2013年01月

2013年01月07日

カメラ修理 RICOH 500G(リコー500G)

こんにちは。

2013年初の修理記事となります。

本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。


きょうは、RICOH 500G です。

発売は1972(昭和47)年。

シャッター優先EEと、マニュアル露出も可能なCdSメーター式のコンパクトカメラです。

メーター不動修理と、総合整備を行いました。



RIMG0867

モナカ式の外カバーを外すと、こんな感じです。



RIMG0871

分解して行くと配線など所々劣化、腐食していました。



RIMG0873

メーター不動の根本的な問題として、電池室の接点欠損がありました。



RIMG0875

燐銅板を切り出し、接点を製作、取り付けました。

メーターは、配線類のリフレッシュと共に復活しました。

その後総合整備一式を行いました。



RIMG0882

ピカピカによみがえった500Gです。



次回機種は未定です。お楽しみに。




*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子をご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、よろしくお願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

どうかご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 17:55|PermalinkComments(0) RICOH(リコー) | >>RICOHコンパクト機

2013年の冬休み

子供の冬休み最後の日曜日、かねてからせがまれていた「セントレア(中部国際空港)」へ行ってまいりました。

いえいえ海外旅行とかではなく、ただ飛行機を「見に・・・(笑)」です。

新しい空港なのでショッピングや食事も楽しめるということで、まるでテーマパークへ行くかのごとく。

クルマで1時間半弱、大きな駐車場へクルマを止め、動く歩道で空港内へ・・・

とりあえず、4Fの「スカイデッキ(屋上)」へ行ってみる事に。

IMGP1585

IMGP1615

真冬の「スカイデッキ」は折からの強風で寒いのなんのって。

でも、間近で感じる音や大きな機体の迫力に、つい夢中になってシャッターを切ってしまいます。

時々、灯油を燃やしたような臭いが漂ってきます。ジェットエンジンの排気のにおいでしょうか。


IMGP1694

上の写真、「檻」の中に人が閉じ込められている(笑)のが分かりますか?

見学ツアーのご一行様のようです。滑走路をバスで周る、このようなサービスもあるようです(有料)。


IMGP1705

JALのパイロットがタキシング(誘導路走行)中、コクピットから手を振ってくれました。


IMGP1590

駐機位置には機種別の標記が・・・


P1061902

デトロイトへ向かうデルタ航空の、ボーイング747。

この日見られた「4発エンジン機」はこれくらいで、大型機の飛来は意外に少ないようでした。



遅めのお昼を挟んで、飽きもせずにスカイデッキをウロウロしているうち・・・

IMGP1770

なんと、予想もしていなかった「ドリームリフター」がやってきました!

これは日本ではセントレアにしか飛来しないという、米ボーイング社に航空機の部品を運ぶ飛行機です。

お世辞にもカッコイイとは言えませんね。まるで想像画のツチノコみたいです。


IMGP1788

名古屋で製造された主翼部分を運搬する為の飛行機で、後部が横に開くようになっているそうです。

残念ながら積み込み作業は見ることが出来ませんでしたが、子供たちは大興奮でした(私も?)。

週に3回程度、不定期に飛来するらしいです(マニアの方のお話)。


IMGP1903

手前のジェット機ですらこんなに小さく見えます。



P1062060

夕暮れ時、あっという間に辺りは暗くなって行きます。

滑走路に点灯するランプがとても綺麗でした。

「・・・ジェット機の翼に点滅するランプは、遠ざかるにつれ、次第に星の瞬きと区別がつかなくなります・・・」

ジェットストリーム・・・懐かしいですね。


P1062071

結局、子供たちは暗くなるまでスカイデッキを出たり入ったり。

せっかくなので、冷えた身体を温めてから帰ろうと、飛行機を望める展望風呂「風(フー)の湯」でのんびりお湯につかってきました。

内風呂からは駐機中の尾翼が見えるか見えないか程度ですが、時々離陸して行くジェットの灯りを確認できます。

子供たちはクソ寒いのに、屋外の休憩スペースを走り回りながら外を眺めておりました。

久しぶりに、ちょっと贅沢(?)な時間を過ごすことが出来ました。






*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************

camera_repair_minoha at 15:18|PermalinkComments(0) ホッとひと息