっているか?

  4.  資産の予防的保全対策は完了し、強制執行されても問題ないか?

簡単に説明をすると、決算書の損益計算書において、税引後の利益が60,000円 (5000円 × 12カ月)以下もしくは赤字であれば、物理的に5,000円/月 以上の弁済は不可能ということになります。

また、貸借対照表の資産の部において、債権回収の対象となる様な資産が記載されていれば、強制執行をされるかもしれません。

そして、できるだけ債権者の意向に沿って完済を目指すのであれば、決算書は提出して揉めない様にすべきでしょうし、『無い袖は振れない』を基本とした対応をとるのであれば、決算書の提出は控えるべきなのかもしれません。

また、残存する主債務者及び保証債務者の資産が、予防的に保全されているのであれば、強制執行をされても恐れることはありません。

この4点に集約して、検討をしてみてください。


支払の督促についての裁判をしてきたようなサービサーですから、決算書の提出を拒否すれば、間違いなく揉めるでしょうし、強制執行をされる可能性は高いと思います。

しかし、揉めたとしても、サービサーが取れる手段は強制執行だけですから、準備が終わっていれば、不安になる必要などありません。



事前に、しっかりと準備をしているのならば、決算書提出の可否について、悩むことはありません。

しかし、このお問い合わせの内容からでは、資産の予防的保全対策が完了していない可能性があること (お問い合わせメールからは確認できません。) と、裁判において債務名義をとられて差押が可能な状況であるということが、検討のポイントとなります。

サービサーによっては、驚く様な強制執行をしてくることもありますので、理屈を把握し、リスクを理解して検討をしてください。



 詳しい内容は、ホームページをご覧ください,
          ↓
   トップ経営研究所 ホームページ


↓ランキングです クリックして応援してください


ランキング人気ブログランキングへ


ランキングです クリックして応援してください
          ↓
      にほんブログ村 経営ブログへ


株式会社 トップ経営研究所
Archives
Whether

-天気予報コム-
Clock
QRコード
QRコード
あし@
  • ライブドアブログ