カメラ修理 minolta XD ミノルタXD

2017年02月05日

カメラ修理 OLYMPUS PEN-FT オリンパスペンFT

こんにちは。

きょうは、OLYMPUS PEN-FT です。

その独創的な設計で知る人ぞ知る、ハーフ判レンズ交換式一眼レフカメラです。

チタンの薄幕を回転させるシャッター機構、左右に動くリターンミラー、ハーフゆえの縦画像を接眼レンズへ導くファインダー構造など、どれを取っても唯一無二。それが人気の秘密ですかね。

PEN-FTは1966(昭和41)年に発売されました。


巻上げ/シャッター不動の修理を含めた総合整備一式を行いました。

image4

大きなブロックごとに分解されたところです。

手前右側が、回転式のシャッターユニットですね。



RIMG4010

当初、巻上げ出来ない原因はリターンミラー駆動ユニットの不具合を予測していましたが、どうも違う。

そこでシャッターユニットを外して点検すると、シャッターに回転を与えるスプリングが破断していました。

スプリングの替え部品は無いので、少し寸足らずになりますが破断した部分を加工して組付け直します。

また、スローガバナも不具合があったため整備、調整しました。



RIMG4008

RIMG4014

FTの要の露出計部分。

上写真はファインダーブロックに組付いた状態で、茶色の部分がCdS基板です。

その下に、逆入射光防止グリットを挟んで、ハーフミラーがセットされています。

下写真が、ハーフミラー側から見た様子。

FTでは、接眼レンズへ導く光とCdSで受光する光に分けるため、ハーフミラーが使われています。

これが、FTのファインダーが暗いといわれる一つの要因ですね。

PEN-FやFVは露出計を装備していないので、全反射のミラーが組み込まれている分、明るいファインダーとなっています。



RIMG4016

レンズボードブロックから露出計周りを外した状態。

見えている斜面部分にハーフミラーが被さる構造です。



RIMG4017

接眼レンズ(ルーペ)ブロックを外すと見えてくるプリズム。

要所にはモルトが使われているので、慎重に剥がし新しく交換します。



RIMG4019

独創的ゆえに整備に手間が必要なことも事実ですが、それにも増してマニアックな魅力を誇るPEN-FT。






次回機種は未定です。お楽しみに。




*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


camera_repair_minoha at 01:26│Comments(0) OLYMPUS(オリンパス) | >>PEN-Fシリーズ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カメラ修理 minolta XD ミノルタXD