2015年02月

2015年02月28日

カメラ修理 minolta SRT101(ミノルタSRT101)

こんにちは。

明日はもう3月です。
あっという間に1ヶ月が経ってしまいました。はやいですねぇ。

さて今日は、minolta SRT101です。

SRT101は1966(昭和41)年に発売されました。

布幕横走りシャッター、TTL開放測光のマニュアル高級機です。

CLC(コントラスト・ライト・コンペンセータ)式測光方式が特徴です。横長時の画面上下で分割測光することで、空の明るさに引きずられて地部の被写体がアンダーになりにくいよう補正される仕組みだそうです。

そのため、一般的には接眼レンズ左右に配置される例が多いCdSですが、本機ではペンタプリズムの頂部前後に1個ずつ配置されています。


総合整備一式を行いました。

RIMG1773

トップカバーを外したところ。

プリズム上、CdSが前後に配置されているのが分かりますね。



RIMG1774

CdSの配線。通常は並列につながれるのですが、CLCの場合は直列つなぎなのです。

シンプルですよね。

だけど縦に写真を撮るときは、CLCの効能はありません・・・・・



RIMG1775

SRT101では情報伝達に連動糸が使われています。

シャッター速度とフィルム感度を伝達するもの、ファインダー内のシャッター速度指標を動かすもの、絞り連動リングからの絞り値を伝達するもの・・・・

シャッターや絞りの情報は、巻き戻しノブ側にあるプーリー部で合成され、カムやレバーによって追跡指針を動かす仕組みです。



RIMG1776

RIMG1777

ファインダークリーニングはプリズムを降ろして行います。また、スクリーン枠はメーターユニットと一体なので一緒に降ろします。

接眼レンズはじめ、プリズム、コンデンサレンズ、フォーカシングスクリーンをそれぞれクリーニングします。

写真に見えているモルトは、スクリーン枠の外側を囲うものですが、たいがいは劣化してボロボロ、あるいはベトベトになっていますから丁寧に剥がして、新しく貼り込みます。



RIMG1795

各部整備、調整も終わって、磨き上げられたSRT101。

細身で、なかなか綺麗なフォルムをしていると思います。




次回機種は未定です。どうぞお楽しみに。


*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 22:15|PermalinkComments(2) minolta(ミノルタ) | >>SRシリーズ