カメラ修理 RICOHFLEX MODEL-VIIカメラ修理 OLYMPUS PEN-D オリンパスペンD

2015年11月26日

カメラ修理 Canon FP キヤノンFP

こんにちは。

きょうは、Canon FP です。

FPは、FX(FLマウント初代機)から内蔵露出計を取り除いた機種で、1964(昭和39)年に発売されました。

FXの露出計はTTLではなく、外部測光(トップカバー前面にCdS測光窓が付く)タイプだったため人気が今ひとつだったそうです。

FPは、露出計を省略しプロ向けにもと開発されたそうですが、オプションとしてFPメーター(外付け露出計)も用意されていました。


シャッターは布幕横走り式フォーカルプレーン、B・X・1秒~1/1000秒。

FX同様、ミラーアップレバーとセルフタイマーが装備されています。



レンズ、FPメーターを含めたカメラ本体の総合整備一式を行ないました。

RIMG3604

シャッター鳴きの症状が見られたので、ミラーボックスの整備ができるよう前板を外しました。

またファインダー周りのクリーニングも重要な整備項目です。

接眼レンズ、プリズム、コンデンサレンズ、フォーカシングスクリーンをそれぞれクリーニングします。

ほこりやチリが入り込まないように、組込みに一番神経を使うところです。


RIMG3605

上写真のような状態ですと、シャッター幕の走行系、スローガバナ、セルフタイマーなどの点検や整備が容易に行なえます。

良く見ると、ダイキャストブロックの巻戻しノブ側に、電池室がそのまま残されていますね。

この電池室の位置は、PELLIXやFTbへも受け継がれました。


RIMG3606

ミラーボックスのリターン機構は比較的シンプル。

古い油や汚れを落し、適所に適量の注油をします。




レンズは、FL 50mm/F1.8が付属していました。

カビやクモリ、汚れのクリーニングと、絞りの粘りが認められましたので絞りユニットを分解・清掃しました。

RIMG3626

この当時のレンズは、とても丁寧に作られているのが分解してみて実感できます。

これだけ多くの金属加工部品を組み合わせて1本のレンズが出来ていることを、後に軽量化されたNewFDレンズなどど比べてしまうと、その違いに驚かされてしまいます。


RIMG3628

絞り羽根にオイルが付着し開閉が粘っていました。

自動絞り機構とともにクリーニングします。




RIMG3633

外付け露出計のFPメーター。

電池を入れても針が振れず、開腹してみると電池室裏側が腐食・断線。


RIMG3635

スイッチの接点周りも緑錆(緑青)でいっぱい。


RIMG3639

配線引きなおし、接点クリーニング・グリスアップ、抵抗の入替え等を行ない、適正露出を示すよう修復しました。




RIMG3640

RIMG3642

フル装備状態のCanon FPです。メカメカしていて格好いいかも。




次回機種は未定です。どうぞお楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 18:24│Comments(2) Canon(キヤノン) | >>Canon Fシリーズ

この記事へのコメント

1. Posted by がたぱしゃ   2015年11月27日 00:56
こんばんは。
キヤノンFP自体も実物を見た事がありませんが、
FPメーターなる物は、ある事自体、知りませんでした。
この時代のキヤノンは、何となく空白時代のような気がしてしまいます。
2. Posted by みのチャン   2015年11月29日 16:43
こんにちは。

> この時代のキヤノンは、何となく空白時代のような気がしてしまいます。

あぁ、何となくわかります。
古き佳きレンジファインダー時代と、AE-1にはじまる電子カメラ時代の中間みたいな感じでしょうか。
お客さんの世代にもよるのでしょうね。FTbなどは結構修理依頼は多いです。

私もAE-1のインパクトにやられた口ですので、実際、機械式Fシリーズにあまりなじみはありませんが、重厚なつくりで、好感のもてる機種です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カメラ修理 RICOHFLEX MODEL-VIIカメラ修理 OLYMPUS PEN-D オリンパスペンD