カメラ修理 YASHICA LYNX-1000 ヤシカリンクス1000カメラ修理 Nikon EM (ニコンEM)

2016年02月24日

カメラ修理 minolta SR505 ミノルタSR505



こんにちは。

今日は、 minolta SR505 です。

SR505は、1975(昭和50)年に発売されました。

SR-T SUPERの改良型という位置づけで、フィルムインジケータやメモホルダーが追加されました。

ヒットしたSR-T101に比べると、絞り直読、ホットシューの装備、スプリットイメージが追加されたスクリーンなど一世代新しい感じがします。

ただ、生産台数が少ないせいか、修理依頼はめったにありません。

SR101とともにSRシリーズ最後の機種となり、以降はXシリーズが開発されることになります。



今回は、亡きお父様の使われていたカメラを蘇らせたいとのご依頼で、総合整備一式を行いました。


image

トップカバーを外すと、見慣れた中身が現れます。

絞り直読用のレンズ、ミラー部を除くと、SR-T101とほとんど変わらない印象です。

CLC測光システムを継承しており、これは以降のXシリーズの一部にも採用されますが、プリズムの前後にCdSセルが配置されているのが特徴です。



image

スクリーン周りの整備のためプリズムを降ろし、露出メーターが付いたままのスクリーン枠を外します。

それには露出連動糸を外すなどの手順が必要で、テンションを緩めておくなど、糸を切ってしまわないような配慮が必要です。でも、めったに切れないですけどね。



image

スクリーン枠を取り去ると、劣化したモルト類や、緑錆の生成された金属部分が現れます。

こういったところを綺麗にクリーニングすることも、カメラ修復のためには大事な作業です。



image

前板を外してシャッター軸などの注油中に、セルフタイマーの歯欠けを発見。

この部分でゼンマイが解放されてしまい、タイマーが機能しません。

これは修復不可能でしたので、ユニットごと交換しました。



image

カメラボトムにある、露出計スイッチの接点部です。

ちょっと見にくいですが、3つの接点が向きあっています。

接触不良でしたので、接触調整とグリスアップをしました。

写真中央に見えている金色のギアみたいなものは、シャッター先幕と後幕のテンション調整部です。



image
image

露出計搭載のSRシリーズに、共通のボトムスイッチ部分です。l

露出計のオンオフと、バッテリーチェックが出来ます。

上写真のようになっていて、回転により本体側の接点と接触し通電するようになっています。



image

最終的なシャッター速度の確認です。

Aは先幕、Cは後幕、Bは中間の速度を現しています。

1/1000秒の計測値で、問題ないと思われる値です。



image

レンズも整備され、現役時代さながらに蘇りました。




次回機種は未定です。お楽しみに。




*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 22:57│Comments(2) minolta(ミノルタ) | >>SRシリーズ

この記事へのコメント

1. Posted by がたぱしゃ   2016年02月27日 09:50
久しぶりに更新があってホッとしています。
ST505なんて滅多にお目に掛かれません。
当時もSTシリーズは既に古臭くなってしまっていてあまり売れなかったのかと思います。
しかしこのシリーズでいつも思うのは、
露出計のスイッチが底にあると、絶対に切り忘れると思います。
OMシリーズがスイッチを上面に大きく付けたのとは対照的ですね。
2. Posted by みのチャン   2016年02月28日 16:08
こんにちは。いつもありがとうございます。

そうですね、私もこの仕事を始めて7年ほど経ちますが、今回のSR505と、以前SR101を受けましたが、それぞれ1台づつだけです!希少ですね。

底のスイッチは確かに切り忘れしそうですが、親指の腹で軽く回せるところは好きです。
電池蓋も、コインや工具を使わずに回せますし・・・(腐食で固着していなければですが!)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カメラ修理 YASHICA LYNX-1000 ヤシカリンクス1000カメラ修理 Nikon EM (ニコンEM)