March 22, 2010

aged photo


ちょっと変り種アプリのご紹介。
古い新聞のような写真に加工してくれるノスタルジックフォトフィルター
iPhone画面上だと「nosFilter」になるようです。

「写真を撮ってみたけど色がちょっと...」という時や「ノイズが気になるなぁ」という時におすすめです。
セピアとモノクロの中間のような加工をしてくれるので、ちょっと失敗した写真を誤魔化すのにぴったり(笑

シャドー部分のレベルを持ち上げてコントラストを強くするアプリなので、ちょっと暗めに写った写真を加工する場合は、あらかじめHDRcamTiltshift Generatorなどで明るめにしてからnosFilterを使うのがおすすめです。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。

PermalinkComments(8)TrackBack(0) twitterでつぶやくカメラアプリ 

March 17, 2010

coming


え、えーと...ずいぶんと長い間更新ができませんでした...
忘れられてしまったでしょうか?

仕事が立て込んでしまって更新ができませんでしたが、また更新を再開したいと思っています。
無理のない程度にマイペースにいきます。


これを機会にまた遊びにきていただけたらうれしいです。

PermalinkComments(1)TrackBack(0) twitterでつぶやくつぶやき 

February 22, 2010

ケンコー PRO1D サーキュラーPL スーパースリム


フィルターの構造上どうしても厚みのでてしまうサーキュラーPLフィルターですが、ケンコーから世界最薄記録を塗り替える商品の登場です。
ケンコー PRO1D サーキュラーPL スーパースリムという去年発表になっていたもの。

フィルター径は49、52、55、58、62、67、72、77、82mm。
気になる厚みは82mmフィルターでフィルター枠6mmの薄さ!
ガラスを研磨することにより、この薄さを実現したらしいです。

持ち運びと見た目のスマートさにこだわりたい人にはオススメです。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやくカメラ周辺機器 

February 16, 2010

filter protector


レンズフィルターの持ち運びってどうしてますか?
売ってる時についてるケースは大きすぎて中でフィルターが遊んでしまうし、社外のやつは小さいフィルターだとケースだけがかさばってしまうし。

海外ですが、こんなフィルタープロテクターを見つけました。
フィルターの前後にはめ込むプロテクターで、フィルターのサイズごとに作られているから無駄な部分がない構造。
サイズも49mm~77mmまで。
枚数を持ち歩かないなら、このケースが一番コンパクトだと思いますよ。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやくカメラ周辺機器 

February 13, 2010

canon eos kiss x4


キャノンからKiss X4が発表されましたね。

大きな変更点としてはHD動画が撮れるようになったことでしょうか。
一眼動画を撮る人にはうれしい変更点だと思います。
YouTubeなどで一眼動画をたまに見ますが、うまい人のはため息出てしまいますね。
あとは、暗い場所での撮影にも強くなっているようです。
作例を見る限りでは、X3よりもコントラストが強めな印象ですね。
このコントラストの強さが嫌いでなければいいのではないでしょうか。

と、新作に目がいってしまいそうですが、X2やX3がこのタイミングでさらに値下げされているので見逃せません。
X2はレンズキットで5万円を切ってます
動画にこだわらなければX2やX3でも十分な性能のカメラと言えると思います。
逆にX4の画素数だと1ファイルごとのサイズもかなり大きくなってくるので、当然同じカードを使った時の撮影可能枚数も違ってきます。
新製品の目くらましに騙されず賢い買物しましょ。


EOS Kiss X4
・1800万画素APS-C CMOSセンサー
・DIGIC 4プロセッサ搭載
・ISO 100-6400
・9点AF
・フルHD動画撮影機能
・SD/SDHC/SDXCカード対応
・104万画素3インチ液晶モニタ


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチりと応援お願いします。


PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやくつぶやき 

February 10, 2010

iso test1 iso test2


そろそろモニター期間も終了なので、もうひとつ検証をしてみました。
SH003のISO感度のテストです。
ロウソクでも撮れるとのセールスコピーなので、その環境を作ってみました。
光源はロウソクの光のみ、被写体はキャンドルホルダーの横に置いたヘッドホン。
三脚などは使わず、テーブルに手をついて手持ちで撮ってます。

ISO100はシャッタースピードが1秒と長いものの写りはダントツのきれいさ。
200になると多少ノイズは見られるものの、まだまだきれいな写りと言えそう。
400あたりから彩度も落ち始めノイズも結構増えてきます。
800~3200あたりはかなりノイズが多い状態。
6400以上は、う~ん...

