違反者講習5月末までに

2020年02月19日

人がいない

 コロナウィルスが猛威を振るっています。
 地元の愛知県でも罹患者が出たということで、外出を控える人が増えています。
 政府から「不急不要の外出は避けるように」というお達しも出てますし、品薄のマスクを運良くてに入れていたとしても、用も無いのに出かけることはないって話ですね。
 私の場合、実に呑気なもので。
 基本、手洗いとうがいで大概の風邪やらインフル(の親戚)やらは防げると思ってるのと、普段からインドア派で、もともと「不急不要の外出」をしないタイプなので、生活スタイルは通常営業を保ってました。
 ただ、手洗いうがいは、除菌ソープを使ったり、うがい薬でうがいしたりと、徹底しています。
 というのも、息子が介護施設に勤めてて、ウイルス持ち込もうものなら、利用者様の生命にかかわってしまうため、家族も徹底的に用心しているわけです。
 しかしながら、世間的には、私のように手洗いうがいで済ませるような無防備な呑気者よりも、きちんと予防して生活している人のほうが多いです。
 なので、私にとっては驚くような事柄をいくつも見聞きすることになりました。
 まず最初に、相方と繁華街へ出かけたときのことです。
 週末だというのに、デパートの契約駐車場の入り口に全く行列がないのを見て驚きました。
 普段なら、それこそ数十メートルにわたって車列が続いている道路なのに、一台も詰まっていません。
 駐車場へ来た車が、すんなりと入っていきます。
 一緒にいた相方と、
「珍しいこともあるもんだねぇ」
 と言いながら歩いていくと、 広い公園で「名古屋ラーメンまつり2020」という催しをやっていました。
 全国から有名ラーメン店が集まって出店し、一律1杯900円で看板メニューを提供するというものです。
 名古屋の人って、こういう催しが好きで、この公園でも「オクトーバーフェスト」やら「メーテレ感謝祭」やらのイベントが頻繁に行われ、その都度ものすごい人出になる、はずなんですが。

私 「あ、ラーメン♪ 食べてこ、食べてこ」
相方「豚骨ある? それならいいけど……って、人すくなくない?」
私 「え? あれ?」

 公園の端に8軒のプレハブが並び、それぞれ列を作って順番にラーメンを受け取るようになってるんですが、ほとんど人が並んでいません。
 待機列のために張られたロープが、びゅうびゅうと吹く風に揺れてるところは、いっそ寒々しいです。
 唯一、北海道味噌ラーメンの店の前には多少の人が並んでいましたが、それだって、あらかじめ予想してつくられたと思しき待機列通路の半分くらいまでしか人がいません。
 普段なら長蛇の列になるであろう、この種のイベントにしては、前代未聞の出来事です。
 おかげで、さして待つこともなく、熊本ラーメン濃厚豚骨を楽しむことはできたんですけど、あまりにすんなり食べられたんで、拍子抜けしたぐらいでした。
 さらに、デパ地下へ行ったら、普段はこれまた長蛇の列になる、リプトンのティースタンドも数名が並んでるだけで、簡単に温かい紅茶を手にすることができました。
 これもコロナウイルス感染を恐れてのことかな、みんな気をつけてるんだな、などと思って帰ってきたんですが、週が明けて平日。
 別口の用件で繁華街へ出かけました。
 週末にも思ったんですが、街から中国語と韓国語が消えてます。
 いつもなら、機関銃のような中国語のしゃべりなんかが間断なく聞こえてくる街なのに、それがありません。
 激安の殿堂の前にたむろしてる団体客もいなくて、お店には申しわけないですが、むちゃくちゃ道が歩きやすいです。
 なるほど、こんなところに影響が出るんだなぁ、と思いつつ、デパ地下へ。
 ベーカリーに寄って、朝食用のパンと息子のおやつパンを買っていくつもりでした。
 デパートに入ってみると、なんだかガラン……としています。
 これもウイルスの影響なのかな、と思いつつ、地下に降りたら、本当に人がいない
 どこの店の前も、人影はまばらです。
 午後5時ちかく、普段ならば惣菜屋さんのショーケースの前に大勢のお客さんが集まり、ケースの中も寂しくなりつつあるはずが、山のように商品が残っています。
 お気に入りの惣菜屋さんのハンバーグが10個以上も売れ残ってるのを見たときには、目が点になりました。
 この時刻だと、家族の人数分を買うのさえ難しいぐらいに、よく売れる商品のはずなんですが……
 本当にお客さんが少ないんだなぁ、と思いつつ、ベーカリーに行ったら、こちらは逆で商品がない
 棚の半分以上が空いています。
 夕方で、これからお客さんが来るから、まだ出してないのかな、とも思ったんですが、店内から見える調理場や品物を置いてあるはずのワゴンもからっぽで、エプロン姿の職人さんたちが拭き掃除をしてます。
 とても、これ以上に商品が出てくる様子ではありません。
 おそらく、客足が伸びないのを見越して少なめに商品を出し、売り切ってしまおうということなんでしょう。
 おかげで、朝食用のパンはかろうじて確保できたものの、息子が好きなおやつパンはどれもこれも棚からなくなっていて、気の毒になった私は、みたらし団子を買って帰りました。
 当然ですが、団子屋の前にも、あまり人はいなくって。
 本当に外出する人が少なくなってるんだなぁ、と思いました。
 なんかね、経済活動まで停まっちゃってる感がハンパないです。
 本屋も人が少なかったしなぁ……カラオケ屋にはいたけど(要はヒトカラしに行ってた)。
 職場でも、いくつかの使用予約がキャンセルになり、予定表の空きが増えました。
 新しいウイルスですし、なかなか「これ」と言った予防法、撃退法は見つからないと思いますが、早いとこ騒ぎが終熄してほしいと思う、椿さんなのでありました。
 
 
   気に入ったら「ぽちっ」とお願いします♪



 ところで。
 この騒ぎを受け、在宅での勤務を推奨する企業も出てきたとか。
 娘の勤務先でも「リモート勤務」(ネットワークを通じて、会社に仕事の成果を送る)を奨める傾向にあるそうです。

娘 「でもね。意味ないの」
私 「なんでさ?」
娘 「娘、プログラミングしてるよね」
私 「してるねぇ。プログラマーだったら、客先との打ち合わせでもないかぎり、家にいて仕事してたって変わらないのでは?」
娘 「それがねぇ……できないの」
私 「できない? なんでさ?」
娘 「作りかけのプログラムは社外持ち出し禁止だったりするし」
私 「あ〜……それはできないね」
娘 「そもそも、プログラム書くための環境がうちのPCにはない」
私 「ダメダメじゃん……」
娘 「行くしかないの……」
私 「手洗いうがいするんよ」
娘 「うん。がんばる」

 熱のある社員を名古屋出張に放流し、東海道線沿線にウイルスばらまくような会社に比べれば、検討してるだけ、娘の会社はマシなのかもしれませんが……。
 予防策ひとつ採っても、なかなかうまく行かないものなんだなぁ、と思わされた出来事ではありました。


camellia_p at 14:32│Comments(0)ひとりごと 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
違反者講習5月末までに