2014年02月

2014年02月25日

カメラ修理 Nikon F2 Photomic A(ニコンF2フォトミックA)

こんにちは。

きょうは、Nikon F2 Photomic Aファインダー付きです。

F2は、1971(昭和46)年の発売。
1959(昭和34)年発売の、ニコン初の一眼レフ機「F」の後継機です。
フォトミックAファインダー付は1977(昭和52)年発売。

外観は、Fの角(かど)を落としただけに見えますが、「F」を越えることを目標に開発されただけあって、メカニカルカメラとして高い完成度を誇っています。

1/2000秒の最高速度シャッター、それを可能にしたチタン幕素材の採用と表面加工。
裏蓋開閉式の採用、容易なモータードライブの着脱性等、大きく進化を遂げました。

また、露出計を内蔵したファインダーを搭載した「F2フォトミックシリーズ」は、レンズのAi化をともなって数回改良され、進化していきました。



今回は、露出計不動修理を含めた、総合整備一式を行ないました。
F2では露出計メーターはファインダー内に収まっていますが、電源はカメラボディ本体側にあります。
メーターの不具合か、途中の回路に問題があるのか等を探っていきます。

ファインダーを別の機体に取り付け、メーター可動を確認、回路に問題があることが分かりました。

RIMG0411

ボディとトップカバー間の接点には問題が無かったので、電池室周りの不具合が考えられました。

前板を外して点検です。



RIMG0412

電池に接触する金属部分はステンレスのため錆びていませんでしたが、ご覧のとおり、ハーネスを繋ぐラグ端子部が、過去の液漏れにより腐食し通電しない状態でした。

ネジ穴から亀裂が入り、電池BOXそのものが壊れている症例も多いです。

修理によりメーターへの通電を確認、電池挿入中は常に力が掛かる部分であり、補強処置もしておきました。



RIMG0413

メーターが無事動きましたので、総合整備のメニューをこなして行きます。

フォトミックAファインダーも、接眼レンズとプリズムを中心にクリーニングしました。

感心なことに、メーター精度にほとんど狂いはありませんでした。



RIMG0422

いまどきのデジイチとは、比べ物にならないほどの重量感、そして質感があります。

やっぱりメカニカルカメラはいいですね。




次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主



camera_repair_minoha at 14:52|PermalinkComments(0) Nikon(ニコン) | >>Nikon Fシリーズ

2014年02月24日

ホッとひと息 小牧基地OPEN BASE


2月22・23両日に航空自衛隊小牧基地で行なわれた航空祭(小牧基地OPEN BASE)に行ってきました(23日)。

全国の基地で毎年行なわれるこのような航空祭、今まで一度も行ったことがありませんでした。
親戚が、航空自衛隊の元パイロットの方と知り合いなことが判明、うちの子供が飛行機好き(民間機専門ですが)なのを知って勧められたのがきっかけです。

なんでも今回は、基地航空祭としては初めて、各自治体はじめ警察や消防、海上保安庁、国土交通省などの協力を得て開催されたそうです(「航空祭コンセプト」より)。


bP2233235

オープニングフライトは小牧基地所在の全機種による編隊飛行。上写真の先頭はKC-767(空中給油輸送機)、両脇をU-125A(救難捜索機)がエスコート、トリは4発プロペラ機のC-130H(輸送機)。

この後、KC-767とC-130Hの模擬空中給油、C-130HとUH-60J(救難ヘリコプター)2機の編隊飛行などもありました。

P2193207

上の写真は、実は数日前に自宅から撮影したものです。KC-767のお尻からホース?が下がっているのが判りますか?

自宅は小牧基地から直線距離で20Kmくらいなのですが、飛行訓練の空路になっていたらしく、真上を飛ぶ様子を慌てて撮影したものです。
編隊を組んだりしながら、大きく3回くらい旋回して小牧方向へ去って行きました。
この時は給油ホースを下げて飛行していましたが、今日のフライトでは格納されたままのようでしたね。(情報では、初日のフライトでは下げて飛行した模様)



dIMGP3555

KC-767の機内が見学できるということで、せっかくなので並びました。
後方にはかなり長蛇の列が出来ていました。

機内は極力内装が省かれ、シートの間隔も少し狭そう、特に天井の荷物棚は取り払われていました。
後方にはギャレー(調理室)がありましたから、職務中の隊員の方も「ホッとひと息」つく時間くらいあるのかも知れませんね。



eP2232977

KC-767のお尻のアップです。
空中給油用のホース?は、普段はこのように機体に付いています。
左右に生えた黒い板は翼のようで、空中でホースが暴れないよう整流するのでしょうか。



fP2233230

懐かしいYS-11型機です。係員の方の話では、鳥取(美保基地)から飛来した機体だそうです。
航空自衛隊では輸送機として現役で活躍中ですが、老朽化のためC-130型機と置き換えられることが決まっているそうです。

