Nikon(ニコン)

2016年03月21日

カメラ修理 Nikon EM (ニコンEM)

こんにちは。

今日は、Nikon EM です。

EMは、1979(昭和54)年に発売された、AE専用一眼レフカメラです。

後にF3なども手掛けた、カーデザイナーのジュージアーロがデザインしました。

当時のニコンが、初めて初心者を意識して作った「リトル・ニコン」。

小型、軽量、低価格化のために、各部に樹脂が使用されており、メーカーの意気込みが感じられます。



シャッターが開かない症状修理を含めた、総合整備一式を行ないました。

image

樹脂製のトップカバーを外すと、電子カメラでは見慣れたフレキ基板が現れます。

ミラーボックス一体で前板を分離。



image

分解整備するため、シャッターユニットも分離します。

駆動部分は、動作確認と清掃、電磁マグネットの接点清掃がメイン。

羽根部分は全て分解し、1枚1枚チェックして清掃。



RIMG4171

RIMG4177

案の定、ダンパーゴムが溶けて羽根の一部に付着、その粘りで羽根が開いていませんでした。

たった2ミリ角ほどのゴムの仕業で、カメラが機能しなくなってしまうんですね。



image

整備が終った部分を、順番に組み付けていきます。

レンズマウント内、絞り連動リングの摺動部はじめ、清掃とグリスアップを行います。



image

EMにはF1.8の50mmレンズが、 やはりバランスいいです。

私も所有していますが、気軽に撮れる、オススメの1台です。



次回機種は未定です。お楽しみに。




*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 10:29|PermalinkComments(0)

2014年11月29日

カメラ修理 Nikon FM(ニコンFM)

こんにちは。

きょうは、Nikon FM です。


露出計不具合修理を含む、総合整備一式を行ないました。

RIMG1758

露出計の3つあるLEDが、アンダーのまま変化しない症状でした。

当初、回路基板の故障、あるいは受光素子(GPD)の故障を疑い、交互に部品交換を試みますが、症状が変化しません。



RIMG1763

残るは、シャッターダイヤル下部にある摺動抵抗の接触不良が疑われるわけですが、一通りクリーニングしただけではやはり症状は変わりません。

ここは金属薄膜抵抗体(FRE)といい、ガラス円盤に、金属抵抗皮膜が蒸着されて出来ている部分です。

あまりゴシゴシ掃除できない、デリケートな部分です。



RIMG1764

さらに分解してみますと、何箇所か接触部分があり、まさに、そこが汚れて通電していませんでした。

腐食も起こしていましたが軽度でしたので、クリーニングとグリスアップで何とか復旧しました。



RIMG1759

カメラ底部の電池室です。良く見ると、黒い内壁に亀裂が入っています。

同じ構造のカメラによくある症状です。

さらに亀裂が大きくなると、+側の電極がボディーアースと接触しショートしてしまいます。



RIMG1761

電池が入ったままですと、接点のバネの力が常時掛かって、樹脂ケースが疲労して割れてしまうようです。

部品交換が最良ですが、交換部品がありませんでしたので瞬間接着剤で修復したのち、樹脂ケースの変形を防ぐため、絶縁材のスペーサーをかまして電極がボディーに触れないよう加工しました。



RIMG1781

少し修理に遠回りしてしまいましたが、接触不良も無く、LEDの変化はスムーズです。




次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 22:12|PermalinkComments(0)

2014年07月14日

カメラ修理 Nikon MS型(ニコンMS型)

こんにちは。

きょうは、Nikon MS型 です。

MS型は、外観はS型に近いシンクロ接点付きですが、裏蓋はM型と同じ形状です。
トップカバーのシリアルナンバーに「M」の刻印が付いています。

1949(昭和24)年発売のM型に、シンクロ接点をつけて翌年発売されたのがS型だそうです。
MS型はその過渡期に製造されたようです。

お預かりしたMS型はシンクロソケットの色が茶色いのですが(普通は黒だそうです)、これは珍しいそうです。
また裏蓋の張り皮には「Made in Occupied Japan」の打ち出しがあり、これはGHQによる占領下時代を示しています。


総合整備一式と、フィルム室内や外装、張り皮のタッチアップを行ないました。

RIMG1268

S2やSPなどは整備経験がありましたが、MS型は初めてで、「どんな風なんやろ」と興味津々でしたが、実際にはS2よりシンプルな部品構成で、素直に分解・整備することができました。


RIMG1269

特徴ある、シンクロ接点の内側。


RIMG1271

裏蓋の張り皮の一部が欠損しており、補修のうえ張りなおしました。

本機では、本皮が使われているようです。

張り皮全体が擦れて色あせておりましたので、今回は総合整備のほかに、張り皮の染め直しを試みました。


RIMG1296

RIMG1297

当初は、色あせた部分に黒いインクなど染込ませるつもりでしたが良いものが見つからず、以前ホームセンターで見掛けた「染めQ」スプレーを思い出して、取り寄せてみました。

マスキングテープで不要な部分を養生します。

あとは普通のスプレー塗装の要領で、色をのせます。

「染める」というよりは「塗装」する感覚ですが、ナノテクノロジーの超微粒子により、染めたように仕上がるというもので、実際には皮の風合いをあまり壊さず、かなりいい感じに仕上がりました。


