2016年01月

2016年01月02日

カメラ修理 YASHICA LYNX-1000 ヤシカリンクス1000

こんにちは。

2016年が明けました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

修理の仕事はじめは6日からですが、年初めの更新をしてみました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



きょうは、YASHICA  LYNX-1000 です。

本機は1960(昭和35)年発売の露出計付き距離計連動レンズシャッターカメラです。

レンズはYashinon45mm/F1.8

シャッターはコパルSV、1/1000~1秒、シンクロ接点、セルフタイマー付き。

露出計はセレン光の定点合致式で、指針が中央に来ると適正を示します。

絞りリングとシャッター速度リングが連動するライトバリュー方式です。

なので露出値(LV値)一定で絞りとシャッター速度の組み合わせを変えることが出来ます。

もちろん連動距離計内蔵。



距離計内の部品欠落、各部不具合の修復を含めた、総合整備一式を行いました。

距離計ミラーの修復を中心にご紹介いたします。


image

トップカバーを外すと、黒くて丸く見えるのは露出計メーター。

そこから左側に出っ張っている部分は、トップから確認用の指針と、ファインダーに露出計情報を送る部分です。



image

シャッター、ヘリコイド、その他不具合修理のため、前板を取りはずしました。

この後、シャッターユニット、各リング類、摺動抵抗やコンタクト部分など各所の整備をします。



image

距離計内の欠落部品は、ミラーでした。

さらに悪いことに、中央から二つに割れていました。

とりあえず、透明な接着剤で直してはみたものの、ファインダー内の露出表示部真ん中に亀裂が見えてしまいNG。

新しく表面鏡を切り出して製作しました。



image

上側のは割れていた元のミラー。

下は同じサイズに切り出した表面鏡。保護用にフィルムが貼られていますので、それをマスキングに利用し蒸着部分を剥がす作戦です。

透明にする部分のフィルムをカッターナイフで切り、剥がします。



image

セリウムを、湿らせた綿棒に付け、その部分を気長に磨きます。



image

磨きにちょっとコツが要りますが、何とか同じものを複製することが出来ました。

上部の角状の透明部分は、露出計情報が透過するところです。

中央の小判形は距離計像の透過部分になります。



image

ミラーを組み込んで距離計の調整、露出計情報の見え方等を確認します。



image

露出計は抵抗体を入れ替え適正に。外装も磨かれて綺麗に仕上がりました。

まだまだ活躍できそうです。



次回機種は未定です。お楽しみに。





*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主
続きを読む

camera_repair_minoha at 22:00|PermalinkComments(2) Yashica(ヤシカ) | >>レンジファインダー

大井川鐵道を訪ねて

こんにちは。


image

今回の「ホッとひと息」は、SLです。

同好の先輩に誘われて昨年の12月10日、SLを撮影に行ってきました。



image

当初は電車で移動しながら撮影出来ると考えていましたが、一昨年にダイヤ改正され運転本数が激減してしまい叶わない状況でしたので、私がクルマを出し、場所を移動しながら撮影出来るようにと考えました。



image

しかし当日のSL運転は「かわね路号」1往復のみ。結局、下り列車を有名な「大井川第一橋梁」で河原から見上げて撮影し、そのあと食事をしたら、お互いに満足してしまいまして……そのまま帰途に着きました(笑)



image

ちなみにこの日は平日で、客車は3両というかわいい編成でした。

また、客車は「ぶどう色1号」という、戦前に使われていた黒に近い茶色に塗られており、曇天で白っぽい背景のおかげで、余計につぶれ気味です。



image

写真のC11-190は、昭和15年に川崎車両で製造され、昭和49年に熊本管内で廃車となった機関車だそうです。

その後は個人の方が静態保存されていましたが、平成13年に大井川鐵道に譲渡され、同15年から営業運転に供されています。

両サイドの水タンクを結ぶアール状のフレームやエッジ部分に施されたメッキモール、煙突の装飾、モスグリーンのナンバープレートなどが特徴でしょうか。



image

ここでは駅舎の佇まいも懐かしさが漂います。

image

また訪れてみたいと思わせる所でした。






*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


********************************************* 

camera_repair_minoha at 20:00|PermalinkComments(0) ホッとひと息