gP2233099

垂直尾翼に描かれているのは、「因幡の白うさぎ」の説話に因んだマークでした。



iP2233088

航空祭の最中でも、対面の飛行場では、普段どおりにカラフルなFDA機が発着していました。オレンジ、パープル、イエロー・・・



kP2233249

C-130Hは、後部の大型ハッチ?からお腹の中をを見学できる展示をしていました。沢山の人が並んでました。



aP2233125

お昼を過ぎる頃には、滑走路側は、ギャラリーであふれていました。
なんでも前日初日の来場者数は1万1千人だったとか。(23日付中日新聞より)
この日は日曜だったので、もっと多かったかも知れませんね。

kP2233251

2機の救難捜索機U-125A。デモフライトへ向け待機中。

午後からは、「日本にほど近い太平洋を震源とする地震が発生した」という想定で、災害派遣デモンストレーションが行なわれました。

F-15戦闘機が緊急出動し被害状況の情報収集。
これは速過ぎて写真撮れませんでした(汗)。

tIMGP3635

CH-47J大型輸送ヘリコプターが火災現場上空から消火活動。4tの水の入ったバケットを吊り下げ、放水。



nP2233186

mIMGP3656

U-125A救難捜索機が要救助者を発見。UH-60Jヘリコプターが、ホバリングしながらメディック(救難員)が降下して救助に当たります。

地上では、C-130からバイク、救急車、DMAT(災害派遣医療チーム)が降機し、情報収集、負傷者の応急処置と搬送などが行なわれます。

そして重機等による瓦礫の除去、清掃など、各種機材を使用したデモも行なわれました。



uP2233323

出動する消防車。見守るギャラリー。
いかにもマニアとおぼしきおじ様達に混じり、デジイチを携えた若い女性も多く目立ちました。
こちらの方面でも「空美(そらみ)ちゃん」というのでしょうかね。



qP2233166

pP2233169

名古屋市消防局のヘリコプターによる救難デモ。
また、総務省消防庁の全地形対応車も紹介されていました。
全国でも愛知県岡崎市に1台しか配備されていない「レッド・サラマンダー」と呼ばれる2連接車で、クローラー(キャタピラ)を履き、不整地、段差や土砂、瓦礫上でも救助活動ができる車両でした。



以上ご紹介したのは、メインのフライトとデモンストレーション中心でしたが、その他にも色々な展示(航空機、装備品、重機類など)、体験(起震車、紙飛行機、ぬり絵等)、飲食、物品販売等があり、1日では回りきれない程ボリュームのあるものでした。


子供達は、間近で見られる様々な航空機などをカメラに納めるのに夢中で、「まじヤバイ」とか連発していましたが、私は今回、今まであまり興味を持たなかった「ヘリコプター」ですが、ホバリング状態から機首を斜め下に向けて俊敏に飛び去る姿をみて「・・・・・カッコイイじゃん。」とか思ってしまいました(笑)
いろんなものに興味を持つのは、良いことなのか悪いことなのか・・・


近い将来、大きな震災が必ず発生するといわれています。
単なるショーとして観てしまいがちでしたが、とても力強く感じました。
自衛隊の皆さん、頼りにしています!


なお記事中の情報等は、小牧基地HPの「イベントスケジュール」、「Wikipedia」等を参考にして纏めておりますが、特に機種など間違いがありましたらご容赦ください。何せこの世界には素人なもので・・・

どうもありがとうございました。

工房主


*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


camera_repair_minoha at 23:30|PermalinkComments(2) ホッとひと息 

2014年02月01日

カメラ修理 RICOH AUTOHALF SL(リコー オートハーフSL)

こんにちは。

あっという間に2月です。

きょうは、RICOH AUTOHALF SL です。

オートハーフ初期型に比べるとかなり大柄になりました。
大口径レンズ(35mm/F1.7)と前玉回転式のゾーンフォーカスが特徴です。

1970(昭和45)年の発売、CdSメーターの針押さえ式EE、ハーフサイズカメラです。



ヘリコイド固着修理を含めた、総合整備一式を行ないました。

RIMG0324

ファインダーを外し、メーター部の指針、針押さえ機構、フィルム感度調整部等を点検します。
メーターの回転が渋く、電流が流れても初動しません。また指針が変形して引っ掛っていました。



RIMG0327

受光素子はCdS式ですので、電池がないと機能しません。
前面カバーに電池室がありますが、接点に液漏れによる腐食がありました。



RIMG0331

ヘリコイド固着修理のため、シャッターユニットからレンズユニットを外します。



RIMG0332

ヘリコイドは、カンカンに固まって、ビクともしません!



RIMG0333

固まったヘリコイドを溶かすため、いくつか溶剤を試し、1日掛かりで外すことができました。
ヨカッタ~。
ヘリコイドグリスが、まるで接着剤のように固まっていました。



RIMG0336

ヘリコイドも気持ちよく回転するようになりました。
フィルム室のモルトもきれいに張替えられ、カメラも気持ちよさそうです。



次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主



camera_repair_minoha at 00:09|PermalinkComments(2) RICOH(リコー) | >>AUTO HALFシリーズ