club Phnom Penh カンボジアと日本をつなぐ

カンボジアと日本をつなぐ プノンペンクラブです。非営利での活動を目指してます

カンボジア人にとっても、日本人にとっても、良い事であって、それを非営利で行えないか?理想を目指してます

IMG_20180119_172434応援ありがとうございまーす
カンボジア、ビザ取得が昨年より厳しくなりました。今までは、お金さえ出せば誰でもが自由に住める国だったのですが。。今年2月APEXさんよりメールにて、2月9日より。延長期間の長さにかかわらず、業務ビザを延長される場合は在職証明が必要。と変更になったそうです。

なので、、以前ブログに書いた情報が変更された事をお知らせします。
尚、60歳以上の方は、リタイヤメントビザで、今のところ、面倒な証明の必要などはなく、お金だけ出せば取れます。

こういった外国人に対しての規制は今後ますます厳しくなるかもしれません。ま―今までがゆるすぎただけなんですが。。。
この理由に中国人の大量移住が原因ではないか?って言われてます。
昨年の中国資本が4000億円余り、、今年はいくら?なのか。。。

シアヌークビルは中国人だらけになったという話を聞いて、、プノンペン市内の建設中建物見ると、、ほとんど中国。。
飲食店社長にお客の入りを聞くと70%が中国人。
もうすぐ乗っ取られる、、っていう人まで出てきた。。。
そういった不安や問題がやっぱり、カンボジア政府にもあって、、ビザを厳しくしていかないと、、、という事になったみたいです。
世界の5人に一人は中国人って言うくらいだから、、、困ったもんだー
プノンでした

にほんブログ村
にほんブログ村

505
いつも応援、感謝です

美しさの為には金は惜しまずの続き、もうしばらくお待ちくださいませ~

今日は、元引きこもりの私が、愛してやまない街、大阪西成区のお話。大阪に住まわれてる関西人の方でさえ、、アッコは住まんほうがええ、と皆さん言われる、有名な場所ですが、

ソノ、西成に住んでいました。もちろん、ホンマにヤバい西成警察署の周辺辺りではなく、今宮と言うところですが。。生活保護やボケてるおばあさんが多いいです。

当時私は足の悪いコーギーという犬種の犬を飼ってました。
ある日、散歩に行くと、、チャリンコに乗ったおっちゃんが「なんや、この犬、足悪いんかい?!」と話しかけて来ました。そこに、通りがかりのおばあちゃんが来て「この犬かわいらし顔やな~」。。とこんな感じで声をかけて来ます。次の日は、玄関にドックフードが袋に入ってドアノブに引っ掛けてあり、洗濯を干してると先日声をかけてきたおっちゃんが、チャリンコでチリン、チリーンと合図をし「おっはよーさん」と声をかけてくれます。
正直最初戸惑ってしまいました。

それで。。それが、、とても不思議なのは、、私の家族には、、あまり、声がかからないんです。
なぜ?なんだろーと、思ってましたところ、、スーパーに行った時、やっぱり、知らないおっちゃんに、「雨やから、早よー帰った方がえ~で」って声をかけられた、その時に、ハッって、気が付いたんです。。
そのおっちゃん、声をかけてくる前の一瞬、私の顔やら、、なんだかを見てるんです。

声をかけてくるおっちゃんたちの方が人を見て、声をかけてもいい人種か?って判断してる。。要するに、、自分らと一緒の人間、、同類か?って言うのを判断してから、声をかけてるんです。
なので、、、私に声をかけてきたおっちゃん達は、、間違っても背広来てネクタイ締めた人には声をかけないって事なんです。
仲間意識で、、仲間同士、頻繁に声を掛け合って、お互い励ましあって生きていこーや。ってそういう事だったんだと思いました。

時々、ホント―に変な人(やばい人)もいますが、、私はそんな西成が大好きです。
プノンでした。
にほんブログ村a id="&blogmura_banner" href="//overseas.blogmura.com/cambodia/ranking.html">
にほんブログ村
カンボジアランキング



いつも応援ありがとうございます日々感謝です。

今までの出会いで一番素敵なカンボジア男性、カンボジア男性はシャイで、物静かで、やさしいのです。
もちろんひったくり、ぼったくり、するような人もおりますが。。たいていはやさしい

それでも不思議な事に、カンボジア男性と日本人女性のカップルの組み合わせは少なく、反対の日本人男性とカンボジア女性の組み合わせが方が多いいです。

先日、日本人男性(独身)👈この人も素敵。。とバイク2ケツ(お言葉が。。。二人乗りでございます)でランチに行き中年のおっさんと、おばさんが2ケツで、、ランチキモーイ。。ね。

ホントにキモイ。。でも、それがカンボジアの良いところなんです。カンボジアはまだ車社会ではなくバイク主流、なのでカンボジア人家族でお食事って時は、、、オイ、オイ、('ω')ノオーイ。。何人乗ってんだーって、今まで最高一台に5人、、もちろん小さい子供が3人なんですが、、しかも一人赤ん坊だし―。。ま、、そんな、なんでもありの国です。。

話戻りまして、、帰り道、「あれーエンジンかかんない」と言う事で、バイクを押して修理屋さんに。。おっ
IMG_20180111_151858ちゃんとおばさんが西日の暑い中、、寄って来てくれてどうやらヒューズ??、、小さい何やらを一個づつ取り出しては光にあてって約20分位、、一個交換して終了。
で、、いくら?って2ドル位手にして聞いたら2000リエル(50セント)え???そりゃー安すぎる。。って2ドル差し出して、ん、ん、、って出して、取って取って。。とリアクションしたけどおっちゃん受け取らない。結局2000リエルしか受け取らなかった。
感動~私は両手を前で合わせて、何度も何度もありがとーと頭を下げた。
なーんだ普通じゃん。。そうなんです、このおっちゃん当たり前の事して当たり前のお金をもらっただけ。。なんですが、私たちは外国人でカンボジア人不在で、こういった場合、絶えずぼったくりを覚悟しないといけないんです。
言葉が話せる方はボラれない。とおもいます。
だけどこのおっちゃん、ボルどころか、、あげるって言ってる2ドルも取らなかった。。
ホント―に神様みたいな、石川啄木か?みたいな人。

プノンはバイクの後ろで手を振りながら、、おっちゃんまた来るよーおっちゃんに会えて幸せと感動の一瞬をもらったよー。。。って、プノンでした。


カンボジア情報ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