2015年12月

2015年12月06日

カメラ修理 OLYMPUS PEN-D オリンパスペンD

こんにちは。

きょうは、OLYMPUS PEN–D です。

PEN-Dは、F1.9の大口径レンズを搭載したハーフ判高級マニュアルコンパクトカメラです。

発売は1962(昭和37)年、なんと工房主と同い歳です(w)


トップカバーにセレン式の光度計を装備、シャッターはコパル製で最高速は1/500秒となっています。



お客様のご依頼で、総合整備一式を行いました。

RIMG3662

トップカバーを外しますと、真ん中にデーンと、ファインダー+セレン式光度計ユニットが鎮座しています。

光度計は、約1段オーバー(振れが足りない)でした。


RIMG3665

ユニットを降ろすと、巻き上げ&チャージ機構が現れます。至ってシンプル。

巻き上げ時に少々引っ掛かる症状がありました。

チャージ用のスプリングは少々延びぎみです。


RIMG3666

RIMG3673

鏡筒を外したら、シャッターユニット、絞りユニット、ヘリコイド、そして操作リング類の整備をします。

レンズも分解して、クリーニングを行います。


RIMG3664

裏蓋では劣化したモルトを交換します。型紙から切り出した新しいモルトを張り込みます。

モルトを交換すると、裏蓋を取り付ける時のノブの手応えが増して、しっかり遮光&防塵されているという安心感が得られます。


RIMG3674

RIMG3675

巻き上げ&チャージ機構は、分解して古い油や汚れをクリーニングし、滑らかに作動するようグリスアップしながら組み上げました。


RIMG3683

各部がリフレッシュされ、光度計も適正に調整されました。

初代Dは、電池の液漏れの心配が無いのがいいですね。

手軽に撮れる、ハーフサイズの高級コンパクトカメラです。



次回機種は未定です。どうぞお楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 00:00|PermalinkComments(0) OLYMPUS(オリンパス) | >>PENシリーズ