2012年12月

2012年12月29日

カメラ修理 Canon PELLIX(キヤノン ぺリックス)

こんにちは。

きょうは Canon PELLIX です。

1965(昭和40)年の発売です。

このカメラの特徴は、クイックリターンミラーの代わりに半透明鏡が固定されており、一眼レフ特有のレリーズ時のファインダーブラックアウトがありません。

もちろんミラーショックもありませんが、レンズの明るさは減少してしまいます。

キヤノン初となるTTL測光(絞り込み)式カメラでした。

シャッター幕は、焼損を防ぐ為チタンを使用しています。


露出計の針が十分振れない症状の修理と、総合整備一式を行ないました。

RIMG0856

トップカバーを外したところ。


RIMG0857

電池の液漏れによる錆びが発生していて、十分に振れないメーターは交換となりました。


RIMG0862

RIMG0863

これがCdSの測光部分。起き上がった状態を後と前から。

プレビューレバーにより起き上がり、露出計のスイッチが入る仕組みです。


RIMG0866

総合整備も行ない、よみがえりました。



それでは次回をお楽しみに。


*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子をご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

どうかご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 18:19|PermalinkComments(2) Canon(キヤノン) | >>Canon その他

年末・年始の休業日につきまして


Disp-7

誠に勝手ながら、12月30日~1月6日まで、休業させていただきます。

この間、お電話によるお問い合わせはお休みさせていただきます。ご迷惑をお掛けいたします。

なおホームページの「お問い合わせフォーム」と「メール」からのお問い合わせには、できる限り対応させていただきますが、ご返信が遅れる場合もございますことご了解お願いいたします。



2012年は大変お世話になりました。

おかげ様で、例年以上の台数のカメラを修理させていただくことが出来ました。ありがとうございました。

2013年も、より一層、丁寧な修理に励みたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

工房主


*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************

camera_repair_minoha at 17:57|PermalinkComments(0) お客様へのお知らせ