まとめてみると、写真として使うならばISO400以下、携帯の画面上で見せるならISO1600以下、それ以上は覚え書きとして撮るくらいならば...
といったところでしょうか。
どのカメラでもそうですが、実用範囲となるとなかなか難しいところですね。

重要なのは自分のカメラの限界値を知っておくこと。
このSH003は手ブレ補正が結構優秀だと思うので、手ブレしにくい構え方をしてできるだけISOは低めで撮るのが正解ですね。
壁や机に体の一部を預けて撮るだけで、だいぶ手ブレは防げるようになります。
カメラの性能に頼るだけでなく、撮り方の工夫も写真を撮る上で重要です。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。


PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやく携帯カメラ 

February 08, 2010

e-pl1


先日、オリンパスからE-P1のお手軽版(?)なE-PL1が発表になりましたね。
Lightというほど大きさにE-P1に比べて大差はないようですが、ボク個人としては使い勝手がLiteな印象です。
ライフガイドという液晶を見ながら明るさや鮮やかさや背景ボケを直感的に操作できる機能など、カメラをこれから始める人には取っ付き易い設計ですね。
値段もレンズキットで7万円程度と手がだしやすいし。

個人的にはもっとクセのあるマイクロフォーサーズ機が出てほしいところです。
小さくて撮る楽しみがぐっと広がるやつ。
コレくらいのフォーサーズ機(笑
そうすれば触手も伸びるかも?


発売は3/5の予定の様子。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチな応援お願いします。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやくつぶやき 

February 01, 2010

corridor in wien corridor in wien_tilted


気軽にパシャパシャ撮った旅行の写真などがなんとなく間が抜けたような印象を受ける時ってありませんか?
実際はもっとピリっとした緊張感のある場所だったのに、写真で見るとその雰囲気が伝わらなかったり。
こんな時はカメラの水平をきちんと出さずに撮った写真が多いのではないかと思います。

作例の2枚の左側はきちんと水平を出して撮った写真、右側はわざと写真を回転させて水平を狂わせた写真。
こうやって見比べると右側の写真ってどこかマヌケでヨーロッパの路地裏のひっそりとした緊張感が抜けてませんか?

最近は水平器を内蔵したカメラもありますが、ついてない場合は以前少し書いたことのあるグリッド機能を利用するのもひとつの方法です。
どちらもついていない場合はフレームの中でまっすぐ立っているものが垂直になるようにカメラを構えるという方法もあります。
水平器を使わないと慣れるまではなかなか水平を出すのが難しいかと思いますが、意識して撮る癖をつけていると自然とできるようになります。

もちろん意識的にカメラを傾けて撮る構図もありますので、被写体によって使い分けるのがいいと思います。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。


PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやく撮影&補正のヒント 

January 31, 2010

ズームイン


花などの小さなものにぐっと近づいてマクロ撮影をしてみたいけど、いきなりマクロレンズを買うのは...という人もいるのではないでしょうか。
そんな人にオススメなのがクローズアップレンズです。
これを使うと手元にある標準ズームレンズや単焦点レンズが簡易的なマクロレンズに変身します。
このクローズアップレンズは通常のレンズフィルターのように取り付けることができるので、取り付けはとても簡単です。

作例はこのブログではお馴染み(笑)の画鋲をカメラのAFでピントが合う限界まで近づいて撮影したものです。
使ったレンズはNikkor 35mm F1.8で、このレンズの最短撮影距離は30cm。
左側は何もつけない状態で限界まで近づいたもの。
右側は3倍のクローズアップレンズをつけて限界まで近づいたもの。
その差は歴然ですね。
もっと倍率の高いクローズアップレンズを使えばもっと大きく撮影することができます。

ただし、本物のマクロレンズのように等倍撮影はできないので注意が必要です。
あくまで簡易マクロ撮影です。

安いものならば1000円程度から買えてしまうので、まずはこれでマクロ撮影の楽しみを覚えるのもいいと思いますよ。
荷物を減らして撮影に行きたいけれどマクロ撮影をする可能性のある時などにもオススメです。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
クローズアップレンズと一緒にこちらもポチお願いします。

PermalinkComments(0)TrackBack(0) twitterでつぶやくカメラ周辺機器 

January 29, 2010

s90+grip-main


すっきりした外観デザインのCanon S90ですが、構えた時のグリップに不満を感じている人も少なからずいるかと思います。
そんな人にはリチャードフラニエックから発売されているカスタムグリップがオススメです。

アルミ削り出しで本体にぴったりな設計。
本体右上からグリップにかけての曲線が特にきれいですね。
少しのでっぱりですがカメラを構えた時に大きな違いを感じると思います。
取り付けも両面テープで剥がした跡も残りません。

ボクは純正の見た目よりも、このカスタムグリップをつけた方が好き。
前回書いたフィルターアダプターと一緒につけたいですね。


lankingにほんブログ村ランキングに参加しています。
こちらもポチっと応援お願いします。

PermalinkComments(1)TrackBack(0) twitterでつぶやくちょっとハッピーなモノ 
profile

亀舞郎(かめぶろう)

撮影・写真補正のヒントや周辺機器、カメラアプリなどの紹介です。
経験と主観で書いてますので悪しからず。

これからカメラを買いたい方、カメラを始めたばかりの方から、毎日カメラを持ち歩いている方まで楽しんでいただければボクはハッピーです。
感想や質問などもいただけたらモリモリ元気でます(笑

cameblo(あっと)gmail.com

自己紹介ページはこちら






TSUTAYA online