2020年05月12日

カメラ修理 OLYMPUS-PEN S(オリンパス ペンS)の総合整備

こんにちは。

きょうは、OLYMPUS-PEN S です。

PEN-Sは、ハーフサイズのレンズシャッターカメラ。

修理依頼品は、1960(昭和35)年発売のS2.8です。

D.Zuiko 30mm/F2.8レンズを搭載。

PEN-SにはF3.5レンズを搭載したモデルもあり、こちらは1965(昭和40)年の発売です。

総合整備一式を行いましたので、一部をご紹介します。


IMG_3450

部品構成はいたってシンプルです。

シャッターユニット裏には、41.6のスタンプ。昭和41年6月を表していると思われますね。



IMG_3455

シャッター羽根やその周辺はオイルが付着し粘りが発生していましたので、分解洗浄しました。

シャッターユニット内部も要所のクリーニング/注油等行い、各部スムーズにリンクするように整備します。

IMG_3619

IMG_3622

ファインダーは、トップカバー側に取り付けられています。デザインよくまとめられていますね。

トップカバーから外し、前面ガラス、対物レンズ2枚は出来るだけ外してクリーニングします。

ファインダーが綺麗になるだけで、気分良く撮影できますよね。


IMG_E4485


外装も磨き上げられて、美しく甦ったPEN-S2.8です。

次回機種は未定です。お楽しみに!



camera_repair_minoha at 23:09|PermalinkComments(0) OLYMPUS(オリンパス) | >>PENシリーズ

2020年04月14日

カメラ修理 minolta AUTOCORD(ミノルタ オートコード)の総合整備

こんにちは。

きょうは、Minolta AUTOCORD です。

AUTOCORDは、生産期間が長く、様々なモデルが存在するようです。

1955(昭和30)年の発売。1970年代初頭まで生産され続けました。

IMG_E3675


整備前の状態です。表皮が失われたり、剥れているのが分かります。

修理ご依頼品は初期型に相当し、ピントフードにCHIYOKO(千代田光学)の逆三角マークがあり、

 ネームプレートのミノルタの「M」が大文字なのが特徴です。

シャッターはCITIZEN-MXV、1/400・1/200・1/100・1/50・1/25・1/10・1/5・1/2・1・B、セルフタイマー。

テイクレンズは CHIYOKO・ROKKOR 75mm/F3.5。

レンズボードの繰り出し/入れはヘリコイド構造になっています。造りが全体に大変しっかりしており、さすがミノルタといった印象です。


総合整備一式を行いました。一部作業をご紹介します。


IMG_3676

IMG_3678

IMG_3779

シャッターユニット、シチズンMXV。分解・整備を行いました。

セルフタイマー部に一部不具合があり、ユニット交換を行いました。

シャッターが正確に切れるよう、秒時の調整をします。


IMG_3781

レンズはカビやクモリが認められ、出来る限りのクリーニングと、一部研磨をいたしました。


IMG_3772

表皮は剥れや破れ、劣化がありましたので、型紙により切り出して、新規製作いたしました。


IMG_E3813

ビューミラー、ピントグラス、フレネルレンズも分解・クリーニングし、視界は見違えるようにスッキリ!!


IMG_E3818

各部も磨き上げられ、生き返ったAUTOCORD。

次回機種は未定です。お楽しみに!
 

camera_repair_minoha at 21:31|PermalinkComments(0) minolta(ミノルタ) | >>AUTOCORDシリーズ

2020年04月10日

カメラ修理 RICOH AUTOHALF(リコー オートハーフ)

こんにちは。

今日は、RICOH AUTOHALF(初期型) です。

AUTOHALFは1962(昭和37)年の発売。

25mm/F2.8のパンフォーカスレンズを搭載。

露出計はセレン電池の針押さえ式。

ゼンマイスプリング(スプリングモーター)によるオート巻上げの出来るハーフサイズカメラです。

スプリングさえ巻き上げれば、レリーズボタンを押すだけで露出、露光、フィルム巻上げがオートで行われます。

何気に36枚撮りを入れてしまうと、70枚以上撮れてしまいます!

その後は、CdS式露出計に進化し、SE、SLなど多くの機種が開発されました。


総合整備一式を行いました。


RWRS4026

ファインダー、レンズボード、シャッターユニット...

丁寧に部品を取外して行き、分解・クリーニング。

巻上げ機構のガバナ部分に部品の損傷があったため、部品の交換も行いました。

必要な部分には注油などグリスアップを行いながら、組み立てて行きます。

取外し式の裏蓋にはモルトがたくさん使われていますので、型紙に沿って切り出したものを貼りなおします。

セレン電池さえ生きていれば、オシャレなスナップカメラとして重宝しそう。


IMG_3485

次回機種は未定です。お楽しみに!

 

camera_repair_minoha at 12:40|PermalinkComments(0) RICOH(リコー) | >>AUTO HALFシリーズ