RIMG1323

これで、梨地メッキとのコントラストが高まり、カメラがより引き締まって見えますね。



※なお、誠に勝手ながら修理上の都合によりまして、現在はNikon Sシリーズの修理・整備はお受けしておりません。何とぞご了承くださいませ。


次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主


camera_repair_minoha at 10:00|PermalinkComments(2)

2014年02月25日

カメラ修理 Nikon F2 Photomic A(ニコンF2フォトミックA)

こんにちは。

きょうは、Nikon F2 Photomic Aファインダー付きです。

F2は、1971(昭和46)年の発売。
1959(昭和34)年発売の、ニコン初の一眼レフ機「F」の後継機です。
フォトミックAファインダー付は1977(昭和52)年発売。

外観は、Fの角(かど)を落としただけに見えますが、「F」を越えることを目標に開発されただけあって、メカニカルカメラとして高い完成度を誇っています。

1/2000秒の最高速度シャッター、それを可能にしたチタン幕素材の採用と表面加工。
裏蓋開閉式の採用、容易なモータードライブの着脱性等、大きく進化を遂げました。

また、露出計を内蔵したファインダーを搭載した「F2フォトミックシリーズ」は、レンズのAi化をともなって数回改良され、進化していきました。



今回は、露出計不動修理を含めた、総合整備一式を行ないました。
F2では露出計メーターはファインダー内に収まっていますが、電源はカメラボディ本体側にあります。
メーターの不具合か、途中の回路に問題があるのか等を探っていきます。

ファインダーを別の機体に取り付け、メーター可動を確認、回路に問題があることが分かりました。

RIMG0411

ボディとトップカバー間の接点には問題が無かったので、電池室周りの不具合が考えられました。

前板を外して点検です。



RIMG0412

電池に接触する金属部分はステンレスのため錆びていませんでしたが、ご覧のとおり、ハーネスを繋ぐラグ端子部が、過去の液漏れにより腐食し通電しない状態でした。

ネジ穴から亀裂が入り、電池BOXそのものが壊れている症例も多いです。

修理によりメーターへの通電を確認、電池挿入中は常に力が掛かる部分であり、補強処置もしておきました。



RIMG0413

メーターが無事動きましたので、総合整備のメニューをこなして行きます。

フォトミックAファインダーも、接眼レンズとプリズムを中心にクリーニングしました。

感心なことに、メーター精度にほとんど狂いはありませんでした。



RIMG0422

いまどきのデジイチとは、比べ物にならないほどの重量感、そして質感があります。

やっぱりメカニカルカメラはいいですね。




次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主



camera_repair_minoha at 14:52|PermalinkComments(0)

2014年01月06日

カメラ修理 Nikon FM(ニコンFM)

こんにちは。

きょうは、Nikon FM です。

レンズのAi化と同時期に発売された、ニコン中級機シリーズのカメラです。

FM/FEシリーズはそれまでのニコマートシリーズより小型、軽量化されました。

FM系のシンプルな機能とオーソドックスな外観は、今でも高い人気を誇っています。

FMは1977(昭和52)年に発売されました。


巻上げ不能修理を含めた総合整備一式を行ないました。

RIMG0319

よくある不具合とは違う症状でしたので、トップカバーを外して、巻上げ不能の原因を探っていきます。

写真中央に見える丸い滑車のようなものは、シャッタースピードを切り替えると共に、隣のシャッタースピード表示盤を連動糸によって回します(ちょっと見難いですね・・・)。



RIMG0321

シャッターユニットそのものの不具合かどうか、前板/ミラーボックスを外して点検。

シャッターに異常は認められなかったので、清掃/注油して整備しました。



RIMG0325

一番初めに疑うべきでした。巻上げユニットのギア間に、樹脂の異物が挟まって巻上げ出来ない状態でした。

異物を取り除き清掃/整備して正常に動くことを確認します。



RIMG0320

これは露出基板ですね。左側の黒い板状のものが、ファインダー内に見えるLEDの表示部分です。



RIMG0328

ミラーのエアダンパーです。念のため分解して清掃しました。



RIMG0329

口腔外科のお医者様が、患者さんの口腔を撮影する為に使われてきたものだそうで、今回修理ご依頼いただきました。ありがとうございました。



次回の紹介機種は未定です。お楽しみに。



*********************************************

当工房では、良いものを長く、愛着を持って大切にされるお客様の気持ちになり、真心をこめて修理致します。

              国産MFカメラ修理専門
              カメラ修理工房 ミノハ


*********************************************


ブログをご覧の皆様へ

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、お客様からご依頼のあったカメラ修理の様子を中心にご紹介しています。

カメラ修理は、ご自分で分解などなさらず是非プロの修理屋さんにご依頼くださいますよう、お願いいたします。

また、記事の内容や表現等に、工房主の不勉強、無知識による間違いなども多々あるかと思います。

そのようなことがございましたら、どうかご了承いただけますようよろしくお願いいたします。


ありがとうございました(^_^)


工房主





camera_repair_minoha at 17:45|PermalinkComments(2)