Mayor of Simpleton /XTC
ボクは単細胞人間(シンプル思考者)
Music:XTC


Never been near a university
大学なんて近寄ったこともなければ

Never took a paper or a learned degree
論文も学位も学歴も全く縁がないし

And some of your friends think that's stupid of me
お友達の中にはボクをおバカだと思ってる人もいるらしいけど

But it's nothing that I care about
そもそも、ボクはそんなことは全然気にしてない


Well I don't know how to tell the weight of the sun
太陽の重さを計る方法を僕は知らないし

And of mathematics well I want none
そもそも数学は大の苦手

And I may be the Mayor of Simpleton
そんなボクは「おバカ」の代表かもしれないけど

But I know one thing and that's I love you
これだけは分かってる、僕は君が大好き



When their logic grows cold and all thinking gets done

人生の理屈がだんだん冷たくなっていると考えたあげ句

You'll be warm in the arms of the Mayor of Simpleton
キミはシンプル市長、ボクの胸の中



I can't have been there when brains were handed round
頭脳が配られてた時に僕がそこにはいなかったみたいだ

Or get past the cover of your books profound
キミの難解な本の表紙をめくることもなく

And some of your friends thinks it's really unsound
キミのお友達の中にはキミを「どうかしてるわよ!」って思ってる人もいるよね

That you're ever seen talking to me
ボクと喋っているところ見られて


Well I don't know how to write a big hit song
大ヒットする歌の作り方とも縁がないし

And all crossword puzzles well I just shun
難しいクロスワードパズルパズルは避けて通るし

And I may be the Mayor of Simpleton
ボクはそんなおバカの代表かもしれないけど

But I know one thing and that's I love you.
一つだけ分かることは「僕は君が好き」ということ



I'm not proud of the fact that I never learned much
あんまり勉強しなかった自分を自慢できるとは思ってないけど

Just feel, I should say
「ただ感じなさい」って事くらいは分かっているよ

What you get is all real, I can't put on an act
全部本当のこと、僕は演技なんかできないからね

It takes brains to do that anyway
結局それって頭使うことだからね



And I can't unravel riddles, problems and puns
僕は謎々でも試験問題でも駄洒落も得意じゃぁない

How the home computer has me on the run
パソコン見たら走って逃げちゃう

And I may be the Mayor of Simpleton
ボクはそんな単純バカの代表かもしれないけど

But I know one thing and that's I love you.
これだけは言えるのさ「僕は君が好きなんだ」



If depth of feeling is a currency
もし「感情の深さ」が通貨だったら

Then I'm the man who grew the money tree
さしずめ僕は金のなる木を育てた男になりたい

Some of your friends are too brainy to see
キミのお友達の中には頭良すぎて分からない人もいるよ

That they're paupers and that's how they'll stay
自分達が貧民で、この先奴隷扱いする社会からから抜け出せないってことが


Well I don't know how many pounds make up a ton
僕は1トンが何パウンドなのかも知らないし

Of all the Nobel prizes that I've never won
ノーベル賞でいくら貰えるかなんてさ、そもそも受賞してないし

And I may be the Mayor of Simpleton
ボクはそんな単純おバカの代表かもしれないけど

But I know one thing and that's I love you.
1つだけ分かっていることがある「僕は君が好き」だということ


When their logic grows cold and all thinking gets done
みんなが言う理屈がだんだん冷たくなって考えるだけ考えた挙げ句

You'll be warm in the arms of the Mayor of Simpleton
君はお単純おバカ代表の腕の中で温まるんだよ


 もともと、XTC(エックスティーシーと読みます)というバンドはパンク&ニューウエーブ最盛期にデビューした「知る人こそ知る」的な個性派バンドだったのですが、その音楽性は留まることを知らずに進化を重ね、ふと気がつくと中期ビートルズ風のポップなサイケデリックサウンドを展開する職人バンドになってゆきました。その中でもビートルズ風のユニークな影響で書かれたものがこの曲です。